MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅ダナでダイレクトに! 夏のタチウオ仕掛け&釣り方(義和丸)

浅ダナでダイレクトに! 夏のタチウオ仕掛け&釣り方(義和丸)

今シーズンの夏タチは6月初旬にスタートとかなり早く釣れだした。その後は多少はムラがあるものの、概ね好調と言えるだろう。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

今年もムラ少なく安定感あり! ゲーム性が高いライトで楽しもう!

ポイントは富津〜金谷沖にかけて。群れの移動によって深場を狙うこともあるが基本は浅ダナ狙い

ロッドを小刻みにシャクリながら同時にハンドルを細かく巻いて、誘いをかける。誘い幅とハンドル巻取りの長さをかえて食うパターンを見つける

ロッドの持ち方はこうだ!

釣れたら素早く引き上げる

侍ドクター、近藤惣一郎さんは浅場のライトタチウオの面白さを堪能した

浅場でアタリも明確、やりとりもダイレクトでスリリングだ

本命タチウオゲットだぜ!

この強い引きがたまりませんっ!

格闘の末、ようやくタチウオが顔をだした

幅広の良型も増えてきて、釣り味も食味もバツグン

一時のような小型は少なくなり、指3本から4本がメインに

刺身にムニエル、塩焼きでも美味しいね

ライトタチウオ用のテンビンも。仕掛けは1本バリが基本だ

エサはサバの切り身

縫い刺しがエサを取られにくい

オモリは狙うタナによって変化。40号を基本に各種持っていくといい

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「義和丸」。

今年の東京湾の夏タチウオはかなり早くシーズンイン。その後は多少の上下はあるものの、全体的に好調をキープしている。
「うちは7月に入ってから始めましたが、第二海堡周りの浅場か金谷沖のどちらかで釣れるという感じで、不調の日が少ないのがいいですね。昨年のようにこのまま秋冬と続くかもしれません」と話す、新安浦港「義和丸」の村上義人船長。
第二海堡周りは水深20mほどと浅場で、食いダナが数メートルなんてこともある。海面で食うことも珍しくない。浅場だけに天候に左右されやすが、ここが不調のときは金谷沖でしっかりと釣れるという、「どっちかで釣れるからいいや」という展開なのだ。
取材日も浅場のポイントで、タナは10mよりも上。ロッドを細かくシャクリながら、リールのハンドルを規則的に回転させていく。この誘いの幅とリールを巻く速度がうまく合うと面白いようにヒットしてくる。簡単なときはアタリがあればそのままフッキング、難しいときはアタリだけでなかなかフッキングできない。そんな悩み多きタチウオだけにハマる人も多い。まだまだ夏シーズンは続く。

タチウオ仕掛け&エサ付けの手順。深場狙いも念頭に入れておこう

夏のタチウオ釣りは多くの場合、タナが20mよりも上、時に7mから海面までなどと、超浅いタナを狙うことが多い。このため、オモリ40号前後を使用したライトタックルで狙うのが基本。
竿は1.8m前後のライトゲームロッド。8対2調子から7対3調子のロッドが扱いやすい。通常時に40号オモリとしても、深場に落ちたときは80号程度を使用することもあるので、80号ぐらいは背負えるロッドが最適だ。
リールは小型両軸か、小型両軸と同じサイズの超小型電動リールを。道糸はPE2号以下。タチウオ釣りは道糸が鋭い歯によって切られることも多く、200m巻いてあると安心だ。また、リールの予備があるとさらに安心だろう。
仕掛けは片テンビン仕掛けで、ライトタックルの釣りでは1本バリのほうが圧倒的にアタリが多く釣りやすい。
ハリスは5号前後1.5〜2mほど。長さは食いによって調整してみよう。ハリはタチウオ用1号や1/0など。環付きバリの場合は、環部分に結ぶのではなく、軸に結んだほうがいいだろう。また、浅場のライトの場合は、パイプ類などつける必要ない。あくまでシンプルな仕掛けで、タチウオとの駆け引きを楽しみたい。
エサ付けはイラストのように、縫い刺しにするのが基本。エサを固定させることで、ハリ掛かりする可能性を高めることができる。
注意すべきは、ていねいに付けてハリがエサの中央にあるようにすること。これで海中でエサが変な動きをせずに、自然な動きを演出できる。
基本はこの付け方だが、時にチョン掛けしただけのほうが食いがいいこともある。もし、アタリがあってもうまく食い込まない、何をやってもうまく掛からないときはエサ付けを変えてみるのも一つの手だ。

タチウオの釣り方をご紹介。基本はつねに誘い上げ。アタってもビックリしない

タナは「●●mより上」とか「●m周辺」などと指示が出る。浅ダナで釣れるときはなるべく浅い場所で釣ったほうが数も伸びる。魚の活性が上がっているときは、下に下げないほうがいい。また、アタリが集中するタナもあるので、一度アタったら道糸もマーカーやリールのカウンターでそのタナを覚えておこう。次回からはそのタナを集中的に狙うと効率的だ。
浅いタナでの釣り方の基本はつねに誘い上げていくことだ。竿先を下げて、小さい幅でチョンチョンと動かして、同時にリールのハンドルを回していく。アタリはかなり明確に「ガリガリ」とした感触を感じることができる。このときビックリしてアワせてもまずかからない。エサの端のほうをくわえているだけで、ハリまでいっていない可能性が高いからだ。
アタリを感じたら、何もなかった風を装って、同じ動作を続けていく。タチウオは食べようとしたエサが上に上がっていってしまうので、さらにしっかりと捕まえようと深く食い込んでいく。ここでハリまで到達するのだ。どこでハリ掛かりするかわからないので、アタリがあってからは少し機敏な動作で誘い上げを続けていきたい。
そのまま誘いを続けていくと、かなり強い引きを感じたり、手が止まる。ここで大きくアワセを入れてしっかりとフッキングさせよう。
すぐに食い込むこともあれば、カツカツやっているだけでなかなか食い込まないこともある。このじれったい感じが釣り人を熱くさせる。
タチウオはその日によって食うパターンが異なる。食うパターンとは、誘いの幅、スピードで、いろんなパターンを試して、一番食いがいいパターンを見つけるのがコツだ。上手な人はアタリの出し方がうまい。
竿をチョンチョンとやる幅、動かすスピード、さらにはリールを巻く長さも変化をつける。リールは1回転でおよそ60〜70㎝巻き取ることができる。これを一度に半回転にするか3分の1回転にするか。
これを一度にやろうとするとわからなくなってしまうので、まずは竿のスピードだけ変えていき、次はスピードは同じにして、幅だけを変えていくなど、ひとつずつ変化させていくといいだろう。基本はつねに動いていく感覚だが、途中にストップを入れたほうが食うことも。
こうした多くの組み合わせの中からその日の食うパターンが見つけられたらしめたもの。一度コツをつかめば連チャンも可能だ。
釣ったタチウオは首根っこをしっかりと捕まえて、プライヤーなどを使ってハリを外そう。また、この時期は魚も痛みやすいので、釣ったらバケツに入れっぱなしにしないで、マメにクーラーボックスにしまっておこう。

以上の記事は「つり丸」2016年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル