MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
40kg級キハダを迎撃! 大型マグロを制覇せよ!(惠丸)

40kg級キハダを迎撃! 大型マグロを制覇せよ!(惠丸)

「ずっと船を揚げていたから、キハダ狙いは今年初めてなんだよ。どうなんだろうね? 普通にいると思うよ」言葉の主は南伊豆手石「恵丸」の良川福一船長。自信がないようにも取れたコメントだったが、ポイントに着いたらトリがブンブン、気配はムンムン。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

キハダシーズンは9月いっぱいが目安! バリバリ釣って楽しもう!

キャストは周囲の安全を確認し、ひと声掛けてからが基本

ファーストフィッシュはナイスサイズのシイラだった

強烈な引きを味わえるのもこの釣りの魅力だ

船中最初のキハダキャッチは、小早川一男さん

貴重な一本を釣り上げた!

移動する群れの先頭にルアーを落とせれば、ヒット率は一気にアップする

ドンッと、横っ跳びにルアーを持っていった!

引き上げるときはバレないように十分注意しよう

ヒットを見事にモノにした竹本紘基さん

港での検量では3尾とも40kg前後を記録した

使用したルアーたち

キハダがバイトするとルアーに歯のかみ跡が付く

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

小手調べ的な良型シイラが一本揚がってからはヒットが連続! しかし、スッポ抜けやラインブレイクが続き、ネットインに至ったのはなんと5回目のヒットのこと。
「回収しようかなと思ったタイミングでいきなり出ました」
とはオオドモで2回目のヒットをキャッチまで導いた豊田市の小早川一男さん。
この後も水面に姿を現す魚は少なかったが、うまく群れを捉えられれば高確率でヒット! 着水後、ワンジャーク、ツージャークくらいでヒットすることが多く反応は上々。トリプルヒットもあったほどだ。
結局、終わってみれば13発のヒット!でキャッチは3本。港での検量ではすべてが40㎏前後とサイズも上々。ヒット数に比べればキャッチ数は物足りなかったが、ビッグデイであったことに変わりはない。キハダシーズンは9月いっぱいが目安。まだ釣っていない、という人は南伊豆へ走るべし!

以上の記事は「つり丸」2016年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル