MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツの聖地・カンネコ根開幕! 今期も数釣り期待大(浜茄子丸)

アカムツの聖地・カンネコ根開幕! 今期も数釣り期待大(浜茄子丸)

お待たせしました! 今期も昨今のアカムツブームを牽引する波崎沖のカンネコ根が開幕。初日から数釣りできた船もあり、まずまずのスタートを切った。

ゼロテンションからのソフトなリフト&フォールで仕留めよう!

利根川河口の真沖にあるカンネコ根。この日も波崎はもちろん、外川、飯岡の船で賑わっていた

巻き上げ時、中層と表層付近で派手に暴れるアカムツ。本命かどうかは、ここで判断できる

アカムツは、ただでさえ美味しい魚だが、産卵を前にカンネコ根に乗っ込んできた今の個体は、さらに脂ノリノリ。刺身で食べると白身の大トロと言われる所以がわかるハズだ

サイズは大小まじりも群れは濃い

アカムツは口周りが弱い。取り込みは、タモのサポートをお願いして、掬ってもらおう

本命アカムツ。丸々していて美味しそうだ

貴重な一匹を釣り上げた

この日のアベレージは30㎝弱だったが、40㎝オーバーが続出する日もあるとのこと

「どのポイントにも魚がいて群れは濃い感じなので、今後も期待できますよ」

刺身に煮付けでも美味しいね

釣果に大満足だ

ゲストも多彩でクーラーが賑やかに!

こちらはアラ

マゾイもまじる

一級ポイントのカンネコ根。この他にムシガレイやドンコ、ユメカサゴなどがまじる

タックルは「軟らかめのアマダイタックルをイメージすると良い」と大船長

仕掛けは市販のアカムツ用でOK

エサはホタルイカとサバタンの抱き合わせが一般的

素早い仕掛け落下も効果的。キーバーの機能などを使って素早く落とそう

濁り潮などでは水中ライトが威力を発揮するも、サバが多い時は、アクセサリーを含め外すこと

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「浜茄子丸」。

「ウチもトップ9匹でボウズなし。この様子なら、今期も楽しめそうだよね」とニッコリ顔で語ったのが、この釣りをブームに乗せた重鎮のひとり・波崎港「浜茄子丸」の堀田正巳大船長だ。
当地の特徴は、なんといってもLTで楽しめること。攻める水深が100〜150mと他のエリアより圧倒的に浅いので、誘って食わすことが可能。つまりゲーム性が増して、より楽しく釣ることができるのだ。
ちなみにタックルは、道糸がPE3号。オモリ120号を使用するので、それが背負える先調子ロッドを船長は推奨している。
「誘って食わせると言っても、派手にシャクリあげて仕掛けを動かすのはタブーだからね。アカムツはゆっくり落ちてくるエサを捕食するので、優しく行うようにして」とのこと。
具体的には、スローのリフト&フォール。ゆっくり竿先を上げ、優しく戻してエサを落とし込む。
「仕掛け投入後、オモリが海底に着いたら、すかさず糸フケを取って、ゼロテンションを保ち、エサ落ちを待つのも効果的だよ」と話す、若船長の浩靖さん。
さっそく試して、激うまのアカムツを思う存分、釣りましょう!!

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読