MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
片貝沖のLT五目が午後船で楽しめる! アジ&ハナダイリレー(勇幸丸)

片貝沖のLT五目が午後船で楽しめる! アジ&ハナダイリレー(勇幸丸)

動画共有サイトの「You Tube」で「yukoumaru」と入力して、検索してみていただきたい。片貝旧港「勇幸丸」の市東吉雄船長が、シマノ「スポーツカメラ」で撮影した海中の様子を数多くアップしているのだ。その中のハナダイの映像を見れば、きっとそのハナダイの数の多さにビックリするはずだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

片貝沖のアジはサイズがいいのが特徴! ハナダイは爆釣り予想だ!

ショート船のため、ポイントは近場をメインに狙う。水深はおもに20〜30m

LTだからやり取りが楽しい!

ダブルヒットだ!

片貝旧港「勇幸丸」では、午後のショートLT五目船を出している! アジやハナダイがメインターゲット!

片貝沖のアジは大型が多い! 50㎝クラスが釣れることも珍しくない!

当日もは30㎝オーバーが主体だった

当日は全員が型を見た! 食べても美味しい!

マルアジもまじった!

良型のハナダイゲットだ!

このサイズなら刺身や煮付けでもちょうどいいね

仕掛けはウイリー、空バリ、カラーバリなど。これにオキアミを併用する! ビシは小型の40号

仕掛けの配置はこの通り

コマセはアミを使用

今回、取材にご協力いただいたのは、片貝旧港「勇幸丸」。

取材日は台風による濁りがしつこく残り、ハナダイが口を使ってくれなかった。しかし、当日の船長撮影の映像を操舵室のパソコンで見ると、ものすごい数のハナダイが映っていた。片貝沖のハナダイの数の多さに一瞬言葉を失うほどだった。これだけの数のハナダイがいるのなら、海中の濁りさえ取れれば、また片貝沖のハナダイの爆釣が復活することだろう。
さらに、8月1日から片貝の夏ビラメも部分解禁している。本誌発売の頃には出ているだろう釣果に高い期待が持てる。そんな午前船のヒラメ釣りを楽しんだあと、続けて午後船でハナダイを釣る。夏期休暇は「ヒラメとタイの舞い踊り」釣行はいかがだろうか。外房では数が少ない午後船を出している「勇幸丸」であれば、そんな豪華リレー乗船も可能だ。
ともあれ、ハナダイとヒラメの二枚看板で、今年も片貝の夏は熱くなりそうだ。

以上の記事は「つり丸」2015年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル