MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キハダ・カツオは「コマセ釣り」新群れ入れば期待大だ!(たいぞう丸)

キハダ・カツオは「コマセ釣り」新群れ入れば期待大だ!(たいぞう丸)

「今年は昨年とは比べものにならないほど難しいです」と話すのは、相模湾イチこのキハダ・カツオに熱い船長といっても過言ではない、葉山あぶずり港「たいぞう丸」山本真一郎船長。

どんどん釣法が進化してますます面白い! 最先端の釣りを味わおう

船内は満員御礼だ!

ズギューンと突っ走る疾走系弾丸ファイトが最高!

ネットに入るまで油断はできない

清水希香さんは6㎏級の丸々と太ったキメジをキャッチ!

永井名人もキメジを釣り上げた

このキメジはジギングで。今年はジギングやエビングにもよくヒットしている

貴重な一本に思わず笑顔が…

今期「たいぞう丸」で取り込まれたデカキハダ!

今年も激アツだ(船長デジカメより)

清水さんはカツオの良型も!

このツヤを見て! 美味しそうだね〜

釣る人は釣る! この釣りは「コマセ釣り」。マダイのコマセ釣りと基本は同じだ

ついにデカキハダのアタリが! 200m以上走ってハリス切れ…飲まれていた

その代わりカツオはしっかりゲット!

ドラグ調整もしっかりとしておこう

コマセはひとつかみでOK

付けエサは1匹または2匹掛け

今回、取材にご協力いただいたのは、葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

すでにご存じの方も多いと思うが、今年のキハダ・カツオはひと筋縄ではいかないのだ。だが、釣る人は釣っている。その違いを山本船長に聞いてみると
「この釣りは〝コマセ釣り〟。コマセマダイと同じです。コマセ釣りの基本がしっかりとできていないと、今年はなかなか釣れないかもしれません」
実際、コマセマダイ名人の永井裕策さんと弟子の清水希香さんは、次々とカツオやキメジを釣っていく。タナ取り、コマセワーク、誘いなど、総合的な技術が要求されるのだ。
昨年のように「落とせば食う」わけではない今年の相模湾。いざ出撃だ!

以上の記事は「つり丸」2014年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読