MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとつスッテ釣法で釣る! 夜マルイカの釣り方&仕掛け(魚磯丸)

ひとつスッテ釣法で釣る! 夜マルイカの釣り方&仕掛け(魚磯丸)

冬場に夜ヤリイカ釣りでにぎわう駿河湾奥部に位置する大瀬崎周辺。産卵のために岸近くの浅場に集結する個体を狙っている。船はアンカーを打ってのカカリ釣りだ。ほぼ、同じポイントでこの夏場に楽しめるのが夜マルイカ釣り。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ひとつスッテ釣法で楽しむアングラーが飛躍的に増加している!

ポイントは港から出てすぐ。カカリ釣りだ

常連さんは、メタルスッテの上の2本のスッテをリーダーに直結に付けて連続ヒットさせていた。このライトゲームでは、仕掛けのアレンジは自由だ

メタルスッテに乗ったマルイカ。枝スの餌木にも数多く乗った

ブランコ仕掛けに乗ったマルイカ

釣れたては沖漬けにしても美味しいね

連日大型乗ってます!

かごいっぱいに釣れたマルイカ。アジなどの魚もまじる

大型ケンサキイカキャッチを目指そう!

メタルスッテと浮きスッテはさまざななカラーと形状がある。まずは定番カラーから試してみよう!

大きなカジキのレプリカが目印の久料にある船宿「魚磯丸」。店内にはハンドメイドロッドも販売している

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津久料「魚磯丸」。

相模湾や東京湾ではデイゲームのマルイカが今期当たり年。その一方で夜マルイカ釣りは、駿河湾奥部の久料沖で好調だ。
例年であれば、8月は終盤もしくは終了しているが、今期は群れ濃くいまだ釣れている。暑い夏は、涼しい夜釣りが気持ちがいいので、久料「魚磯丸」では人気ターゲットになっている。
通常は、相模湾や東京湾と同じくLTでスッテ5本前後の仕掛けを使用して狙うが、北陸や山陰方面でブレイクしているひとつスッテ(イカメタル)釣法でも楽しめる。
ひとつテンヤタックルをそのまま流用でき、イカが乗ったときの捌きがとても楽なので、ビギナーにもオススメ。
実際、水深30mのポイントで、10号のメタルスッテと2号の餌木の組み合わせで狙うと、通常のタックルと遜色なく数を乗せることができた。
ケンサキイカの本場の日本海まで行かなくとも、ここ駿河湾で本格的なひとつスッテゲームを満喫できる。ぜひ、チャレンジしてみてほしい。
この最新LTゲームは、清水や鹿島、那珂湊から出船予定の夜ムラサキイカ釣りでも楽しめる。
この機会に覚えて、ダイレクトなイカパンチのアタリと引きを堪能していただきたい。

タックルはテンヤタックル流用オーケー。PEは0.6号以下を使用

ひとつスッテ(イカメタル)釣法のタックルは、いたってシンプルだ。
簡単に言うと、ひとつテンヤのタックルをそのまま流用し、テンヤの代わりにメタルスッテを付けるだけ。タナを効率よく探るためにメタルスッテの上1m前後に浮きスッテや餌木を1つ、直ブラか枝スにして出すのが一般的だ。
具体的には、ロッドはテンヤロッド、もしくはイカメタル専用、リールは2500番前後のスピニングリールもしくは小型ベイトリールにPE0.6号150mほど収納。リーダーは2〜2.5号3m。
枝スは小型親子サルカンやからまんビーズを使って出す。
肝心なスッテは、メタルスッテは10〜15号を各種用意。
枝スには、2.5〜3号の浮きスッテ、または、2号以下の餌木が使える。
気になるスッテや餌木のカラーだが、まずスッテは最初にそろえるなら定番の赤白、赤緑。餌木のカラーはなんでもよい。意外と黒系のものがアピール効果がある。

ひとつスッテイカメタル釣法。何よりも大事なことは、誘ってアタリを出すこと。

この釣りの最大の魅力は、シンプルなタックルゆえにイカの繊細なアタリをだれもが簡単に捉えることができ、手返しよく釣りが行えること。
アタリが分かれば、当然アワセも容易。イカ釣りのビギナーとベテランの最大の壁である、イカの取り込みの手返しもこのタックルなら誰にでも簡単にできる。ビギナーにはとくにオススメだ。
しかし、仕掛けを落とせば釣れる、わけではない。ルアーフィッシングの要素を多く合わせもつこの釣りでは、誘い方がカギとなるのだ。
マルイカ、いわゆるケンサキイカは、横方向の動きなど派手な動きを好む傾向にある。そして、イカがベイトを捕食するときに2本の触腕でベイトを掴んでから捕食する。
これらのことをふまえたうえで、効果的な誘い方の基本は以下のとおり。
まず、細かく竿先をシェイクしながら時計でいう7時から11時までスッテを激しく動かす。この動作中はイカへのアピールなのでイカは乗らない。
シャクリ上げの頂点11時で止めて、イカのアタリを待つ。そこで乗らなければ、ゆっくりと2段もしくは3段ほどにわけて止めをいれながら、7時までスッテをフォールさせる。
基本的にロッドを止めたときにアタリが出る。竿先が「フワ、フワッ」「クンクンッ」、もしくは止めのあとフォールさせようとすると、スッテが落ちないで糸フケが出るなど、一連の動きに何か変化を感じたら、すべてアワセを入れるようにする。なれないうちは強めのアワセでよい。
アタリが出てアワセ損ねても、そのレンジにはイカがいるので、すぐに回収せずに再びそのタナで誘い動作をしよう。好奇心が強いケンサキイカは、そのレンジで乗ることが多い。
さて、イカ釣りで重要なことは、“タナ”であることはいうまでもない。
大瀬崎周辺、久料沖では、カカリ釣りなので、ボトムから2〜3mの間を集中的に狙っていれば、ほぼ間違いないが、日によってはマルイカは海面まで浮上してくることもしばしば。一般的には、海面の電気効果でベイトが中層より上に集まる。それを捕食しにマルイカが集まるので、基本動作を行うタナをそこに合わせなくてはいけない。
タナを周りの人に聞くことができれば、その周辺を集中的に基本動作で探る。
深いところから上へ探るときは、ジギングのワンピッチジャークをしながら上へ上げて、止めたところで基本動作をしよう。こうすることで、タナを上げるときも、スッテをイカにアピール可能だ。

以上の記事は「つり丸」2015年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
半日船で手軽に楽しめる東京湾のビシアジ!今回お世話になったのは鴨居大室港「五郎丸」さん。沖揚がりまで釣れ続け、たったの4時間でなんと80匹!大漁で大満足の釣行となりました。
最新記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル