MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
永井名人が釣る! 外房・外川沖の絶品夏ビラメ(福田丸)

永井名人が釣る! 外房・外川沖の絶品夏ビラメ(福田丸)

永井名人は好シーズンに突入している外房・外川沖の夏ビラメに挑戦した。船は外川港「福田丸」に乗船。

perm_media 《画像ギャラリー》永井名人が釣る! 外房・外川沖の絶品夏ビラメ(福田丸)の画像をチェック! navigate_next

夏ビラメはエサを活発に食べ、食いっぷりがいいからアタリからハリ掛かりが早いイメージがある

永井のタックルは、竿がシマノ「海攻ヒラメリミテッド ライトヒラメ235」、リールがシマノ「フォースマスター400DH」 の組み合わせ

永井が使用したリールはシマノ「フォースマスター400DH」 。巻き上げが楽な電動リールをセレクト

早速アタリがきたよ!

緊張する取り込みの瞬間。ヒラメが見えたら、竿でタモに誘導しよう!

良型ヒラメに永井名人もにっこり

根掛かりしやすいポイントもあるので、タナの取り直しを頻繁におこなう永井

潮が流れないとき、エサが弱っているときは、誘いを入れてアピールさせるとともに、エサのイワシを泳がせる

これが外房・外川沖の夏ビラメだよ! 美味しそう!

少し小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズだね

十分な釣果に永井名人も納得!

シングルフックの仕掛けは、船宿オリジナルを使用

永井は親バリは鼻掛けにする

孫バリがトレブルフックの場合、背中側に掛ける

孫バリがシングルフックの場合、肛門から刺し入れて抜く

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川「福田丸」。

当日、「福田丸」ではのオモリは60号をメインに使用。潮が速かったり、横流しにする場合は80号を使用することもある。オモリ60号がメインということで、永井がセレクトしたタックルは、竿がシマノ「海攻ヒラメリミテッド ライトヒラメ235」、リールがシマノ「フォースマスター400DH」 の組み合わせだ。
仕掛けはハリス6号の固定式。孫バリがトレブルフックになっている仕掛けでスタート。開始してしばらくは船中でアタリがなかった。それでも1時間ほどして1枚が取り込まれると、船中のあちこちでアタるようになった。
永井もその波に乗って、まずは1枚を手にした。「小ぶりだけれど元気なヒラメだったね。最初のアタリで掛け損ねたけれど、すぐに食い直してきて掛かったからね!」と夏ビラメらしい活性の高さだった。
途中、親バリ、孫バリともにチヌバリを使用した「福田丸」の仕掛けに交換した永井。その後もポツポツとアタリ、それを確実に掛けていった。終わってみれば5枚を釣り上げ2番手というまずまずの好釣果だった。
「今シーズン初のヒラメだったから、どうなるか不安だったけれど、まず1枚釣れて安心できた。その後、4枚も釣れたので上出来。楽しめたよ!」と満足した永井だった!

以上の記事は「つり丸」2016年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル