MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽で簡単な2種の釣りを楽しむ! 東京湾LTアジ&シロギス(あい川丸)

手軽で簡単な2種の釣りを楽しむ! 東京湾LTアジ&シロギス(あい川丸)

老若男女を問わずに人気の釣り物、アジとシロギス。この両魚を一緒に釣ってやろうというのが、「あい川丸」のリレー乗合だ

「あい川丸」ではレンタルタックルも充実! 初心者でも楽しめる!

仲間とのレジャーフィッシングにもおすすめ。「あい川丸」ではアジ用、キス用専用レンタルタックルをそれぞれ用意

さて、どんな魚が釣れるかな?

東京湾のアジ・キスリレー。アジは浅場のLTで入れ食いもある!

アジは刺身、なめろう、アジフライと料理法も数ある

LTだとアジの引きも快感。サバだと強烈〜!!

シロギスも良型が好調。キラキラきれいで、おいしそう!

シロギスは良型ぞろい。刺身が楽しみ

今夜は天ぷらにしようかな?

食べるにはちょうどいいサイズだ

初めてでも簡単に釣れます

アジまじりのゴマサバは夏が旬。うまい!

いろんな魚がつれるから楽しいね!

サバも脂が乗ってます!

カサゴも釣れました

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「あい川丸」。

アジはライトタックル、30号ビシで狙う。シロギスは15号の胴付き仕掛けを推奨。どちらも水深は20m前後と浅く、夏休みのファミリーフィッシングにもうってつけの釣りと言える。
そして、このところ八景沖に回遊しているゴマサバは夏が旬の魚だ。なんだサバか、と侮ることはできない。丸々太り、脂の乗った身は淡いピンク色、しめサバはもちろん、煮ても焼いても美味しい極上サバだ。40㎝を越えるサイズなのでアジ仕掛けでは抜き上げようとすると切れてしまう。タモですくって大事に取り込もう。
夏のアジ、シロギスともに食味は上々。両方そろえれば食卓も賑やかになる。アジのたたきにシロギスの天ぷら、シロギスの糸造りにアジフライなど、リレー釣りなら料理の組合せも多彩に楽しめる。
「あい川丸」では、アジ、シロギスの専用レンタルタックルの他、ビシや仕掛けなどすべてそろい、クーラーひとつで身軽に船に乗れる。週末は仲乗りさんが面倒をみてくれるので、船釣りが初めてという人を連れていくときなどにもお勧めしたい釣りだ。

以上の記事は「つり丸」2015年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読