MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超浅場で繰り広げられる接近戦に興奮! ムラソイの釣り方(大貫丸)

超浅場で繰り広げられる接近戦に興奮! ムラソイの釣り方(大貫丸)

季節限定で、しかも釣れる場所も限られるまさに「限定尽くし」の釣りと言えるのが、この日立久慈出船のムラソイだ。6月に開幕し8月まで楽しめる釣りで、このエリアの夏の風物詩的存在だ。ムラソイが生息するのは激しい根周りがメイン。さらに海底が見えるほどの浅い場所を好む。ポイントは近場の日立沖から北部の高萩沖あたりまで。

根掛かり必至のザクザクの根を果敢に攻める! それがムラソイ釣り

ポイントは激しい根周り。海底が見える浅場も狙う

水深は5mより浅いところが多い。ナギの日はチャンス

ハリ掛かりすると根に潜ろうと強烈な引きを見せる。水深は5mよりも浅くやりとりはあっという間だが、大興奮の瞬間だ!

初挑戦でも果敢に海底を攻めて良型をキャッチ

ひとりがアタると連チャンが多い。小型ジグにもヒット

「気をつけても根掛かりはします。これを怖れずにやることでアタリが多くなりますよ」と北本さん

「釣りの面白さ、引き味や食味をとっても最高のターゲットです」

40㎝近いサイズになると風貌がいかつくなる

こちらは日中に食ってきた当日最大サイズ。太っているというよりもまん丸といったほうがいいだろう

30㎝クラスがレギュラーサイズ。ほとんどの人が10匹以上の釣果!

本命ゲットに思わずにんまり!

豪華ゲストも続々!

いろんな魚が釣れるから楽しいね

ジャンボサイズだ!

カサゴは丸揚げでも美味しいね

良型ヒラメも釣れる

北本茂照さんはカウンター付きの最新リール、「スパルタンMX-IC150HL」を使用

大貫丸のムラソイ仕掛けはこの通り

自作仕掛けの場合は替えバリをたくさん作っておこう

エサは冷凍のカタクチイワシ

下アゴから上アゴにハリを抜く。暑い時期はエサはクーラーに入れておこう

オモリは20号使用。仕掛けとともに多めに用意しよう

ムラソイは刺身はもちろん、煮付け、から揚げなど超美味だ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈港「大貫丸」。

茨城・日立久慈では夏が来れば思い出す魚がいる。それがこのムラソイだ。
「6月から8月までの夏期限定の釣りです。海底が見えるような超浅場でめちゃくちゃ面白いですよ」と話す、この釣りに魅せられている北本茂照さん。
根掛かり必至のザクザクの根を果敢に攻めると、武骨なアタリが訪れる。強く引きこんだところで竿を持ち上げると一気に根に持っていこうと強烈な引きを見せる。ここを耐えて浮かせる瞬間は何とも言えないスリルがある。水深は4m前後。海底も見えるほどの浅場だが、40㎝オーバー、2㎏クラスの大物も潜んでいるという。
「今年は魚が多いですね。サイズもいいしかなり期待できます」と話す、「大貫丸」の大貫茂雄船長。
この日は多くの人が10匹超えと最高の釣りを満喫。そして、上品ながらしっかりとしたうまみを持つ夏の味を大いに堪能したのだった。

ムラソイ仕掛け。PEは2号以上で! 仕掛けの予備はたっぷりと準備


タックルは竿が1.6~2mほど、7対3調子程度のゲームロッドが扱いやすい。いわゆるライトタックル用のロッドでいいだろう。海底を取りながらの釣りなので軟らかすぎるものよりもやや硬めで操作性がいいものを選ぼう。
リールは小型両軸リールを。頻繁に底を取り直すのでクラッチのオンオフを素早くできるものが好ましい。
水深は5mよりも浅くオモリは20号といえばライトな釣りだが、この釣りの特性ゆえ道糸は2号以上がいいという。
「ライトの釣りなのでなんとなく0.8号など細い道糸でやる人が多いですが、仕掛けがまあまあ太く、根掛かりしたときにこの細さだと高切れすることが多いです。なので2号以上を使ったほうがトラブルが少ないです」と、北本茂照さんは話す。
リーダーは5号程度を1ヒロとっておけば安心だ。
仕掛けは胴付き2本バリが標準だ。幹糸4~5号、ハリス3号でハリはセイゴ系、ムツ系の14号程度を使用する。
「ハリはネムリセイゴがいいですが、最近あまり見かけません。太軸のムツバリなどもいいでしょう」
太軸のムツバリのほかはがまかつの「根魚王」などがおすすめだという。
そして、この釣りに付きものなのが根掛かり。多い少ないは別にしても初心者からベテランまでがっつりと根掛かりする。そうすると仕掛けのロストも多くなる。
「昔から1匹と仕掛けを1個交換するようなものといわれていますが、なるべく負担が少ないほうがいいですよね。そのためには替えバリ式にするといいですよ」
仕掛けは親子クレンサルカンを使って幹糸部分を作っておき、40㎝ほどの長さのハリスにハリを結んだものをたくさん作っておく。根掛かりしてハリスが切れた場合はその部分だけを交換していく。替えバリは20本ほど結んでおくといいだろう。
「捨て糸は3号よりも少し細くしてもいいかもしれませんが、あまり細くすると今度はここばかりが切れてオモリばかりがなくなることがあります」
捨て糸は短く、下のハリはオモリよりも下にくることになる。このため、根掛かりするのは下のハリかオモリがほとんどだ。オモリは10個ほど用意しておくと安心だ。
エサは冷凍のカタクチイワシを使用する。エサの付け方は、下アゴの下からハリを入れ、上アゴに抜く。このとき、あまり力を入れて指すと頭の部分が崩れてしまうので注意しよう。また、夏場はエサが傷みやすくぐずぐずになりやすいので、クーラーに入れるなどしてなるべく良い状態で使用しよう。

ムラソイの釣り方。根掛かりを怖れない! アワセは向こうアワセで

ポイントに着いたら海底をのぞいてみよう。潮が澄んでいれば海底が見えるはず。黒っぽい岩場に、ところどころ白く見える砂地がある。岩は起伏があって確かに根掛かりしそうだ。
「最初の投入でいきなり着底と同時に根掛かりしちゃうこともあります。これは仕方ありませんが、着底したらそのまますぐに一度上げて、あらためてゆっくり落としてやるといいですよ」
どんなに気をつけていてもいきなりハマってしまう。だが、投入時は少し注意すると多少は防ぐことができる。
「釣り方の基本は、オモリを付けた状態をキープして、底を切っては再び落とし、海底をトレースして根を渡っていくイメージです」
アタリは明確、しかも強いアタリが来る。ここでビックリしてアワせてしまうと、身だけがしゃぶられたような無残な姿のエサが上がってくることになる。
「アワセは向こうアワセが基本です。最初にアタリがあってから、しっかりと本アタリがあります。このとき軽く持ち上げてやるといいですよ」
ここまでは比較的うまくいく。「掛かった」と思って安心してのんびりしていると思わぬ事態に陥ることも。
「ハリ掛かりすると、ムラソイはそのまま根に潜ることが多いです。こうなると根掛かりしたような状態で、まず外せません」
根に潜られるのを防ぐため、最初に竿を持ち上げてハリ掛かりを確認したら、強引に根から離すことが重要になる。
「でかいのになるとかなりの引きです。ビックリして最初に止めないようにしましょう。この最初が肝心です」
アタリがあってもハリ掛かりしないことも多い。また、このエリアはショウサイフグの産卵場所のため、ショウサイフグも多く頻繁にエサを取られる。アタリが遠いと思ったらすぐにエサの確認を。
1匹釣った人は連チャンすることも多い。これは落ちてくるエサに反応を示すからで、アタリがなければどんどん上げてやり直そう。

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読