アカムツの聖地・カンネコ根開幕! 今期も数釣り期待大(浜茄子丸)

アカムツの聖地・カンネコ根開幕! 今期も数釣り期待大(浜茄子丸)

お待たせしました! 今期も昨今のアカムツブームを牽引する波崎沖のカンネコ根が開幕。初日から数釣りできた船もあり、まずまずのスタートを切った。


ゼロテンションからのソフトなリフト&フォールで仕留めよう!

利根川河口の真沖にあるカンネコ根。この日も波崎はもちろん、外川、飯岡の船で賑わっていた

巻き上げ時、中層と表層付近で派手に暴れるアカムツ。本命かどうかは、ここで判断できる

アカムツは、ただでさえ美味しい魚だが、産卵を前にカンネコ根に乗っ込んできた今の個体は、さらに脂ノリノリ。刺身で食べると白身の大トロと言われる所以がわかるハズだ

サイズは大小まじりも群れは濃い

アカムツは口周りが弱い。取り込みは、タモのサポートをお願いして、掬ってもらおう

本命アカムツ。丸々していて美味しそうだ

貴重な一匹を釣り上げた

この日のアベレージは30㎝弱だったが、40㎝オーバーが続出する日もあるとのこと

「どのポイントにも魚がいて群れは濃い感じなので、今後も期待できますよ」

刺身に煮付けでも美味しいね

釣果に大満足だ

ゲストも多彩でクーラーが賑やかに!

こちらはアラ

マゾイもまじる

一級ポイントのカンネコ根。この他にムシガレイやドンコ、ユメカサゴなどがまじる

タックルは「軟らかめのアマダイタックルをイメージすると良い」と大船長

仕掛けは市販のアカムツ用でOK

エサはホタルイカとサバタンの抱き合わせが一般的

素早い仕掛け落下も効果的。キーバーの機能などを使って素早く落とそう

濁り潮などでは水中ライトが威力を発揮するも、サバが多い時は、アクセサリーを含め外すこと

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「浜茄子丸」。

「ウチもトップ9匹でボウズなし。この様子なら、今期も楽しめそうだよね」とニッコリ顔で語ったのが、この釣りをブームに乗せた重鎮のひとり・波崎港「浜茄子丸」の堀田正巳大船長だ。
当地の特徴は、なんといってもLTで楽しめること。攻める水深が100〜150mと他のエリアより圧倒的に浅いので、誘って食わすことが可能。つまりゲーム性が増して、より楽しく釣ることができるのだ。
ちなみにタックルは、道糸がPE3号。オモリ120号を使用するので、それが背負える先調子ロッドを船長は推奨している。
「誘って食わせると言っても、派手にシャクリあげて仕掛けを動かすのはタブーだからね。アカムツはゆっくり落ちてくるエサを捕食するので、優しく行うようにして」とのこと。
具体的には、スローのリフト&フォール。ゆっくり竿先を上げ、優しく戻してエサを落とし込む。
「仕掛け投入後、オモリが海底に着いたら、すかさず糸フケを取って、ゼロテンションを保ち、エサ落ちを待つのも効果的だよ」と話す、若船長の浩靖さん。
さっそく試して、激うまのアカムツを思う存分、釣りましょう!!

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

水深250mの海底に仕掛けが届いた途端、「食った!」「こっちも来たぞ!」糸フケを取る間もなく深海竿を叩く派手なアタリにあちこちから声が上がる。


小さなアタリも大きくでるので釣果アップ! LTアカムツ(東洋丸)

小さなアタリも大きくでるので釣果アップ! LTアカムツ(東洋丸)

今期もまずまずのすべりだしの波崎沖カンネコ根のアカムツ。開幕当初は、小さい個体が多く、これからどうなってしまうのだろう!?と心配されたが、8月になって30㎝オーバーはもちろん、40㎝前後の良型が頻繁に顔をみせるようになり、9月10月の最盛期間近の様相だ。


ウルトラスーパー激アツ! 犬吠埼デカキハダ&カツオ(波崎・信栄丸)

ウルトラスーパー激アツ! 犬吠埼デカキハダ&カツオ(波崎・信栄丸)

いま、犬吠埼沖のキハダ(キメジ)&カツオがウルトラスーパー激アツだ。とくにキハダ! 波崎港「信栄丸」では、なんと18〜31㎏が船中12本!! という日もあったほど。


サイズが良く今年も楽しめそう! 鹿島沖のテンヤマゴチ(清栄丸)

サイズが良く今年も楽しめそう! 鹿島沖のテンヤマゴチ(清栄丸)

6月に鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。ひとつテンヤのタックルで楽しめ、釣趣も食味も上々だ。型が良く、50㎝~60㎝級が多い。テンヤにセットするワームは、オレンジ系の4インチが定番。


激アツ激うまアカムツのシーズン開幕! 仕掛け&釣り方(仁徳丸)

激アツ激うまアカムツのシーズン開幕! 仕掛け&釣り方(仁徳丸)

波崎沖から北東へ約9マイルに位置するカンネコ根。南北に広がる泥場まじりの広大な岩礁帯で水深は100m〜150mだ。ここに6月から10月にかけて乗っ込みのアカムツが深場から大挙して回遊してくる。これを狙うので波崎沖のアカムツ釣りは夏〜秋がシーズンなのだ。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読