MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
カツオラッシュ突入! 全速全開でガンガン行こうぜ!(たいぞう丸)

カツオラッシュ突入! 全速全開でガンガン行こうぜ!(たいぞう丸)

今シーズンの相模湾は早くからルアーで大型キハダが数多く取り込まれ、「今年はいる!」と多くのファンに期待されて8月1日のコマセ釣り解禁日を迎えた。

カツオバリ食いでスタート! キハダもまもなくスイッチオン!

沖のブイ周りにカツオの群れあり! の情報を得て急行するとそこはまさにカツオ天国だった

1投目からヒット! それから1時間ぐらいバリバリ食いが続いた

今年の記念すべき初日はカツオのラッシュに沸いた。前日までイワシやシラスを食って丸々と太ったカツオが次々とアタった

「サイズがみんないいですよね。昨年はカツオの姿ほとんど見てないですからね」

カツオがひとたび掛かるとテンヤワンヤ。オマツリバラシはつきもの。タモ入れも協力して行おう

この日は朝イチのバカ食いタイムの後はポツポツタイム、そして中盤にもラッシュがやってきた

この日の釣果は2〜9本だったが、アタリの数は数え切れないほど。バラシの数もハンパない

丸々していて美味しそうだ

刺身もいいけどやっぱりタタキで食べたいね

「去年のカツオ釣果を一日で超えました!」

「こんなに食うとは思わなかったよ」とこの日9本取った常連の中田さん。どれもうまそうだ

タナは10〜15mほど。ドラグはガチ締めで食ったらゴリ巻きを

カツオにはハリス14〜16号1.5m前後と短めを。エサはオキアミ1匹掛けがいい

カツオメインのときは、コマセを少なめにして調整しないと一日持たない

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

「すげえ反応だぞ〜、15mぐらいでやってみて!」
ポイントには四方八方から船が急行する。これから何かとんでもないことが起こりそうな異様な雰囲気だ。
「おし、食ったぞー!」。一投目からヒット。そしてバタバタとヒットしまくる。船上には丸々と太った砲弾型のシルバーボディが踊る。
船上はもう何が起こっているのかわからないくらい興奮のるつぼと化している。そりゃあ無理もない。解禁日の記念すべき一投目からカツオがバリバリ食っているのだから。目が回るかのようにヒットが続く。
「ここにカツオがいるのはわかっていたんだけど、まさかここまで食うとはね」と話す、葉山あぶずり港「たいぞう丸」の山本真一郎船長。釣果は2〜9本で、アタリの数は釣果の倍以上だ。
今後はキハダがコマセに食い出せばさらに面白い展開に。今年の相模湾は超激アツだ!

キハダ&カツオ仕掛け。両狙いを念頭にタックルを準備しよう!

現在釣れているカツオは2〜3㎏級でハリスは14〜16号。慣れない人は16号を使用しよう。さらにキハダ狙いには20号を準備しておく。
カツオメインで狙う場合はハリスは1.5〜2mほど。
「カツオはオマツリもバラシも多くなります。ハリスは短くていいですよ。特に食いがいい時は1mちょっとあればいいです」
短いハリスを使うと、取り込み時にビシを竿先一杯まで巻き上げて、竿を立ててそのままタモ入れすることが可能になる。
キハダ狙いは3〜4.5mが基本だが、船によっては6mほどで狙うことも。
ハリはキハダ、メジ・カツオ用を使用する。「たいぞう丸」の常連さんたちに人気があるのが、がまかつの「管付ムツ」で、カツオなら16号、キハダなら20号を使用する。こちらのハリは掛かりがよくバラシが少ないという。
さらに、ハリに細身のワームをつけるのが最近のトレンドだ。特にシラスを食ってくる可能性が高い相模湾では効果が高いという。

カツオは活性が上がってくるとどんどん海面近くに上ずってくる

カツオは活性が上がるとどんどん海面近くに上ずってくる。開幕当初のタナは10〜15mほど。タナよりも2〜3m沈め、コマセをまきながらタナにセットする。
この日は、朝は手持ちで誘いをかけたほうが食いがよく、後半は置き竿でコマセがパラパラ出るくらいが食いがよかった。食い方をみて使い分けよう。
一方、キハダはカツオよりも深場を遊泳するため、タナの下限を狙う。概ねキハダのタナは20〜50mほど。指示ダナよりも2〜5mほど落としてコマセを軽くまきながらタナにセットするが、移動が早い場合は、上からタナビタ止めしよう。キハダの場合は、特にタナに早く仕掛けを落下させよう。
「カツオはコマセの消費が早くなります。いつでもガンガンコマセをまいちゃうとすぐにコマセがなくなっちゃいます。食っている時に集中してやったほうがいいですね」
カツオは食ったら、あちこちへ走り回る。船中いたるところでオマツリが頻発するのはもちろん、他の船とオマツリするのも珍しくない。
「カツオはドラグを締めてガンガン巻いてよ。モタモタしてるとみんなマツっちゃうよ」
果たして今後どうなるのか。今年の相模湾は目が離せない状況だ。

以上の記事は「つり丸」2016年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読