「メダイ」の寿司…口に放り込むとうま味豊かで何かんでもイケそう

「メダイ」の寿司…口に放り込むとうま味豊かで何かんでもイケそう

都心での打ち合わせがとても多い今日この頃だ。日本橋を歩いているとき、いつも携帯している温度計を見ると四十度超えだった。お昼ご飯を食べながらもついついビール、喫茶店に入ってもビールで、しまいには体調不良で苦しむことに。久しぶりの自宅酒は熱燗にした。肴はメダイのあらの潮汁。吹き出る汗が意外にも気持ちいい。


ほどよい甘さがあって、脂がのっていてコクもある。すし飯との馴染みが良く、一かんのすしとしての完成度がとても高い

夏真っ盛りだというのに、自宅と都心を往復するだけの日々を送っている。都心で会う仕事仲間も八王子の市場人も、日焼けして真っ黒黒になっているのに、我ひとり蚊帳の外で悲しいし、寂しい夏なのだ。
仕事に追われて、ぼんやりしていたら、アルバイトの美女子が来て、

「海に行ってきました」

海辺で撮影した美女子五人の楽しそうな写真を見せてくれて、

「お中元です。元気出してね♥」

「元気になった、かもね」

確かに若い女子の大胆な水着姿は大好きだけれど、この年になるとこんなことでは元気にならない。
暗い日々の最中、久しぶりに『市場寿司』でお茶を飲んでいたら、真っ黒な陰が後ろに立っていた。

「あれ、食べてくれました」

その真っ黒い影は市場の釣り名人(?)、殿様であった。

「あれって何?」

「なんだっけ」

笑いながらたかさんが「あれ」をつけて、目の前に置いた。

「メダイだよ」

相模湾は熱海沖で、エサはホタルイカだったと言う。

「とにかくサバが多くて。アタリは二回あったんすけど、最初はいきなりぎゅーんと持ってかれて、バラシでした。太いハリス切るくらいだからきっと、これくらい(両手を広げて)だったかなと思うんです」

二回目に来たのが、目の前にある「あれ」らしい。

「こいつ魚触れないだろ。だからクーラーにサバとメダイが一緒くたになって入ってて、中はネバヌル」

とてもそのままでは握りにならないだろうと、下ろしてみたら、思った以上に味がよく、血合いもきれいだったとのこと。それで今日は生で、明日は昆布締めで出すという。
期待しないで口に放り込んだら、本当にうまい。ほどよい甘さがあって、脂がのっていてこくもある。すし飯との馴染みがよく、一かんのすしとしての完成度がとても高い。

「おいしい!夏のメダイがこんなにうまいなんて、大発見かも」

でも相模湾にはマグロも回ってきているらしいし、まだイサキもいいのになぜにメダイなのだろう?

「ボクたちいつも仕立てなんですけど、Aさんが言うには夏はヌルヌル、ネトネトするのがいいって」

Aさんは殿様の親戚で定年退職して釣り三昧の日々。殿様に釣りを教えたのも、殿様が触れない魚を外すのを手伝うのもAさんらしい。
食べ物のヌルヌルネトネトは納豆、オクラにモロヘイヤで、元気が出そうだけど、ヌルヌルネトネトを釣ったから元気になるものか?
さて、翌日の昆布締めのうまさも、文字に表せないくらいだった。ほんのり飴色のネタにすだちをたらして口に放り込むと、うま味豊かで爽やかで何かんでもイケそう。

「たかさん、夏のメダイいいね」

「そうだね。二キロ前後だからそんなに大きくないけど、脂がのっていたし、うま味も強いし。もっと大事に持って帰っていたら、何日か生のままでつけられたかも知れないね」

翌週も殿様がメダイを釣ってきた。いつものように触れないし、下ろせないのでたかさんに丸投げして、真っ黒な顔ですしをつまんでいた。色白でもち肌なので殿様というあだ名なのに、これでは足軽だ。
続いてAさんもやって来た。

「Aさん、なぜ夏はネバネバネトネトを釣るんですか?」

「流行に乗るのが嫌いなんです。真夏のメダイ釣りもいいもんですよ」

Aさんは体をクネクネさせて話し、また体をクネクネさせボクの方を見てネバネバと笑った。

「夏にヌルヌルネトネトもいいですね」(キモワルで冷や汗たらり)

メダイ(スズキ目イボダイ科メダイ属)

北海道〜九州までの日本各地、東シナ海、少ないが瀬戸内海にも生息する。朝鮮半島やハワイ諸島にもいるが、やはり日本列島周辺の温帯域に多い。
体長80㎝を超える大型魚でイボダイの仲間なので幼魚は流れ藻につく。体表から大量の粘液を出し、産卵期は冬。肉食性でエビやイカ、ハダカイワシなどを捕食する。
関東では標準和名のメダイのほかに「だるま」と呼ぶ人も少なくない。これは張り子などで作られているいわゆる達磨ではなく、「樽目(たるめ、目が樽のように丸く大きい)」が変化したものだと思っている。実際に熊本県では「たるめ」、高知県では「たろめ」と呼ぶ。標準和名のメダイも「目鯛」で目が大きいためについた。
メダイは東日本で好まれていて人気が高く、近畿地方では人気がない。関東の市場では2㎏以上の人気が高く、値段も高い。1㎏代までは1㎏あたり卸値1000円前後しかしないが、2㎏を超えると2倍以上はする。卸値で平均1㎏あたり2000円として2㎏1尾で卸値4000円は間違いなく高級魚だ。メダイは引きがよく釣ってよし、食べてよし、値段もよしの三拍子が揃った魚なのだ。取り込みは慎重に。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


メダイ 寿司 グルメ

関連する投稿


「コガネスズメダイ」の寿司…ねっとりとして脂からくる甘味が強い

「コガネスズメダイ」の寿司…ねっとりとして脂からくる甘味が強い

たかさんが「プールサイ…♪」なんて鼻歌を口ずさむ。「夏が来りゃ」か、いつの間にやら本格的な夏が来てしまった。取り残された気分で、若くてきれいな編集者に「ボク寂しい」って言ったら、「もうお歳なんですから寂しいのにもなれてください」と言われた。夕暮れ時に一人寂しく、コガネスズメの塩漬けを焼いて酒をあおる。


「カサゴ」の寿司…うま味のなかに、甘味が少しだけプラスされている

「カサゴ」の寿司…うま味のなかに、甘味が少しだけプラスされている

市場にぽつんと紫陽花が生えている。そこにでんでん虫が一匹いた。「きっと誰かが連れて来たんだ」と優しいたかさんがお隣の公園に逃がしてやった。「きっとお礼に来るよ」と言ったら、本当に寝ている部屋にでんでん虫が五万匹くらいやって来たらしい。「来て欲しくねー」。蒸し暑い夕方、カサゴのあら煮で、泡盛のロックをクイクイ。


「マコガレイ」の寿司…舌に触れた途端に甘味が味蕾を激しく刺激する

「マコガレイ」の寿司…舌に触れた途端に甘味が味蕾を激しく刺激する

たかさんは、最近ますます「つり丸」に登場する若い女性釣り師に夢中だ。「日焼けは大丈夫なのかな」とか、どことなくお父さん目線でもある。それなら一緒に釣りに行けば、というと、船がまるでダメなので「見送りに行きたい」と言い始めた。意外に一途なのかも。雨上がりの夕方、マコガレイの塩焼きを肴に泡盛のソーダ割り。


早朝出船で帰りも楽々! 勝浦沖のFサビキ&スルメイカ(勝丸)

早朝出船で帰りも楽々! 勝浦沖のFサビキ&スルメイカ(勝丸)

夏の風物詩・スルメイカが外房エリアでも好調な乗りを見せ始めている。今回お世話になった、勝浦港「勝丸」では、早朝はフラッシャーサビキでアジ、サバ主体のお土産釣りを楽しませてくれる。


五目釣りに青物がまじるイメージだから高級お土産いっぱい(博栄丸)

五目釣りに青物がまじるイメージだから高級お土産いっぱい(博栄丸)

御前崎沖航程約1時間半弱の場所にある、漁に出て“金になる”ほど魚が豊富であることからそう呼ばれるようになったといわれる「金洲」。ここは毎年4月1日に解禁を迎え、四季折々様々な魚たちが我々釣り人を迎えてくれる。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読