MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップ50本は当たり前! ジギングで狙う河口沖のタチウオ(神栄丸)

トップ50本は当たり前! ジギングで狙う河口沖のタチウオ(神栄丸)

「今日はトップ100本を超えましたよ。平均で80本くらいかな。来るなら早いほうがいいですよ」釣況を伺うために電話した相手は、由比港「神栄丸」の石原佑樹船長。数字を示されてあおられては? 黙ってはいられない。明日行きます! と同船取材をお願いした。

perm_media 《画像ギャラリー》トップ50本は当たり前! ジギングで狙う河口沖のタチウオ(神栄丸)の画像をチェック! navigate_next

真夏の激釣シーズン真っ只中! この楽しみを思う存分味わおう!

ポイントは富士川沖

ヒットしたらひょいと釣り上げる

取材日最大の1本。ドラゴンまでは届かなかったが納得のサイズだ

トルクフルな引きが味わえる

この瞬間がたまりません

歯が鋭いので気をつけよう

シーズン中は、大人気のタチウオジギング船。2隻満員御礼もしばしば

刺身にムニエル、塩焼きでも美味しいね

少し小ぶりだけど問題ないよ

どうですか? このツヤ!

本命ゲットに思わず笑みが…

良型タチウオゲットだ!

これが河口沖のタチウオだよ!

女性でも簡単に釣れる

連続ヒットだ!

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

別船ではサゴシもヒット! 釣ったのは女性アングラー

赤金やピンク系など、派手めのものにヒットが集中した

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

集合は午前5時半。30分前に到着したとき、すでに2隻の「神栄丸」は満船状態。活況の証拠だ。同船したのは「第八神栄丸」。舵を握ったのは石原三兄弟の末っ子、裕斗船長だ。
「ここのところ狙っているのは富士川沖の水深20〜40mくらい。30m前後でアタることが多いですよ」
捕食しているベイトが小さなカタクチイワシやサクラエビが多いという。そのためか小さなシルエットのジグが効果的とのこと。多くの乗船者がその情報に従って100g程度のタングステン製ジグや小振りのジグを選んでいた。
最初は、あれっ? という感じのスロースタートだった。ポツリポツリと調子が上がり出し、次第に数が増えていった。細かくポイントを流しかえるたびにバタバタとキャッチされたり、ポツリだったり。食いは止まることなく終始続いた。平均サイズは指2〜3本が多かった。大型が少ないかわりに超小型も少なく、トップは50本を越えた。前日のような爆釣はなかったが十分な釣果だろう。
朝タチウオに加え、エサ釣りを中心とした夜タチウオもシーズンインする由比沖。これからも面白い!

以上の記事は「つり丸」2015年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル