MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
テクニカルな釣りが魂を熱くする! タチウオの釣り方(長谷川丸)

テクニカルな釣りが魂を熱くする! タチウオの釣り方(長谷川丸)

東京湾の人気ターゲット、タチウオ。冬は深場で大型狙い、春は一時シーズンオフとなり、6月ごろから群れが浅場に集結しだし、浅ダナで数釣りができる「夏タチ」シーズンとなる。

perm_media 《画像ギャラリー》テクニカルな釣りが魂を熱くする! タチウオの釣り方(長谷川丸)の画像をチェック! navigate_next

夏タチシーズン! 浅場で数釣り! ドカンッとビッグワンもあるぞ!!

取材時は港からすぐの猿島沖で釣れていて船団ができていた。タナは30~40m前後。今後は第二海堡などポイントが広がり、さらに浅場で釣れるようになる

船内は広々としていて快適だ!

さっそくアタリがきたか⁉︎

ギラリと輝きながら抜き上げられるタチウオ。シルバーの魚体は夏の日差しが似合う!

夏の東京湾といえば、やっぱりタチウオ! 浅場で数釣れる時期だ。「夏タチは楽しいね!みなさんもおもいっきり楽しんでください!」とドクター近藤惣一郎

テンヤは大型が釣れますよ!

「長谷川丸」では、このところ半日でトップ10本前後の日が多い。今後はポイントも広がり、さらに数が伸びるはず

夏場、とくにシーズン開幕当初は小型の群れも多いが、大型もまちがいなくいる

この日最大は110cmの大タチ! 夏の浅場にも大型はけっこういるのだ

指5本サイズも出た!

この日ドクター近藤が使用したのは、「リーディング73MH‐190」&「スパルタン MX IC 150HL」の手巻きタックルと「アナリスター タチウオML‐195」&「シーボーグ200J‐DH‐L」の電動タックルの2つ。「夏場は手巻きで軽快に釣るのも楽しいですね!浅場でも電動で手返しアップを狙うのもアリ」

仕掛けは全長2m前後の1本バリが基本だ

「長谷川丸」のエサは釣ったサバを切っているので状態がよく持ちがいい

「長谷川丸」は同船でルアーもできる。また船長の許可があればタチウオテンヤもOK

オモリは30または40号。状況によって50、60号も使う。80号もあれば完璧

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「長谷川丸」。

東京湾に夏のタチウオシーズンがやってきた。これから夏場にかけては、20~30mほどの浅ダナにタチウオの群れが入ってきて、浅場で数釣りができる時期だ。
ただし夏パターンの釣り方はなかなかに難しい部分もあり、腕で差がつく釣りでもある。もちろん、そこが楽しいところなわけだが…。
指示ダナの間を丁寧に誘いをかけながらアタリを出し、アタリが出てもそのまま誘い続けることによって本アタリまで持っていきヒットに持ち込む。
アタリはあるけどなかなか食い込まないことも多いが、上手く誘って掛けることができれば、ズシーッ!! と重い独特の引きが味わえる。
このゲーム性の高さと独特の釣趣がタチウオの魅力。さらに食べても美味しいんだから最高だ。
今年の夏も東京湾のタチウオが熱い!

LTタチウオ仕掛け。ライトで軽快な誘い 新鮮なエサも効果アリ!

「長谷川丸」では、ノーマルタックル(PE3号以下)ならオモリ80号がメイン。ライトタックル(PE1~1.5号)の場合オモリは30号か40号がメイン(状況により50号、60号を使うこともある)。とりあえず各号用意しておこう。
ライトの場合、竿はライトロッド、ゲームロッド、ライトタチウオ専用竿などからチョイス。30~40号オモリを背負って七三調子になる竿がいい。長さは1.6~2m前後で、魚が乗ると曲がり込んで食い込みを助けてくれるような竿がベストだ。
リールは小型両軸または小型電動。タナが浅ければ手巻きでOK。タックルの総重量が軽ければ軽いほど誘いは軽快にリズミカルにできるので手巻きは有利。ただし、電動があると仕掛け回収や魚とのやり取りがグンと楽になるので、ポイントが深めのときなどはアドバンテージになる。どちらがいいかは、釣趣も含め各自の好みでいいだろう。
ライトの仕掛けはハリス2m前後の1本バリが基本。ハリスは6~8号前後、ハリはタチウオバリ1/0または2/0。タチウオの歯は鋭いのでチモトにハリス保護用のパイプがあると安心だし、そのカラーによって魚へのアピールにもなるが、ヒラヒラとしたエサの動きを重視したいならパイプは無しでもOKだ。


エサ付けはタチウオに取られないよう、縫い刺しにしするのが基本

エサはサバのタンザク。サバは新鮮なものほどアピール力があり皮が丈夫でエサを取られにくく、それが釣果を左右することもある。「長谷川丸」では、アジ釣りで釣れたサバを冷凍しておき、それを解凍して切ってエサにするので非常に質のいいサバタンが配られる。しかし、常連さんの中にはさらに上を目指し、鮮魚店で生食用の新鮮なサバを買い自分で切ったエサを持参するひともいるという。「やっぱり生のサバは食いがちがいますよ」と話す、船長。試してみるのもおもしろい。
エサ付けは歯の鋭いタチウオにエサを取られないよう、縫い刺しにしするのが基本。
ただし、それはエサを取られにくくするためだ。
「エサはヒラヒラと自然に漂うほうが当然アピール力があります。だから、縫い刺しよりチョン掛けのほうが食いはいいんです。ただし、チョン掛けではエサが簡単に取られてしまい、なかなかハリ掛かりまで持って行けないんです。ハリ掛かりさせられなくてもいいから、とにかくアタリを出して魚のいるタナを探したいというときにチョン掛けは有効ですよ」とのことなので、ぜひ試してみよう。
また、エサを付けるときに、サバのタンザクの黒い方(背中側)にハリを刺すのか、白い方(腹側)に刺すのか迷うことがないだろうか。
「魚をさばいてお刺身を造ったことがある人は分かると思いますが、魚の皮って腹の方がしっかりしていて剥がれにくい。背中の方は柔らかくて剥がれやすいでしょ。エサ持ち重視なら白い方に刺すのが正解です」と教えてくれた、船長。

釣り方を解説。アタっても誘い続ける! その時タナも覚えておこう

釣り方は、指示ダナの範囲を誘いながら探ってアタリダナを見つけ、タナが分かったらそのタナを集中的に狙ってヒット効率を上げてゆく、というのが基本。
誘いは50㎝~1m、さらに状況によっては幅を狭くしてもいい。リール1回転分とか、半回転、4分の1回転など、さまざまな幅を試してみよう。誘い上げるスピードも同様で、いろいろ試してみる。
タチウオはエサを追って上へ上へと追いかけてきながら、エサのサバタンの端っこに噛みついてくる。ここでアワセてもハリ掛かりしない。浅場ではアタリもハッキリ出るのでついついアワせてしまうがエサを咥えているだけなのでスッポ抜けてしまう。また、ハリ掛かりしたと思って巻きあげていてバレることも多い。アオリイカ釣りなどで、餌木を抱いて上がってきたイカが海面でパッと餌木を放して逃げてゆくことがあるが、夏タチも同様に海面でエサを放してサヨウナラということもあるほどだ。
端っこに噛みついているアタリは、コツコツと小さかったりかゴツゴツ! とはっきり出たりもするが、アワせたいキモチをグッとガマンして同じペースで誘い上げてくる。すると、だんだんタチウオがイライラしてきてエサを食い込んでしまう。
グーッと魚の重みが乗って竿が曲がり込んだときが食い込みのアタリだ。ここで聞きアワせるように竿を立てててしっかりフッキングしてやればバラすことはない。
また、しっかり意識して釣っていないと、アタリが出たタナが分からなくなってしまう。魚が掛かって興奮しすぎて「アレ? 何メーターだったけ」とならないようにご注意を。

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル