サイズが良く今年も楽しめそう! 鹿島沖のテンヤマゴチ(清栄丸)

サイズが良く今年も楽しめそう! 鹿島沖のテンヤマゴチ(清栄丸)

6月に鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。ひとつテンヤのタックルで楽しめ、釣趣も食味も上々だ。型が良く、50㎝~60㎝級が多い。テンヤにセットするワームは、オレンジ系の4インチが定番。


釣趣も食味も抜群! 暑さ対策をして海底に潜むマゴチを誘いだそう

当日は港を出て北側の水深5~10mを狙った

ひとつテンヤタックルで狙える

取り込みはタモで!

まずは1本!

釣れると、嬉しいですね!

良型ゲットだ!

60cmに迫るグッドサイズが揃うのが魅力

マゴチは刺身に天ぷらでも美味しいね

少し小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズだ

これが鹿島沖のマゴチだよ!

本命ゲットに思わず笑顔に…

鹿島沖のマゴチは7月いっぱいまでは狙えそうだ!

「テンヤ+ワーム」の組み合わせで狙う

当日はオレンジカラーのワームがよくアタった!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島旧港「清栄丸」。

鹿島旧港「清栄丸」の小田桐英仁船長に釣り方を聞くと、「テンヤは底を引きずるイメージで、時々止めて、食わせるタイミングを入れてください。重さは30gくらい、初心者は40gもいい。マゴチは口が硬いので、しっかりアワせることが大切です」とのこと。
場所は鹿島港の北、南だが、現在は北が良いという。釣り場の水深はサーフが目の前の5~10m。深くても15mまで。取材日は朝の水温が16度と低く、後半に20度まで上昇したが、トップは4本で平均1~2本と若干苦戦したが、それだけマゴチが海に残っているだろう。最大は65㎝のマゴチで迫力十分。
「マゴチは澄み潮が好きで、晴れた日がチャンスです。夏の魚なので水温が20度以上ある時がいい。今年も7月いっぱいまでは続きそうです。期間限定なので早めに来てください」と今後の期待は十分。
「照りゴチ」、「夏フグ」と呼ばれるマゴチのお勧め料理は刺身、塩、コショウを効かせたバター焼き、頭と中骨もいい出汁が出るという。
さあ、暑さ対策をして、海底に潜むマゴチを誘い出そう。

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


テクニカルで激アツ! 東京湾の照りゴチが今絶好調だ!(だてまき丸)

テクニカルで激アツ! 東京湾の照りゴチが今絶好調だ!(だてまき丸)

東京湾のマゴチが元気いっぱい! 連日トップ10本前後、サイズも60㎝オーバーが飛び出すなど絶好調だ。


食い活発な照りマゴチシーズン! 仕掛け&タナの取り方(だてまき丸)

食い活発な照りマゴチシーズン! 仕掛け&タナの取り方(だてまき丸)

3月ごろに開幕し今シーズンも好調に釣れ続いている東京湾のマゴチ。新子安恵比須橋の「だてまき丸」は、このマゴチを宿の看板とし一年の多くの時間をかけて狙い続けている。 ただ、「照りゴチ釣り」という言葉もある通り、マゴチは本来夏の釣り物とされてきた。今回も夏の釣り物の代表として「だてまき丸」のマゴチを取材した。


平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

水深250mの海底に仕掛けが届いた途端、「食った!」「こっちも来たぞ!」糸フケを取る間もなく深海竿を叩く派手なアタリにあちこちから声が上がる。


まだまだ続く! 東京湾のマゴチは年内いっぱい狙える!(だてまき丸)

まだまだ続く! 東京湾のマゴチは年内いっぱい狙える!(だてまき丸)

東京湾、江戸前ターゲットのなかでも、独特の釣趣があるマゴチ釣りが最盛期を迎えた。


小さなアタリも大きくでるので釣果アップ! LTアカムツ(東洋丸)

小さなアタリも大きくでるので釣果アップ! LTアカムツ(東洋丸)

今期もまずまずのすべりだしの波崎沖カンネコ根のアカムツ。開幕当初は、小さい個体が多く、これからどうなってしまうのだろう!?と心配されたが、8月になって30㎝オーバーはもちろん、40㎝前後の良型が頻繁に顔をみせるようになり、9月10月の最盛期間近の様相だ。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読