MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏が旬のアジ、暑いうちは味もいいのだ!【東京湾】

夏が旬のアジ、暑いうちは味もいいのだ!【東京湾】

夏場に脂が乗って旨くなる魚は意外と多い。グルメを唸らす東京湾の絶品アジも梅雨明け頃から脂が乗り出し、今が一年でも一番旨い季節だ。猛暑続きの中、暑さにめげず激旨アジを求めて釣行。横浜・金沢漁港の「鴨下丸」にお世話になった。

「中っぱ」と呼ばれる25㎝前後のアジは、幅広で金色に輝き、見るからに旨そうだ

港前から観音崎など、湾内のアジポイントを広く探って釣果を伸ばしている。

脂が乗って丸々太った東京湾のアジ。刺身にタタキ、塩焼き、アジフライもいい。

35㎝を超える大アジもまじった。

夏が旬のアジ、残暑が続き、その旨さも継続中!

まじりで大きなイシモチが。今後トロサバも狙うというこで、それも楽しみ。

残暑に負けず、おいしいアジを釣りに行こう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「鴨下丸」。

残暑に負けじと東京湾のアジが釣れている。夏が旬のアジ、暑いうちは味もいいのだ!
釣り物メニュー豊富な横浜金沢漁港の「鴨下丸」でもアジ乗合は看板のひとつで、港前から観音崎沖の激旨アジをメインに狙っている。
「中っぱ」と呼ばれる25㎝前後のアジは、幅広で金色に輝き見るからに旨そうだ。ただ潮の速い日には同エリアは釣りにならないこともある。そんな日には1時間ほど走って富浦沖へと遠征することも。こちらでは35㎝以上の大アジの数釣りに期待だ。
「このところトップで20〜30匹前後で、まあ特に良いってわけでもないけど、そう悪くもないですよ。いい日には70匹台の釣果もありますから、今後には期待出来ますね」とは当日アジ船を担当した鈴木祐司船長。
このアジに加え、これからは真沖のトロサバも狙うとのことで、食べる魅力はさらにアップだ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
東京湾・湾フグの老舗船宿「野毛屋」では、高級魚トラフグ+浅場で手軽にショウサイフグという、かなりゼイタクな釣りを展開中!このチャンスにぜひ両狙いを楽しんでみてはいかがだろう。
最新記事
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
高性能でありながらコストパフォーマンスが高いPEライン 「UVFソルティガデュラセンサー8+Si2」
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読