MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏の激アツターゲット! 相模湾キハダ&カツオ(たいぞう丸)

真夏の激アツターゲット! 相模湾キハダ&カツオ(たいぞう丸)

8月1日、今年も相模湾で待望のコマセ釣りによるキハダ&カツオが開幕した。開幕初日はコマセに反応するのか心配なところもあったが、今年も初日からコマセに反応した! なかには群れを見つけて、1投目でキメジを釣り上げた船もあったほどだった。

perm_media 《画像ギャラリー》真夏の激アツターゲット! 相模湾キハダ&カツオ(たいぞう丸)の画像をチェック! navigate_next

キメジ絶好調! デカキハダも回遊中! 激アツパワーバトル開始だ!

取材は8月1日の解禁日。出港してすぐ、お神酒をして乗船者全員で航海の安全と大漁を祈願した

相手は黒潮の弾丸ミサイル・キハダ&カツオ。一気に突っ走り、ラインがどんどん出ていく!

ネットに収まり勝負あり! キメジとはいえそのスピードは半端ない!

解禁日はキメジが主体だった。もちろん、デカもいる!

釣り上げたこの瞬間がたまりません!

複数のロッドがいきなり海中に突き刺さる! オマツリは必至だが、協力して取り込もう

料亭「時葉山」の春木敏哉社長。ヒートアップしすぎた頭と体を冷やすためにカメに入ってしまいました…

大沢名人は手巻きスタンドアップでグイグイ寄せて、当日の最大8㎏級!

ルアーアグラーはミヨシで

キメジの胃の中はオキアミが大量に入っていた。つまり、完全にコマセについているということ!
今後も期待大だ!

気合を入れて釣り上げた貴重な1本だ

サメもいるので休んでいるヒマはない。巻けるときにどんどん巻く!

カツオの魚影は少なめの様子だが、丸々とした魚体でおいしそう!

刺身もいいけど、やっぱりカツオはタタキで食べたいね

最後はみんなで記念撮影だ!

付けエサはオキアミ

ビシ(ステン缶)は80号だ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

さあ、今年もついに始まったぞ!! 相模湾でコマセ釣りによるキハダ&カツオが8月1日、解禁を迎えた。取材はその8月1日。初日は今年はどうなるのかと心配されたが、出船早々その懸念はいきなり吹き飛んだ。
港を出てほどなく、キメジとカツオの跳ねを発見! すると、まずはジギングでキメジをキャッチ! そして次のナブラでは、待望のコマセにもヒット!
その後はいいナブラに当たればヒット、ヒット、ヒットの連続。ときには5人以上の竿が同時に海に突き刺さるなど、船上はまさに激アツ!!
「デカキハダもまじっています。今年も期待できるでしょう!」と話す、相模湾でも指折りの激アツ船長である「たいぞう丸」山本真一郎船長。
船上でキメジの胃の中を調べてみると、オキアミがビッシリ。初日にして、完全にコマセについたのだ。そして取材後には、相模湾に新たなデカキハダの群れが入ったとの情報も。待望の20㎏前後のデカキハダが各船で上がり始めた。さあ、気合入れていくぜ!

キハダ&カツオ仕掛け。ハリスは16〜20号。長さは3m〜4.5mで

キメジが圧倒的に多い状況で開幕した今シーズン。ハリスは16〜20号を使うのがベストだろう。この太さなら、20㎏を超すサイズが掛かっても、ラインを出して上手にやり取りすれば取り込めるはずだ。
ハリスの長さは3〜4.5m。船中で活発にアタるようなら、オマツリしたときのことを考えるとハリスは短めがいいだろう。逆に魚群が船下を通過して反応が出るにもかかわらず、なかなかアタらない場合は長めにするといい。
ハリはキハダ用、またはメジ・カツオ用など。これらのハリはメーカーによって、同じ号数でも大きさがかなり違う。ヒラマサバリでいうと14〜15号ぐらいの大きさに相当するものを使おう。
キメジはカツオほどではないが、海面付近であちこちに走って抵抗する。何人もの釣り人にヒットしたときは、大規模なオマツリになりやすい。オマツリ後の処理を考えるとテンビンは固定式を使用するのがオススメだ。

合図があったら即投入。活性の高い時と低い時では釣り方を変えてみよう!

今シーズンは例年になく開幕初日からタナが深めだ。キメジ主体ということもあって、海面下30〜50mの範囲で出されることが多かった。
群れの動きが速く、一流しの時間が短い時は、まず投入合図があったらすぐに投入すること。例年よりタナが深いので、投入に出遅れると、ビシがタナに到達した時には群れが通過してしまったということになってしまう。
群れの動きが遅く、しばらく船を流している状況では、アタり方によって釣り方を変えよう。タナを取った直後に何度もアタるようなときは、コマセに突っ込んで活性が高いと判断できる。こんなときは、手返しよく仕掛けを投入してコマセをまこう。
ときどきポツポツとアタるようなときは、コマセマダイ同様に静かにアタリを待とう。このときビシからはパラパラとコマセが出るように調整する。「反応でたよ!」というアナウンスがあったら、落とし込んだり、誘い上げたりするのが有効な場合もある。

以上の記事は「つり丸」2015年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル