MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
水深30mで夜カカリ釣り! お手軽ひとつスッテアカイカ(第二八坂丸)

水深30mで夜カカリ釣り! お手軽ひとつスッテアカイカ(第二八坂丸)

新潟を含む北陸の夏の風物詩ともいえる夜のアカイカ釣り。ひとむかし前、上越沖でよく釣れていたオスのアカイカは、伊豆の島周りで釣れるような胴長50㎝を超えるスラッとした容姿であった。近年はマルイカの弁慶サイズのズングリしたタイプに替わり、胴長も50㎝未満となってしまった。

群れで回遊中のアカイカ。多点掛けした時のロッドのしぼり込みは豪快!

北陸で大ブレイク中のひとつスッテゲーム。ここ直江津沖でも威力を発揮中! 

道具も釣り方もイージーなのでぜひトライしてみてほしい。ナマリスッテは10〜15号を用意しよう

「第二八坂丸」の船上は明るく、船も広々なので子供乗船も安心

ポイントの水深は30m前後と浅い

幻想的な雰囲気のなかで楽しめるので夏休みのファミリー釣行にもおすすめ

水面までアカイカが追いかけてくるほど高活性だ。今期は当たり年だが、例年であればシーズンは短いので早めの釣行を

イカの活性が上がる20時半以降、終始入れノリ状態だったひとつスッテ釣法。こんな大型もまじるのでかなり楽しいぞ

ごらんのとおりひとつスッテゲームは子供でも気軽に釣れる

夏休みの思い出に!

サビキ仕掛けにも多点掛け

このサイズが多くまじるのが上越沖の特徴だ

エサ巻き餌木には確実に良型が乗るね

みんなで楽しめる夜釣り! ファミリーで釣行しよう!!

おっきなサバさん釣れたよ!

軽く50杯は超えてますよ

浮きスッテのサビキ釣りでは、マダイ竿も流用できるが、感度のよいロッドがおすすめ。スッテは5本もあれば十分

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第二八坂丸」。

食べて美味しいのはメスのアカイカだが、大型アオリイカのようなジェット噴射のファイトを楽しめるオスのアカイカの釣り味にハマってしまって「この時期の夜釣りはアカイカ一本」と足しげく船宿に通うファンも多い。
直江津港「第二八坂丸」の竹内敏幸船長によれば、
「今年の上越地区のアカイカは全体的に遅れ気味です。7月も終わるこの時期になって、やっとオスイカがまじるようになってきました。この調子が続けば9月中旬位までのロングランが期待できます」とのこと。
仕掛けは伊豆諸島周りのアカイカ釣りと一緒で4号の浮きスッテとエサ巻き餌木を使う。
アカイカは群れで回遊するので手前マツリなどでチャンスを逃さないように注意しよう。
ツノ数は4本から5本で十分。大型のオスイカはほとんどエサ巻き餌木に乗ってくるのでエサ巻き餌木を2本に増やすのも面白い。
釣り座によるが、「ひとつスッテ」もコンスタントに数を伸ばすのに有効。一人で100杯越えの釣果も耳にする。早めの釣行が吉だ!

以上の記事は「つり丸」2013年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目釣り!大アジは堅調でダブル、トリプル!マダイは一瞬のチャンスに!イシナギは超弩級もヒット中!
飯岡沖を代表する人気ターゲットのリレー釣り!飯岡港「龍鳳丸」では、40cm超えのショウサイフグ、ヒラメも良型揃いで絶好調!今シーズンもかなり期待できそうだ!
駿河湾・焼津沖のタチウオが好調!じっくり攻めてドラゴン狙い!LTでアグレッシブに攻めて数狙い!釣り方、楽しみ方は貴方次第!ベストシーズンはこれからだ!
アフターコロナのある日、釣り好き女子三人が金沢八景「忠彦丸」でLTアジ釣り女子会を開催!感染防止、船上のマナーについて話を聞いた。
ライトタックルで臨む!外房・大原沖のイサキ&シマアジリレー船!ポイントの水深は大原沖10〜20mと超浅場!誘い方の違いで釣り分けけよう!
最新記事
小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目釣り!大アジは堅調でダブル、トリプル!マダイは一瞬のチャンスに!イシナギは超弩級もヒット中!
泳がせ、キハダのマストアイテム電動リールがさらにパワーアップ 「フォースマスター6000」
飯岡沖を代表する人気ターゲットのリレー釣り!飯岡港「龍鳳丸」では、40cm超えのショウサイフグ、ヒラメも良型揃いで絶好調!今シーズンもかなり期待できそうだ!
4月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”!今期のカンパチの状態はすこぶるよく、下田「龍正丸」ではイカorムロ泳がせで良型カンパチが絶好調だ!
あらゆるライトゲームに活躍。スプールがワンタッチ交換可能な小型電動リール「エラン SW DENDO 150PH」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読