沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

カツオラッシュ突入! 全速全開でガンガン行こうぜ!(たいぞう丸)

カツオラッシュ突入! 全速全開でガンガン行こうぜ!(たいぞう丸)

今シーズンの相模湾は早くからルアーで大型キハダが数多く取り込まれ、「今年はいる!」と多くのファンに期待されて8月1日のコマセ釣り解禁日を迎えた。


カツオバリ食いでスタート! キハダもまもなくスイッチオン!

沖のブイ周りにカツオの群れあり! の情報を得て急行するとそこはまさにカツオ天国だった

1投目からヒット! それから1時間ぐらいバリバリ食いが続いた

今年の記念すべき初日はカツオのラッシュに沸いた。前日までイワシやシラスを食って丸々と太ったカツオが次々とアタった

「サイズがみんないいですよね。昨年はカツオの姿ほとんど見てないですからね」

カツオがひとたび掛かるとテンヤワンヤ。オマツリバラシはつきもの。タモ入れも協力して行おう

この日は朝イチのバカ食いタイムの後はポツポツタイム、そして中盤にもラッシュがやってきた

この日の釣果は2〜9本だったが、アタリの数は数え切れないほど。バラシの数もハンパない

丸々していて美味しそうだ

刺身もいいけどやっぱりタタキで食べたいね

「去年のカツオ釣果を一日で超えました!」

「こんなに食うとは思わなかったよ」とこの日9本取った常連の中田さん。どれもうまそうだ

タナは10〜15mほど。ドラグはガチ締めで食ったらゴリ巻きを

カツオにはハリス14〜16号1.5m前後と短めを。エサはオキアミ1匹掛けがいい

カツオメインのときは、コマセを少なめにして調整しないと一日持たない

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

「すげえ反応だぞ〜、15mぐらいでやってみて!」
ポイントには四方八方から船が急行する。これから何かとんでもないことが起こりそうな異様な雰囲気だ。
「おし、食ったぞー!」。一投目からヒット。そしてバタバタとヒットしまくる。船上には丸々と太った砲弾型のシルバーボディが踊る。
船上はもう何が起こっているのかわからないくらい興奮のるつぼと化している。そりゃあ無理もない。解禁日の記念すべき一投目からカツオがバリバリ食っているのだから。目が回るかのようにヒットが続く。
「ここにカツオがいるのはわかっていたんだけど、まさかここまで食うとはね」と話す、葉山あぶずり港「たいぞう丸」の山本真一郎船長。釣果は2〜9本で、アタリの数は釣果の倍以上だ。
今後はキハダがコマセに食い出せばさらに面白い展開に。今年の相模湾は超激アツだ!

キハダ&カツオ仕掛け。両狙いを念頭にタックルを準備しよう!

現在釣れているカツオは2〜3㎏級でハリスは14〜16号。慣れない人は16号を使用しよう。さらにキハダ狙いには20号を準備しておく。
カツオメインで狙う場合はハリスは1.5〜2mほど。
「カツオはオマツリもバラシも多くなります。ハリスは短くていいですよ。特に食いがいい時は1mちょっとあればいいです」
短いハリスを使うと、取り込み時にビシを竿先一杯まで巻き上げて、竿を立ててそのままタモ入れすることが可能になる。
キハダ狙いは3〜4.5mが基本だが、船によっては6mほどで狙うことも。
ハリはキハダ、メジ・カツオ用を使用する。「たいぞう丸」の常連さんたちに人気があるのが、がまかつの「管付ムツ」で、カツオなら16号、キハダなら20号を使用する。こちらのハリは掛かりがよくバラシが少ないという。
さらに、ハリに細身のワームをつけるのが最近のトレンドだ。特にシラスを食ってくる可能性が高い相模湾では効果が高いという。

カツオは活性が上がってくるとどんどん海面近くに上ずってくる

カツオは活性が上がるとどんどん海面近くに上ずってくる。開幕当初のタナは10〜15mほど。タナよりも2〜3m沈め、コマセをまきながらタナにセットする。
この日は、朝は手持ちで誘いをかけたほうが食いがよく、後半は置き竿でコマセがパラパラ出るくらいが食いがよかった。食い方をみて使い分けよう。
一方、キハダはカツオよりも深場を遊泳するため、タナの下限を狙う。概ねキハダのタナは20〜50mほど。指示ダナよりも2〜5mほど落としてコマセを軽くまきながらタナにセットするが、移動が早い場合は、上からタナビタ止めしよう。キハダの場合は、特にタナに早く仕掛けを落下させよう。
「カツオはコマセの消費が早くなります。いつでもガンガンコマセをまいちゃうとすぐにコマセがなくなっちゃいます。食っている時に集中してやったほうがいいですね」
カツオは食ったら、あちこちへ走り回る。船中いたるところでオマツリが頻発するのはもちろん、他の船とオマツリするのも珍しくない。
「カツオはドラグを締めてガンガン巻いてよ。モタモタしてるとみんなマツっちゃうよ」
果たして今後どうなるのか。今年の相模湾は目が離せない状況だ。

以上の記事は「つり丸」2016年9月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読