MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夜はメタルスッテ&昼はタイラバを釣る! (ディープオーシャン)

夜はメタルスッテ&昼はタイラバを釣る! (ディープオーシャン)

メタルスッテ釣法(ひとつスッテ)発祥の海、福井県越前沖でケンサキイカシーズンが開幕中だ。「今期のケンサキイカの沸き具合は例年どおり」と話すのは、茱崎港「ディープオーシャン」浜野秀夫船長。

perm_media 《画像ギャラリー》夜はメタルスッテ&昼はタイラバを釣る! (ディープオーシャン)の画像をチェック! navigate_next

メタルスッテ釣法で狙う! ケンサキイカシーズン開幕! 昼は過去最高レベルのマダイ回遊をタイラバで楽しむ

ケンサキイカは夜にカカリ釣りをするのが特徴だ

船の周りの水面はイワシだらけに。水面直下までイカが浮上してくることもある

ケンサキイカの水深は40~50m前後。活性があがると入れ乗りになることもある

良型がメタルスッテに乗った

シーズン初期のケンサキイカは良型でも身厚で甘みが強くおいしい

今年もいよいよシーズンイン! シーズン初期から良型が乗っている

ピンクカラーのスッテが当たりだった年もあったが今期はどうか?

上手に誘えば一荷ヒットもある

枝スの浮きスッテにもよく乗る

小さくてもおいしい高級イカ

バンバン釣れるから楽しいね

良型ゲットに笑顔

さまざまなカラーを用意しよう

昼のタイラバは爆釣りモード炸裂! 80cmオーバーもキャッチ

マダイの反応はコレ

船はドテラ流し。片弦で釣る

本命マダイが顔を出した

ネットに収まるまで油断はできない

しっかりとネットで捕獲!

中層のみならず、表層近くまでトルクフルな引きで楽しませてくれたのは80㎝オーバーのメスの大ダイ

ご夫婦で大ダイファイト中

PE0.6号でこのとおり

いったん魚にスイッチが入るとこの通り。爆釣モードに突入だ

最後はみんなで記念撮影

ネクタイはさまざまなカラーが有効

出船前にこのように必ずドラグ調整を行う

今回、取材にご協力いただいたのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」。

昨年、5月6月にケンサキイカはハイシーズンを迎えたが、今期は例年どおりの回遊という。7月8月にハイシーズンを迎えメタルスッテ釣法で楽しめるだろうとの予想だ。夜にカカリ釣りをするのが特徴でタナはほとんど底から5m以内。群れが濃い超一級の実績ポイントでタナがボトムであることは大変釣りやすくビギナーにもオススメだ。
一方、昼のマダイは流行のタイラバメインで狙う。
「漁師の間では大雪が降る年はマダイの当たり年になるって言われてます。まさに、今期はビンゴですよ」と浜野船長が話すように、6月半ばでも港前から沖の深場まであちこちにマダイの群れがいるという。乗っ込みで回遊してきた群れだが、その数は半端ないというのだ。
「水深100mの深場で当たっているのが今期の特徴ですかね。ドテラ流しで狙ってます」と話す、船長。
当地で80といわれる80㎝越えの大ダイもザラの越前沖。例年なら7月は夜釣り一色に染まるが、昼のマダイも継続して楽しめそうだ。

タックルご紹介。タックルはメタルスッテ専用。PEは0.6号統一で

タックルはズバリ、メタルスッテ専用を使いたい。どのメーカーからも手頃で手に入れやすいモデルが発売されているからだ。
ロッドは操作性のよい2m前後のもの。ベイトタイプが主流で、リールは小型両軸リール。水深が表示されるカウンター付きのものがオススメだ。ボトムではなく、中層などで乗ったときにタナ把握に大変役に立つ。
道糸はPE0.6号をメインに0.4号でもよい。越前沖では、カカリ釣りのためメタルスッテは15号が基本サイズ。潮の流れが速いときはさらに重い20号サイズを使うこととなる。
スッテのカラーだが、基本色の赤白で十分乗るが、グロータイプとそうでないものを必ず数組用意しよう。
意外と万能なのが赤緑。これは、夜釣りの定番カラーであり、必ずタックルボックスのなかに入れておきたいアイテムだ。
枝スを付けるのもいい。枝スは、乗りが渋い季節、とくにシーズン初期は5㎝〜10㎝ほど出したほうがよい。渋いときは群れの個体数が少なく、静かに待って乗せることが多いからブランコ式が効果を発揮するのだ。
逆にバンバン乗る最盛期は、枝スのハリスはなくして直ブラ式にする。そこに好みの浮きスッテや2号前後の餌木などを付ける。カラーなどは好みでよい。

話題のメタルスッテ釣法を解説。イカの好奇心の強さを利用しよう

釣り方だが、越前沖では底から5m以内を探る、のが例年のパターン。
釣り方といっても、絶対にコレがいい! というのはない。さまざまな動きを組み合わせて釣る、のがベストだ。
その基本動作は、スーっとロッドをシャクリあげてストンと落とすフリーフォールがまずひとつ目。
二つ目はロッドをシェイクしながら上げて、そこからゆっくりと下げるテンションフォール、もしくはフリーフォール。
いずれも、スッテが動いているときは、好奇心が強いイカへのアピールになり、イカが乗るのはスッテの動きが止まってからだ。
つまり、動かす=アピール。止め=乗せる(触らせる、抱かせる)。この二つの要素を組み合わせてヒットまで持ち込ませるのが基本だ。
アタリもさまざまだ。そのほとんどは竿先に出る。竿先を注視すると、わずかにお辞儀したり、大きくお辞儀したり、逆に竿先がポンっとわずかに浮くことがある。これらすべて、イカのアタリだ。これを見逃さずすかさずアワセることがイカを掛けることになる。
とにかく「アタリかな?」と思ったらアワセることが大事。フグ釣りのように空アワセでもよい。
このアタリをより明確にするためには、竿はアタリが出やすい角度で待つことが重要。そして、とにかく竿先を注視しよう。

越前沖のタイラバ。船はドテラ流し。タイラバは100〜200gが適合

タイラバの釣りの定番になっているドテラ流しの片弦釣りをここでも行っている。 
そのため、タイラバのヘッドは、水深も考慮して100g以上。150g前後がメインのサイズとなる。
「ほとんどバーチカルな釣りになりますが、やっぱり、道糸は斜めになっていたほうがいいようです。マダイの活性が高いときは、おかまいなしにバイトしてきます。イワシなんかに着いていたら、バクバクですよ」タックルは、ベイトタックルがベター。PEはここでは0.6号統一。それ以上も以下もないようにと浜野船長は話す。
「水切れのよさは道糸は細いほどよいですから。PEは0.6号じゃ細すぎる、と思っている方もいますが、ドラグ調整をテンヤと同じ1kg、もしくはそれより軽い900gに設定してもらってます。まず、PEの高切れはしませんよ。強度はバッチリです」
ドラグ調整は、出船前に陸上で必ず行うことが望ましい。ビギナーやなれていない人ほど必ず行おう。
釣り方はカンタンだ。タイラバゲームのセオリーどおり、ボトムからただ巻きするのみでよい。
巻き上げは水深の半分くらいまでが目安。最低でも底から30mは巻き上げるようにしよう。
アタリはガンガンガンと竿先に出る。アタリが出てもセオリーどおり一定スピードを保ち巻き続ける。そして、ロッドがお辞儀、つまりしっかりと曲がったら軽くアワセを入れる。このとき大きなアワセはいらない。竿をぐーっと持ち上げる程度でよい。
やり取りは、ロッドを一定の角度に保ったまま、ひたすらリールを巻き続ける。つまり、テンヤマダイのやり取りと同じだ。慣れない人ほど、このやり方を行いたい。
ポンピングのやり取りは慣れた人でもバラすことが多いことも覚えておこう。
今期は空前の当たり年。例年なら暑い7月以降は昼の釣りはいったん終了。夜のイカ釣りオンリーなるが、浜野船長はマダイが釣れる限り、昼のマダイ釣りを行うという。まだまだ大ダイキャッチのチャンスはある。ぜひ、チャレンジを!

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル