MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
意外と簡単に釣れちゃう? ヒラマサ&大ダイのカモシ釣り(太平丸)

意外と簡単に釣れちゃう? ヒラマサ&大ダイのカモシ釣り(太平丸)

外房、御宿沖の「三本松」はマダイ、ヒラマサの好漁場。今期は特にヒラマサが好調で、御宿岩和田港の「太平丸」は伝統のカモシ釣りで狙い、4~5㎏級を中心に数多くのヒラマサが仕留められている。

今のうちにカモシ釣りに入門! 秋にはぜひ大マサに挑戦してほしい

コマセは海水で溶いたサンマミンチ。専用の注入器でカモシ袋に詰め込む

カモシ釣りは外房伝統釣法。大物狙いのコマセ釣りだ。サンマミンチコマセをまくために、大きく振り上げた竿を海面にたたきつけるようにストンと下ろす。拡散したサンマの匂いがヒラマサや大ダイを誘う!

ヒラマサはその時釣れ上がっているサイズがすべてではない。群れの中には大型もいて、時折強い引きでハリスをぶっちぎってゆくヤツもいる

意外? とカンタンにヒラマサが釣れちゃうカモシ釣り。ぜひ挑戦を!

取材当日は1本だけだったが、本命ヒラマサが上がった。今シーズンはコンスタントに上がっているヒラマサだが、夏場は一休みして、秋は超大型が狙えるようになる

マダイは黒くサビた乗っ込みの個体が釣れている。大型の期待も十分!

これから夏場はマダイがメインになる。カモシ釣りでは大型の確率が高く、5kgオーバーも食ってくる。大ダイの引きはヒラマサとひと味ちがう力強い引きだ

マダイは0〜4枚でお土産に

この日はマダイが好調。コンスタントに食ってきた

付けエサはサンマのブツ切り

ブツ切りを開いて、皮を内側にしてハリに刺す

ヒラマサ狙いではイカの1匹掛けも有効

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「太平丸」。

ヒラマサは素人目にはブリやワラサと見分けが付かないほど酷似しているが、引きの強さは1ランクも2ランクも上。そのヒラマサの疾走力をかわし釣り上げるために進化した道具がカモシ仕掛けだ。
一見すると複雑でとっつきにくく感じるかもしれないが、道糸がナイロン、テンビンは遊動式でコマセカゴがカモシ袋に代わっているだけ、と考えると普通のコマセ釣りと変わりはない。「太平丸」では道糸はPEラインでもOKだし、テンビン周りのレンタルもあるから、カモシ入門におすすめだ。
「夏になると一時ヒラマサの群れは抜けちゃうけど、マダイは真夏でも釣れますよ。そして秋にはまたヒラマサが釣れ始めます」と話す、大野利広船長。
カモシ釣りで釣れるマダイは良型ばかり、また秋のヒラマサは超大型の回遊も多く20~30㎏が釣れ盛る年もある。そんなヒラマサがコマセ釣りで狙え、釣れちゃうのがカモシ釣りだ。
今のうちに入門し、中型ヒラマサや大型マダイを釣っておき、秋には是非大マサに挑戦してみていただきたい!

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読