MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
極上ターゲット・タイラバのヒットパターンを攻略(大宝丸)

極上ターゲット・タイラバのヒットパターンを攻略(大宝丸)

清水港内に流れ込む巴川河口から出船している「大宝丸」。長橋寿光船長は、駿河湾の沖釣りの究極の楽しさを追及している。

高出船率&本命高確率ヒットで楽しめる! 陸近くのタイラバゲーム

ここが長橋船長とっておきのポイント。清水港内だ。波静かで外海が荒れてても出船可能

水深はこの通り浅場メイン

タイラバはLTの代表。ダイレクトな引きを楽しもう

清水沖ではマダイはコンスタントにヒットしている。後ろの笑顔の人が長橋寿光船長

ウワサの波動系タイラバでキャッチ!

波動を起こすパドリー「タイラバJET」にマダイがヒット!

このサイズは小さいほうだ

連日良型キャッチ中! シャローは侮れないぞ!

これが清水沖のマダイだ! 大きいでしょ!

︎タイラバはフッキングが甘いことも多いので必ずタモ入れしよう

お手軽に簡単に釣れるのがタイラバの魅力だ

三保の松原沖にトリヤマが発生。チャンスだ

波動に来たーぁ!

トリヤマの下でバイトしたマダイ。イワシの群れにマダイも着いているようだ

このマダイは波動+オレンジネクタイの効果か?

大アジもタイラバに来た

マゴチはドシャローの常連

清水港内の常連、キビレ

これはクロダイ

タックルはベイトがメインだが、スピニングもオーケー。キャスティング用もあるとよい

ネクタイカラーの定番はオレンジ。ヘッドも同様だ

ブレードを装着したことでヒット率があがっているという

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・清水港「大宝丸」。

静岡県清水沖でマダイが好調だ。釣り方はタイラバ。しかも、浅場でヒットしている。
「清水沖の超有名なポイント三保沖はマダイ釣り場で有名ですが、タイラバではほとんどそこではやりません。どこかって? それはあまり教えたくないなぁ(笑)」と、話すのは清水「大宝丸」の長橋寿光船長。
そのポイントというのは、三保沖~久能沖の水深10~30m。急深の地形ゆえにかなり陸近くだ。そこ周辺をドテラ流しする。
「こんなところでマダイが釣れるなんて、みんなあまり思わないでしょうね」と笑顔まじりで応える船長。
マダイの群れの反応がその周辺にバッチリと出ているわけではない。だが、マダイは釣れる! 
「イワシなどベイトを追ったマダイを狙っていますからね。意外とこんなところにマダイはたくさんいるんですよ」と、半信半疑のアングラーもさまざまなゲストまじりでマダイを掛ける。
そして、とっておきというのが、清水港内。大型のコンテナ船が行き交う貿易の拠点であるが、この港内にさまざまな魚たちが回遊してくるという。マダイもその一員だ。
目と鼻の先に実はいい魚たちがいて遊ばせてくれることを伝えたいと話す長橋船長。清水沖のタイラバゲームは、お手軽でカンタンでしかもお土産確実でかなり楽しいぞ!

タイラバゲームでは船はドテラ流し。タイラバは80g以上を使用

タイラバゲームでは、船はドテラ流しをする。この流しは、いわゆる風と潮まかせの流し方。外房や常磐のヒラメ釣りでは、横流しといわれているそれだ。
よって、船上では釣り人が片弦にのみ乗って釣ることとなる。
「超浅場の10m以内のドシャローでは、タイラバのヘッドは60gも使えますが、80gが汎用性もあり実績が出てます。水深が深くなったり風や潮の流れが強いときは、さらに重い100~150gを使うことになります」と話す、船長。
つまり、80gのヘッドを用意しておけば、清水沖ではほとんどの場合、対応できるという。
船はドテラ流しなので、タイラバヘッドをキャストする必要はない。つまり、この釣りの主流であるベイトタックルでオーケー。
ロッドはタイラバ専用。ティップはアタリを弾かない軟らか目のものがベター。流用するなら、テンヤ用、ティップラン用、メタルスッテ用。もちろん、スピニングもオーケー。
使用する道糸は、PE 0.8号~1号。これを200mほどリールに収納しておけばよい。リーダーはフロロ4号を5~10mと長めがよいという。
「ネクタイなど交換フックの周辺はシンプルなものがいいみたいですよ。何がいいって決まりはないし、好みのものを使ってもらえば、いいんですが、私はネクタイはオレンジしかもってません。この色だけで釣れてますから」と船長は、オレンジのネクタイやワームが清水沖ではド定番と話す。
この船の常連で乗船するたびに本命マダイを掛けているという、焼津市の平塚光彦さんによると、
「最近、激的に釣果が安定しました。その原因のひとつがブレード。このアイテムをヘッドに付けくわえたことで、かなりアタリが増えました。波動が効くようですね」とのこと。実際、乗船日もダントツのヒット率を出していた。
その波動がよいということで、生体波動を起こすというパドリー「タイラバジェット」を船長自らが試すと、やはりこのタイラバにもヒット。波動アイテムの効果は清水沖のマダイには効果が大きいのであろう。

遊動式タイラバのヒットパターン! アタリが出たら巻き続ける!

釣り方は、タイラバゲームの基本である、ボトムをとったらただ巻きをひたすら続けるのみ。ジギングのようなワンピッチアクションなどは必要なしだ。
巻き上げのタナはボトムから水深の半分くらいまで。
基本的に船は潮もしくは風で流れているので、多少ヘッドが重くても、道糸は沖のほうへ斜めに出される。この状態がタイラバではよい。タイラバが斜め方向、もしくは横方向に動くことにより、よりマダイたちがルアーを捕食しやすくなるという。
つまり、ドテラ流しはこの斜め状態を意図的につくりだすための釣法なのだ。
巻き上げのスピードは、デッドスローからちょっと早巻きまでさまざま。だいたい1秒1mくらいの巻き上げを目安としよう。
アタリはボトム付近で出ることもあれば、中層で出ることもある。なぜ中層でアタるかといえば、マダイはタイラバを追いかけているからだ。
ちなみに当日、ヒットしたマダイにもう1匹のマダイが水面までついてきていた。だから、ヒットレンジは水面直下までということにもなる。
アワセ方は、タイラバの基本どおり、アタリが出てもそのまま我慢して巻き続け、しっかりとロッドが曲がってから竿を持ち上げるようにするのみ。けして、早アワセは禁物だ。
このように基本のみをきちんと行えば、結果が出るのが清水沖のタイラバゲーム。なんといっても水深が浅いのが最大の魅力。ゲスト多彩で楽しめるので、タイラバ入門にも最適だ。

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
銭洲・御蔵島は4月の解禁直後から良型カンパチが回遊中。冬場でも水温が下がらずに安定しており、ゲストの定番、高級魚のウメイロが大発生。夢の大物、激うま魚が盛りだくさんの伊豆遠征釣りに行こう!
アタリが頻繁、数もまとまり、食べれば超美味!東京湾のハゼが、連日、束超えを記録!ビギナーでも20や30匹は軽く釣れる。しっかり釣り方を覚えて、江戸前のハゼを天ぷらなどで存分にいただきましょう!!
剣崎沖の広範囲のポイントでマダイ、イナダ、ワラサが好調に釣れている。どの魚種が掛かるかわからないので、仕掛けのセレクトがカギ!今回はそれぞれの仕掛け、釣り方を紹介する。秋の剣崎沖を存分に楽しもう!!
波勝崎沖のアコウダイがアツい!ヘビー、ライト何れのタックルでも可能だが、今回はハリ数5~6本、オモリ350号に中型電動リールの「ライトアコウダイ」でテンポよくを選択。当日は4.6㎏のビッグワンも浮上!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」2020年2月8日~9日に開催される。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
ゼロテン操作時にエサのナチュラルフォールを演出可能なカワハギ仕掛け「カワハギ幹糸仕掛けFB(フォールビーズ)」
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読