沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ムロアジ&サバで釣る大物! 泳がせ釣りカンパチ絶好機!(龍正丸)

ムロアジ&サバで釣る大物! 泳がせ釣りカンパチ絶好機!(龍正丸)

大物釣りの聖地、銭洲が秋のカンパチシーズンを迎えている。太平洋上に突出する銭洲岩礁周辺の浅場にはチビムロと呼ばれる小型のムロアジが大集結中だ。今期は小型ではなく25㎝前後の中型のムロアジが多く回遊しており、それがメインのベイトになっているようだ。


銭州のカンパチはエサ釣りが大事。ムロアジを上手に釣る人は結果カンパチも釣る!

ネープルスからちょっと離れたところに位置する大ダルマと小ダルマ。大型カンパチとヒラマサの実績ポイント

さまざま顔をみせてくれる銭洲だが、晩夏はおだなかな日が多い。海のなかはにぎやか

「チビムロカンパチタックルは、年々ライト化してるよ。PEは6号。リールはシマノのオシアジガーの3000番を使ってるよ。チビムロの泳がせはアタリが出てから食わせるまでのプロセスが楽しいね。タチウオ釣りみたいだよ」と村上さん

岩礁際で良型カンパチがヒット。浅瀬に群れるムロアジを狙ってカンパチたちが回遊しているからだ

おなじみ大物釣りのカリスマ、村上裕二さん。この日は小ぶりながらもダントツ5本のカンパチをキャッチして竿頭。なかなか食い込まないムロアジを食わせるテクニックはさすがだ

相田美鶴さんは、「龍正丸」の常連。慣れた手つきでスタンディングファイト! この日も竿頭

ネットにおさまるまで油断はできない

秋の銭洲は誘いがカギ。誘い続けて釣果アップを狙え!

2本目も本命ゲットだ!

食べごろサイズのカンパチが狙って釣れるのがいま!

銭洲で泳がせ釣りに気軽にチャレンジ!

五目釣りでイカタンにヒットした7.6㎏のカンパチ。ハリス10号で大金星だ

エサが暴れてもなかなか食い込まないのは、この大きさのカンパチが群れているからだろう

ネープルスの西側のポイントは、根がザクザク。根掛かり要注意!

貫禄のあるカンパチがそろう

エサ釣りは大切ですよ

ムロアジ釣り専用サビキを必ず用意しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田「龍正丸」。

「今年の銭洲は水温が低くて6月まではぱっとしなくてね。7月半ば過ぎから水温が安定したのがきっかけでムロアジがよく釣れるようになった。釣らないでストックされてた分、カンパチの群れは濃く、連日10㎏前後がよく釣れてました。8月になってからは、チビムロ、中ムロかな!? が釣れるようになって、2〜5㎏前後のカンパチが安定して釣れてるよ」
8月中は台風を除き、出船すれば絶好調という銭洲のカンパチ。9月になれば、さらに釣果が安定するという。
「銭洲のカンパチは、エサ釣りが大事です。エサのムロアジを上手に釣る人が結果としてカンパチあげますね。だから、誰にでも釣るチャンスがありますよ」と話す、遠征船の老舗、下田「龍正丸」の鈴木豊船長。
ムロアジはカンパチの大好物。まさに、エサが沸く秋はマッチザベイトのカンパチ釣りの絶好機。相模湾でブレイクしているキハダのタックルをそのまま流用できるので、ぜひ、この機会に大物の聖地銭洲のカンパチ釣りに挑戦してみてはいかがだろう。

泳がせ釣りタックルをご紹介。生きエサはできるだけ元気なものを

エサのムロアジが元気であることが大事。元気であればあるほど、よく泳ぐことでアピールになるし、魚の暴れ=魚信として釣り手に伝わることとなる。
生きエサは、一投一匹が基本。カンパチ釣りでは、ベストエサは、使用していない元気なエサであることを肝に銘じておこう。

チビムロカンパチ釣り。いきなり電撃アワセをしないのがコツだ!

超一級ポイントの銭洲でも常時カンパチが釣れるわけではない。時合いがある。
その時合いの見極めが難しいのだが、泳がせ釣り開始の第1投目は、時合いであることが多い。ヒット率が高いので、万全の対策をしてベストエサを泳がせよう。朝いちに1本キャッチできれば、気分も楽になりさらに追釣できるようになるハズだ。
銭洲や伊豆諸島でのカンパチの釣り方は、ほぼ同じ。近年は、底から最低でも10mの間をマメに探りながら、カンパチを掛けるというのが主流だ。
誘い方は、1mを1〜2秒の速さで巻き上げるというもの。1〜2mおきにストップを入れてもよいし、そのまま巻き続けてもよい。ルアーフィッシングと同じように、エサをカンパチにアピールさせながら、活性の高い個体にエサを食わすというもの。
誘い動作中、魚が暴れたらそれが魚信だ。そこで、静かに待ってカンパチがエサを食い込むのを待つ。その際、早アワセは禁物。完全にグイグイと引きこまれたら、聞きあげるように竿を立て、反発で食い込まれたらアワセを入れよう。
いきなり電撃アワセをしない! これがコツだ。

以上の記事は「つり丸」2014年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

今期の銭洲は空前のカンパチラッシュでにぎわっているが、相手は魚、潮の流れ方や水温によって日ムラは否めないのも確かだ。しかし、この秘境にいけば、必ずといっていいほど、高級魚が釣れる。大物釣りの聖地を呼ばれる所以はここにある。


ジギング&エサ釣りで狙う! 焼津沖の夜〜早朝タチウオ(貴政丸)

ジギング&エサ釣りで狙う! 焼津沖の夜〜早朝タチウオ(貴政丸)

焼津沖のタチウオが大型まじりで好調だ。「連日1㎏オーバーの大型がヒットしています。このところはルアーのほうがいい釣果が出ていますよ!」という焼津港「貴政丸」の塚田貴政・若船長。


こだわり船長が穴場ポイントを案内するヒラメ釣りに行こう(龍神丸)

こだわり船長が穴場ポイントを案内するヒラメ釣りに行こう(龍神丸)

11月以降の関東東海エリアのヒラメ釣りのイメージは、どうしても本場の茨城や千葉の太平洋側に偏ってしまう。そんななか注目したいのが、なんと駿河湾の由比沖周辺。駿河湾全域の浅場には、ヒラメは多く生息するが、専門に狙う遊漁船は少ない。


条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

由比漁港から航程10分ほどの港目前が、200m以深に落ち込むドン深の海でのアカムツ釣り。最初は6月に挑んだものの、時期尚早だったようで全員玉砕となった。


最新の投稿


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

仙台湾の秋を代表する釣り物といえばヒラメ。初夏のシーズンインから初冬まで続き、秋が最盛期となる。特に南部の亘理沖はヒラメのポイントが水深20〜50mのラインに広がり、ベイト豊富で魚影は抜群。塩釜や名取閖上の釣り船も、ヒラメ釣りには亘理まで走ってくることもある。


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読