MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
カツオ&キメジ好調! 相模湾のキャスティングゲーム開始(丸伊丸)

カツオ&キメジ好調! 相模湾のキャスティングゲーム開始(丸伊丸)

8月も中旬に入り、相模湾のオフショアキャスティング・ゲームは最盛期を迎えている。今年の相模湾の特徴は、カツオ&キメジの姿が多いことだろう。

perm_media 《画像ギャラリー》カツオ&キメジ好調! 相模湾のキャスティングゲーム開始(丸伊丸)の画像をチェック! navigate_next

仕立船でカツオもキメジもキハダも、みんな狙って釣っちゃえ!

ソナーにはキハダの影がバッチリとらえられていたが…

ポイントは相模湾

ヒットしたら最後はネットでしっかり捕獲だ

マングローブスタジオの酒井さんがキャッチした4㎏オーバーのカツオ

シイラ&カツオ用のライトタックルでのやり取りはスリリングで面白い!

同じくマングローブスタジオの岡田さんは、こちらも良型のキメジ。ルアーはやはり「アトゥーラ」。しかもシングルフックでキャッチ!

こちらはライトタックルでのキメジ。ライトタックルでも瞬殺でした…

キハダタックルでこのキメジではちょっともの足りなさそう…。トビウオパターンで一発でたが、残念ながらフックアウト…

中野区江原町にあるイタリアンレストラン「陽気な料士」オーナーの小出さんは見事なオスのシイラ!

キハダ狙いに徹したものの、不発に終わったマングローブスタジオ・上屋敷隆代表…

この日活躍したライトタックルは「ブラックヘラクレス」の663と662。

キハダにも対応する大型プラグからシイラ・カツオに効く小型プラグまで、様々なシーンに対応するマングローブスタジオのルアー群

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井荒崎港「丸伊丸」。

今年の相模湾の特徴は、カツオ&キメジの姿が多いことだろう。7月下旬の長井荒崎港「丸伊丸」の取材では、城ヶ島沖のパヤオ周辺には船で少し移動すればすぐに別の群れに当たるほどカツオやキメジの群れが見られた。サイズは2~4㎏のグッドサイズである。
この日は、ルアーメーカー「マングローブスタジオ」の仕立船に同船取材。好調のカツオ・キメジをメインに狙うアングラーと、キハダの一発大物派アングラーが混同して乗船している。キハダ狙いの2名はヘビーなタックルで完全武装。一方で、その他のアングラーはシイラ&カツオ・キメジ狙いのややライトなタックルを手に持っている。
このように、まったくターゲットの異なるアングラーが同船できるのが、「丸伊丸」のような仕立船のメリットだ。釣り物が限定される乗合船ではなかなかこうはいかないだろう。
実際、ナブラの違いでそれぞれのアングラーがそれぞれの釣り方で、効率よく攻めていく。残念ながらキハダはキャッチならなかったが、カツオやキメジは無事キャッチ!
「キハダもこれからよくなってくると思いますよ」とは「丸伊丸」鈴木孝幸船長。
ベストシーズンを迎えた相模湾。仕立船でカツオもキメジもキハダもみんな狙っちゃえ!

以上の記事は「つり丸」2013年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル