MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
免許不要のボート釣り!狙いはマゴチ、ヒラメ、シロギス!

免許不要のボート釣り!狙いはマゴチ、ヒラメ、シロギス!

金田湾のボート釣りは、3月下旬の開幕からゴールデンウィークぐらいまでが良型のマコガレイ釣り、その後は夏場までシロギスの数釣りが楽しめる。そして、釣ったメゴチやキスをエサにヒラメやマゴチが狙える。真夏から秋口からは大型のカワハギもよく釣れる。今シーズンはシロギスが遅れていて、ようやく真夏になり、まずまずの釣果が出ている。

金田湾はシロギスの好ポイント、ベテランともなると100匹以上の釣果も珍しくないが、今シーズンは上手な人で20〜30匹とやや低調

早朝の出船風景。出船前の注意事項はしっかりと聞いておこう。

ポイントまでは引き船してくれるのでラクラクだ。移動や帰りは自力で帰ろう。

親子釣りに最適だ。

ボート釣りで初めてマゴチを釣った橋口太陽さん。「めちゃドキドキしました!」。

午前中の時合にキッチリとマゴチを連チャンさせた常連さんたち。やはりコツは広く探ることだという。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金田湾「つりの浜浦」。

子どもたちは夏休みを迎えていよいよ夏の釣りも本番だ。ここ三浦・金田湾のボートも夏の釣りで盛り上がっている。
「今年はメインのシロギスが前半はダメでしたが、ようやく食いが出てきました。マゴチはボートの開幕からずっと好調をキープしています」とは、「つりの浜浦」店主、平松学さん。
金田湾はシロギスの好ポイントで、ベテランともなると100匹以上の釣果も珍しくないが、今シーズンは上手な人で20〜30匹とやや低調。その代わり、生きエサのマゴチ釣りが好調なため、シロギスを釣りながらマゴチ狙いがおすすめだという。
この日もマゴチ狙いの人の多くは顔を見た模様で魚影はやはり濃そうだ。マゴチ、シロギスとも船を流して広く探れるかがカギ。特に風のない日はなおさらだ。暑さ対策と飲み物をたくさん持参して楽しもう。

慣れれば2タックル持参を! 小物類は忘れずに!

マゴチ狙いのエサは小型のメゴチ。今年はこのメゴチが多い。

ハサミ、メゴチバサミ、ナイフ、ペンチなどは必携アイテム。

ボート釣りに必要なタックルは、小物釣り用のちょい投げスピニングタックルや、シロギス用を使用する。特にタックルにこだわることはないが、より釣りたいなら、スピニングリールの道糸はPE1号前後の道糸を巻いておこう。
慣れた人はひとり2本はタックルを持参してもよい。また、泳がせ釣りをするときはそれらのタックルでもいいが、全長1.8m前後のライトタックル用の竿に小型両軸を組み合わせてもいい。こちらは置き竿にして、もう1本の竿でシロギスを狙う。
シロギス用の仕掛けは全長80㎝ほどの短めの仕掛けがボートでは扱いやすい。テンビン仕掛けのほか、胴付き仕掛けでもいいだろう。いずれも投げて探るので、投げやすい長さのものを。
マゴチ用の仕掛けは鋳込みテンビンにハリス5〜6号を1.5mほど。ハリは丸セイゴ16号前後や、チヌ6〜7号など。ヒラメがいる場合は胴付き仕掛けで狙うのもありだが、マゴチメインならテンビン仕掛けがいいだろう。
このほか、メゴチバサミ、ハリ外し、ハサミ、ナイフなどは忘れても誰かに借りるわけにいかないので、乗船前にチェックしよう。また、タモ網は必ず持参を。タモやバケツなどはお店で借りられるので、利用しよう。また、ライフジャケットは必ず着用を。
エサ、仕掛け、氷などはボート店で購入できる。シロギスにはジャリメエサがおすすめだ。

広く探るには自分が動く必要あり

風がまったっくなく、アンカーを上げて流し釣りにした途端にマゴチがヒット!

ボート用の小型竿掛けがあると超便利。しかも安価なので2つあるといい。

ボート釣りは、ボートがある程度固定されるようにアンカーを入れて釣るのが基本だ。アンカーを入れても潮の流れや風でボートは少しずつ流されていく。これが重要で、同じ場所にとどまっていては最初にアタリがあったとしてもいずれアタリはなくなる。マゴチ釣りなどは、同じ場所にいてはまず釣れない。アンカーを入れても流されるようなときはいいが、夏場は風がなくボートが動かないことが多くなる。こんなときは自分から動くように工夫する必要がある。
「シロギスもマゴチもどんどん新しいポイントを探っていかないとなかなかアタリは出ませんよ」
自分で動くにはどうするか。
①アンカーロープを短くする。
アンカーは斜めに入っているほど効きやすくなり、ボートは流れなくなる。アンカーをより垂直にすることで少しでも動きやすくしてやる。
②アンカーを入れない。
無風、潮の流れもあまりないとき、アンカーロープを入れてもほとんど移動しないことがある。こんなときは、アンカーを入れないで流す方法もある。
③ゆっくり漕いで仕掛けを流す。
マゴチ狙いのときに有効な釣り方で、仕掛けを入れた状態で、ゆっくりとしたスピードで船を漕いでいく。これで強制的に流し釣りと同じ状態になり、つねに新しいポイントへ仕掛けが入ることになり、アタリの数は激増する。
風や潮の流れによってこれらの方法で探ってみよう。ただし、ボートが流れているということを自覚しておく必要がある。他のボートとぶつからないようにしたり、そのまま流されていくと、元の場所から遥か遠くまで入ってしまうこともある。流し釣りをする場合は、周りの状況もしっかりと把握しておこう。

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読