MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏が旬のアジ、暑いうちは味もいいのだ!【東京湾】

夏が旬のアジ、暑いうちは味もいいのだ!【東京湾】

夏場に脂が乗って旨くなる魚は意外と多い。グルメを唸らす東京湾の絶品アジも梅雨明け頃から脂が乗り出し、今が一年でも一番旨い季節だ。猛暑続きの中、暑さにめげず激旨アジを求めて釣行。横浜・金沢漁港の「鴨下丸」にお世話になった。

「中っぱ」と呼ばれる25㎝前後のアジは、幅広で金色に輝き、見るからに旨そうだ

港前から観音崎など、湾内のアジポイントを広く探って釣果を伸ばしている。

脂が乗って丸々太った東京湾のアジ。刺身にタタキ、塩焼き、アジフライもいい。

35㎝を超える大アジもまじった。

夏が旬のアジ、残暑が続き、その旨さも継続中!

まじりで大きなイシモチが。今後トロサバも狙うというこで、それも楽しみ。

残暑に負けず、おいしいアジを釣りに行こう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「鴨下丸」。

残暑に負けじと東京湾のアジが釣れている。夏が旬のアジ、暑いうちは味もいいのだ!
釣り物メニュー豊富な横浜金沢漁港の「鴨下丸」でもアジ乗合は看板のひとつで、港前から観音崎沖の激旨アジをメインに狙っている。
「中っぱ」と呼ばれる25㎝前後のアジは、幅広で金色に輝き見るからに旨そうだ。ただ潮の速い日には同エリアは釣りにならないこともある。そんな日には1時間ほど走って富浦沖へと遠征することも。こちらでは35㎝以上の大アジの数釣りに期待だ。
「このところトップで20〜30匹前後で、まあ特に良いってわけでもないけど、そう悪くもないですよ。いい日には70匹台の釣果もありますから、今後には期待出来ますね」とは当日アジ船を担当した鈴木祐司船長。
このアジに加え、これからは真沖のトロサバも狙うとのことで、食べる魅力はさらにアップだ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
最新記事
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読