MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ウルトラスーパー激アツ!犬吠崎デカキハダ&カツオ(波崎・信栄丸)

ウルトラスーパー激アツ!犬吠崎デカキハダ&カツオ(波崎・信栄丸)

いま、犬吠埼沖のキハダ(キメジ)&カツオがウルトラスーパー激アツだ。とくにキハダ! 波崎港「信栄丸」では、なんと18〜31㎏が船中12本!! という日もあったほど。

船がいないからやりたい放題! 船がいないからナブラが沈まない!

どこまで行っても船がいない! ベイトはシラスよりちょっと大きめのカタクチや小型のスルメイカ。だが、ヒットは大型のトップウォータープラグに集中

イカのポイントよりも近い場所のいたる所でこのような光景が!

見えていたのがキメジだったので、それかと思っていたら…。その下にデカイのがいたのだ!

取材日の1本目は23㎏! 2日続けて乗船し、なんと前日にも17㎏をキャッチ!

最後の流し、大ドモにいた黒巣明さんのプラグをデカキハダが大きな水飛沫と共に襲った!

大粒の雨が降る中、ずぶ濡れになりながらファイト。そしてついに、浮島船長のカギが決まった

船宿レコードとなる33㎏! ブルーフィッシュ100g(カーペンター)の誘い出しだった

ランディング後、浮島船長や乗船者とガッチリ握手!

「ちゃんとキャストができる人が釣りますね」とは浮島船長。一人で3本キャッチしたアングラーも。ちなみに、バラシは…多数! デカサイズのバラシも…

これが犬吠埼のキハダだ!

貴重な一本を釣り上げた

ロッドはオフショアスティックGTK-77SJ(スミス)、リールはソルティガ(ダイワ)、ラインはPE5号、リーダーは110ポンドだった

下船後の検量でピッタリ33kg!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「信栄丸」。

ポイントは太平洋の大海原だけに出船すれば必ず群れに遭遇するという保証はないが、当たれば爆釣となる可能性も高いのがここ犬吠埼沖の特徴だ。
というのも、船がいない! ナブラはいたるところにあるのに、攻めているのは自分たちだけ! というパラダイスのような状況なのだ。船がいないから、魚がスレていない。スレていないから、ナブラが沈みにくい! ルアーへ反応もすこぶるいい!! ベイトは小さくとも、その巨体を大きくジャンプさせ、巨大な水柱を上げて大型ルアーに猛然と襲いかかるのだ。
「魚をヒットさせる人は、ちゃんとキャストができる人。最低でも50mは投げられるようにしておいてください。魚がいる限りは追い続けますよ!」と話す、「信栄丸」浮島和雄船長。
さあ、今がチャンス! 波崎へ急げ〜!!

以上の記事は「つり丸」2016年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読