ウルトラスーパー激アツ! 犬吠埼デカキハダ&カツオ(波崎・信栄丸)

ウルトラスーパー激アツ! 犬吠埼デカキハダ&カツオ(波崎・信栄丸)

いま、犬吠埼沖のキハダ(キメジ)&カツオがウルトラスーパー激アツだ。とくにキハダ! 波崎港「信栄丸」では、なんと18〜31㎏が船中12本!! という日もあったほど。


船がいないからやりたい放題! 船がいないからナブラが沈まない!

どこまで行っても船がいない! ベイトはシラスよりちょっと大きめのカタクチや小型のスルメイカ。だが、ヒットは大型のトップウォータープラグに集中

イカのポイントよりも近い場所のいたる所でこのような光景が!

見えていたのがキメジだったので、それかと思っていたら…。その下にデカイのがいたのだ!

取材日の1本目は23㎏! 2日続けて乗船し、なんと前日にも17㎏をキャッチ!

最後の流し、大ドモにいた黒巣明さんのプラグをデカキハダが大きな水飛沫と共に襲った!

大粒の雨が降る中、ずぶ濡れになりながらファイト。そしてついに、浮島船長のカギが決まった

船宿レコードとなる33㎏! ブルーフィッシュ100g(カーペンター)の誘い出しだった

ランディング後、浮島船長や乗船者とガッチリ握手!

「ちゃんとキャストができる人が釣りますね」とは浮島船長。一人で3本キャッチしたアングラーも。ちなみに、バラシは…多数! デカサイズのバラシも…

これが犬吠埼のキハダだ!

貴重な一本を釣り上げた

ロッドはオフショアスティックGTK-77SJ(スミス)、リールはソルティガ(ダイワ)、ラインはPE5号、リーダーは110ポンドだった

下船後の検量でピッタリ33kg!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「信栄丸」。

ポイントは太平洋の大海原だけに出船すれば必ず群れに遭遇するという保証はないが、当たれば爆釣となる可能性も高いのがここ犬吠埼沖の特徴だ。
というのも、船がいない! ナブラはいたるところにあるのに、攻めているのは自分たちだけ! というパラダイスのような状況なのだ。船がいないから、魚がスレていない。スレていないから、ナブラが沈みにくい! ルアーへ反応もすこぶるいい!! ベイトは小さくとも、その巨体を大きくジャンプさせ、巨大な水柱を上げて大型ルアーに猛然と襲いかかるのだ。
「魚をヒットさせる人は、ちゃんとキャストができる人。最低でも50mは投げられるようにしておいてください。魚がいる限りは追い続けますよ!」と話す、「信栄丸」浮島和雄船長。
さあ、今がチャンス! 波崎へ急げ〜!!

以上の記事は「つり丸」2016年9月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

相模湾のコマセ釣りにおけるキハダ&カツオ釣りは、8月からスタートしている。今シーズンの解禁初日は、カツオの好釣で開幕した。2〜4㎏のサイズが主体で、トップで5〜10本を記録する船が多かった。その後も好釣果に沸く日が多く、クーラー満タン釣れすぎ早揚がりとなる日もあった。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

水深250mの海底に仕掛けが届いた途端、「食った!」「こっちも来たぞ!」糸フケを取る間もなく深海竿を叩く派手なアタリにあちこちから声が上がる。


コツは指示ダナを守ること! キハダの仕掛けをご紹介(湘南 海成丸)

コツは指示ダナを守ること! キハダの仕掛けをご紹介(湘南 海成丸)

今回、「湘南 海成丸」の取材は二日間敢行。その二日で女将は20㎏以上と思われるキハダを4回ヒットさせた。惜しくも海面でキハダをサメに食われたり、オマツリしてハリスが切れるなどして取り込むことはできなかったが、渋いなか連発させたのは驚異的だった。


20kg越えデカキハダもヒット! さぁ、万全の態勢で挑め!(島きち丸)

20kg越えデカキハダもヒット! さぁ、万全の態勢で挑め!(島きち丸)

キメジ主体で開幕した2015相模湾カツオ&キハダのコマセ釣り。当初は絶好調だったが、その後イワシが回遊した影響か、キメジはコマセへの反応があまりよくなくなってしまった。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読