MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
飯岡沖のひとつテンヤマダイの仕掛け&釣り方を解説!(梅花丸)

飯岡沖のひとつテンヤマダイの仕掛け&釣り方を解説!(梅花丸)

真夏の飯岡沖では、ひとつテンヤマダイがおもしろい。ほぼ周年、数あるポイントのどこかでタイが狙える飯岡沖だが、今は水深10~15m前後の浅場のポイント中心に狙っている。浅場なので底ダチが取りやすく、ビギナーにも釣りやすい時期だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

夏は浅場で食い活発! 良型主体に数釣り可能。クーラーBOX一杯だ

ポイントの水深は10~15m前後。ときに10mを切る場所も攻める

浅場の釣りは引き味も満点。青物のような強烈な横走りを見せることもある

引きをしっかり味わったら最後はネットで捕獲だ

夏の飯岡沖のひとつテンヤマダイは、浅場狙いが中心。ビギナーにも釣りやすく、良型主体の数釣りが楽しめるぞ

食べてもおいしいサイズばかり

このサイズなら煮付けにしても美味しいね

1~1.5㎏前後主体で型がそろっている。このところ小ダイは少なく、釣り味、食味、ともに満足

浅場ではキャストして広範囲を探るのも効果的

強烈な引きの正体はワラサ。浅場の大ダイも青物のような引きを見せるぞ

アイナメが数まじった。脂が乗っていて刺身が美味

ヒラメも食ってくる

カサゴやメバル、ソイなど、根魚のまじりも多く、いいお土産になる

根魚も釣れるから楽しいね

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

マダイはトップ7~12枚前後の日が多い。良型主体でクーラーズッシリだ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「梅花丸」。

夏の飯岡沖では、ひとつテンヤマダイがおもしろい。ポイントの水深は10~15m前後、浅場中心で釣りやすくビギナーにもおすすめだ。このところ1~1.5㎏前後中心に2㎏級がまじってトップ7~12枚前後と、数釣れている。大型は少ないものの、小ダイもほとんどもまじらないので釣り味、食味ともに満足できるはずだ。
「水深が浅いので、底ダチも取りやすく初心者の方でも釣りやすいと思いますよ」こう話すのは「梅花丸」梅花亮佑船長。
浅場なので3号や2号といった軽いテンヤでフォールのアタリを出すような攻め方も効果的。また、キャストして広範囲を探るのも浅場で好釣果を上げるポイントだと言う。
今のところ昨シーズンのようなハナダイの数釣りはないが、アイナメなど根魚が数まじってクーラーはにぎやかだ!

ひとつテンヤマダイ仕掛け。軽いテンヤでフォールさせて食わせる

「今はポイントの水深が浅いですから、軽いテンヤを使っても底ダチが取りやすいですよ。できるだけ軽いテンヤで、フワリとフォールさせて食わせるのもいいですね」こう話すのは飯岡港「梅花丸」梅花亮佑船長。
テンヤは3~6号が中心。潮の速さに応じて、底ダチが取れる号数をチョイスする。底ダチさえ取れれば2号でもいいという。
水深が浅いのでタナは海底付近中心だが、仕掛けのピックアップ時に中層で食ってくることもあるという。

狙いたいポイントのタナ付近はフェザリングしアピールしてみよう

投入時は、狙いたいタナ付近はフェザリンング(指で糸にブレーキをかけてフォールスピードを調整する)して、アピールしてやろう。
着底後すぐにアタリが出ることも少なくないが、底ダチをとってしばらくアタリがなかったら、リフト&フォールで誘いをかけ、アタリを出してやる。
だんだん船が流れて糸が斜めになってしまったら回収してエサチェックと付け替えを行い再投入。
水深が浅いと道糸のフケも少なく、アタリもわかりやすい。アタリがあったら、または竿先や道糸になんらなかの違和感を感じたら即アワセしよう。
また、夏場のテンヤマダイ釣りではエサにも気を配りたい。冷凍エビを開封し直射日光と高気温にさらしていると、すぐに黒く変色して身がくずれやすくなり、頭が取れやすくなってしまう。頭の取れたエビは、マダイの食いが一気に悪くなってしまう。エサはクーラーボックスなどにしまっておいて、使う分だけこまめに出すようにしよう。
この時期好釣果を得るためには、エサを新鮮に保つことの方が細かなテクニックより大切かもしれない。

キャストして広く探るのもOK! 探るときはテンヤは重めが有利だ

水深が浅いので、キス釣りのようにキャストして広範囲を探るのも有効だ。
「僕も竿を出すことがあるんですが、そんなときはできるだけ遠投して広く探る釣り方をしています。浅場ではそのほうがアタリが多い気がします」と梅花船長。
投げて探るときはテンヤは重めが有利。5号、6号といった重めのテンヤを使って遠投性重視の釣り方もアリだ。
キャストしたら、リフト&フォールで誘いながら船下まで探ってくる。
「キャストして着水したら、すぐにリールのベイルを倒してカーブフォールさせるのも有効です。カーブフォールの途中や着底直後にアタリがでることも多いです」と船長。
また、着底後すぐにテンヤを動かさないで、しばらく海底でステイさせているのが有効なときもあるという。
キャストした場合もアタリがあったら即アワセ。なんらなかの違和感を感じたら素早く鋭いアワセを入れてやろう。

以上の記事は「つり丸」2015年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル