狙うは2kg級の大型オニカサゴ! 仕掛けと釣り方を解説(松栄丸)

狙うは2kg級の大型オニカサゴ! 仕掛けと釣り方を解説(松栄丸)

オニカサゴは周年を通して狙えるターゲット。鍋にすると美味なこともあり、とくに冬場に人気がある。「冬場のターゲット」という認識を持っている人も多いのではないだろうか?しかし、オニカサゴは夏場も好シーズンだ。


釣り味、食味ともに極上! 夏は穏やかな日が多く釣りやすい時期だ

当日は大原沖航程1時間半ほどのポイントを狙った

海面でのバラシも多いので、取り込みはタモで確実に!

船中最初の1匹。これは小型の部類

「3匹目です!」と常連さんは着実に数を伸ばしていく

こちらも良型! 食いがいいときは、このサイズがそろう!!

ヒット! 途中グイグイと引き込むのは本命だ!

海面まで巻き上げてくるまでに、ハリ穴が広がってバレやすいので、良型はタモで取り込もう!

揚がり間際に取り込まれたグッドサイズ!

後半にアタった良型! 夏場はサイズのいいオニが多い

良型のウスメバルもまじる

これは定番ゲストのユメカサゴ

オニカサゴのほかユメカサゴでクーラーは賑やか!

当日は水深120〜150mを狙った!

付けエサはサバの切り身

小さいと小型やユメカサゴが掛かりやすくなる

オニカサゴには毒トゲがある。ハリを外すときは、フィッシュグリップやプライヤーを使おう!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「松栄丸」。

周年狙えるオニカサゴは冬場に人気のあるターゲットだが、夏場も好調に釣れるシーズンだ!
「夏はオニカサゴを釣るにはいい時期ですよ! 凪ぎの日が多くなるので、じっくり狙えて釣りやすくなりますから。大きいのもまじりますし、潮次第では数釣れることもあります」と話す、今回取材した大原港「松栄丸」の中井一也船長。
取材は台風通過後ということで、条件的にはあまりよくなかったが、仕掛けと釣り方がマッチした人は連発する場面もあり、トップは4匹。1.5㎏級の良型もまじった。このほかゲストには、良型のユメカサゴとウスメバルがまじった。
オニカサゴは極上の鍋ネタとされるが、夏場はこれまた極上の刺身やシャブシャブでいただくのがオススメ。釣り味もさることながら、食味も魅力のひとつだ。
夏場もオススメな大原沖のオニカサゴ。釣り味、食味ともに極上なので、ぜひ釣行してみよう!

仕掛け編。150号のオモリを基本に、潮が早い時は200号を使用

「松栄丸」のオニカサゴ釣りでは150号のオモリを基本に、潮が速いときは200号を使用している。
そのため、竿は150〜200号のオモリに対応できる、7対3〜8対2の先調子、1.5〜2.4mの長さが扱いやすいだろう。
近年ではオニカサゴやアカムツをターゲットとした中深場根魚用ロッドもあるので、そんなタイプの竿もオススメだ。
リールは小型電動。水深150m前後を狙うので、仕掛けの上げ下げを考えたら電動がオススメだ。
「松栄丸」では、朝イチにフラッシャーサビキでエサにするサバを狙う。また、オニカサゴを狙っているとメダイやサメなど、とくに引きが強い魚もヒットする。そのためパワフルなモデルを選ぶといいだろう。
道糸はPEラインの4〜5号。300m以上は巻いておくこと。
オニカサゴの仕掛けは片テンビンを介した2〜3本バリ。道糸の先にオモリを装着した片テンビンをつなぎ、その先に仕掛けをつなぐ。
仕掛けはハリス8号、全長1.5〜2m。2本バリの場合は、真ん中ぐらいのところに親子サルカンを介して、20〜30㎝の枝スを出す。ハリはムツバリの18号前後。
チモトには夜光玉やチューブ、タコベイトなどを配してもOKだ。
これらのアクセサリー類は、エサ取りが多いときやサメがよく掛かるときは、取り外そう。とくに近年ではサメが多くなっている。サメは夜光玉やタコベイトが付いた目立つ仕掛けにアタりやすい。サメが連発するときは、まずこれらのアクセサリーを取ろう。

エサ付けの方法。付けエサが小さいとユメカサゴが頻繁にかかる

付けエサはサバの切り身。長さ10〜12㎝、幅1.5㎝ぐらいにカット。大きさを整えた切り身の端を皮側からハリを刺す。
付けエサが小さいと、小型のユメカサゴなどが頻繁に掛かってしまうこともある。付けエサを大きくすることで、小型魚が掛かりにくくするのだ。また、エサがある程度大きい方が、オニカサゴもサイズのいいものが掛かりやすいようだ。
「松栄丸」では朝イチにフラッシャーサビキでサバを狙う。ここで釣れた新鮮なサバをエサにしたほうが、オニカサゴの食いはいいようだ。
フラッシャーサビキは、市販の紅白のフラッシャーがハリに巻かれたアジ、サバ用でOKだ。
取材当日はサバの反応が薄く、サバは不発。2流しで諦め、オニカサゴに移行した。サバが釣れなくても心配は無用。船でサバの切り身を用意しているので、それを使う。

フラッシャーサビキの釣り方。新鮮なサバを釣ってエサにしよう!

「松栄丸」では、最初にフラッシャーサビキでサバを狙う。船長から「80m」、または「80から90m」というような指示が出る。この場合、まずはオモリを80mまで落下させる。80mまで落下させたら、リールのスプールをサミングしてブレーキをかけながら、さらに落としていく。「80m」という指示のときは、仕掛けの長さぶん落とし、アタらなければ仕掛けの長さぶん巻き上げる。「80〜90m」の指示のときは90mまでオモリを落とし、アタらなければ80mまで巻き上げる。
アタればその位置で止め(一度に何匹も掛かれば仕掛けの落下が止められる)、待って何匹か掛かったところを見計らって巻き上げる。
取材当日はサバの反応が薄く苦戦。指示ダナの範囲を探ってもアタらないと、「オモリを底まで落としてから、上へ探って…」という指示が出た。

オニカサゴ釣り編。船がどんどん流される状況では水深も変わる

フラッシャーサビキが終わったら、いよいよ本命のオニカサゴ狙い。釣り方の基本を示したのが、上のイラストだ。
まずオモリを着底させる。着底したら即座に糸フケを取り、仕掛けの長さの半分ぐらいオモリを上げた位置でアタリを待つ。2本バリ仕掛けの場合、このタナ設定では上バリが海底付近を漂い、誘い上げると下バリが海底付近にくるのだ。
船がどんどん流される状況では、水深もどんどん変わっていくこともある。そのため、頻繁にタナを取り直して、前述したタナをキープするようにしよう。
アタリは「コツ、コツ」とか「グン、グン」と竿先がお辞儀するのでわかるだろう。ひと呼吸おいてから、竿をしっかりと立ててアワせる。ハリ掛かりを確認したら電動で巻き上げる。巻き上げ中はラインを弛ませないように。海面まで巻き上げたら、タモで取り込んでもらおう。

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

関東でいち早く解禁し、開幕ラッシュを決めた飯岡沖のヒラメが、3ヵ月が経とうとしている現在も好調をキープ! ほぼ船中ボウズなしで帰港する日が続いている。


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


脂ノリノリの金ピカアジばっかり! 東京湾のアジの釣り方(こなや丸)

脂ノリノリの金ピカアジばっかり! 東京湾のアジの釣り方(こなや丸)

東京湾のLTアジはここ最近、不調という話を聞かない。水温が低下する2~3月でさえ浅場で食いが続き、いまや年中絶好調な釣りと言えるだろう。LTといえどもサイズが良く、脂の乗りはバッチリで、最も人気の高い釣りと言っても過言ではないだろう。


中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

秋のマダイ釣りは、中小型の数釣りが楽しめるシーズン。外房・大原沖のひとつテンヤマダイも8月に入ると水深10〜20mの浅場で中小型主体に数釣れる日が多くなっている。そして、それに大ダイ、中ダイがまじっているのだ。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読