沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ムロアジ&サバで釣る大物! 泳がせ釣りカンパチ絶好機!(龍正丸)

ムロアジ&サバで釣る大物! 泳がせ釣りカンパチ絶好機!(龍正丸)

大物釣りの聖地、銭洲が秋のカンパチシーズンを迎えている。太平洋上に突出する銭洲岩礁周辺の浅場にはチビムロと呼ばれる小型のムロアジが大集結中だ。今期は小型ではなく25㎝前後の中型のムロアジが多く回遊しており、それがメインのベイトになっているようだ。


銭州のカンパチはエサ釣りが大事。ムロアジを上手に釣る人は結果カンパチも釣る!

ネープルスからちょっと離れたところに位置する大ダルマと小ダルマ。大型カンパチとヒラマサの実績ポイント

さまざま顔をみせてくれる銭洲だが、晩夏はおだなかな日が多い。海のなかはにぎやか

「チビムロカンパチタックルは、年々ライト化してるよ。PEは6号。リールはシマノのオシアジガーの3000番を使ってるよ。チビムロの泳がせはアタリが出てから食わせるまでのプロセスが楽しいね。タチウオ釣りみたいだよ」と村上さん

岩礁際で良型カンパチがヒット。浅瀬に群れるムロアジを狙ってカンパチたちが回遊しているからだ

おなじみ大物釣りのカリスマ、村上裕二さん。この日は小ぶりながらもダントツ5本のカンパチをキャッチして竿頭。なかなか食い込まないムロアジを食わせるテクニックはさすがだ

相田美鶴さんは、「龍正丸」の常連。慣れた手つきでスタンディングファイト! この日も竿頭

ネットにおさまるまで油断はできない

秋の銭洲は誘いがカギ。誘い続けて釣果アップを狙え!

2本目も本命ゲットだ!

食べごろサイズのカンパチが狙って釣れるのがいま!

銭洲で泳がせ釣りに気軽にチャレンジ!

五目釣りでイカタンにヒットした7.6㎏のカンパチ。ハリス10号で大金星だ

エサが暴れてもなかなか食い込まないのは、この大きさのカンパチが群れているからだろう

ネープルスの西側のポイントは、根がザクザク。根掛かり要注意!

貫禄のあるカンパチがそろう

エサ釣りは大切ですよ

ムロアジ釣り専用サビキを必ず用意しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田「龍正丸」。

「今年の銭洲は水温が低くて6月まではぱっとしなくてね。7月半ば過ぎから水温が安定したのがきっかけでムロアジがよく釣れるようになった。釣らないでストックされてた分、カンパチの群れは濃く、連日10㎏前後がよく釣れてました。8月になってからは、チビムロ、中ムロかな!? が釣れるようになって、2〜5㎏前後のカンパチが安定して釣れてるよ」
8月中は台風を除き、出船すれば絶好調という銭洲のカンパチ。9月になれば、さらに釣果が安定するという。
「銭洲のカンパチは、エサ釣りが大事です。エサのムロアジを上手に釣る人が結果としてカンパチあげますね。だから、誰にでも釣るチャンスがありますよ」と話す、遠征船の老舗、下田「龍正丸」の鈴木豊船長。
ムロアジはカンパチの大好物。まさに、エサが沸く秋はマッチザベイトのカンパチ釣りの絶好機。相模湾でブレイクしているキハダのタックルをそのまま流用できるので、ぜひ、この機会に大物の聖地銭洲のカンパチ釣りに挑戦してみてはいかがだろう。

泳がせ釣りタックルをご紹介。生きエサはできるだけ元気なものを

エサのムロアジが元気であることが大事。元気であればあるほど、よく泳ぐことでアピールになるし、魚の暴れ=魚信として釣り手に伝わることとなる。
生きエサは、一投一匹が基本。カンパチ釣りでは、ベストエサは、使用していない元気なエサであることを肝に銘じておこう。

チビムロカンパチ釣り。いきなり電撃アワセをしないのがコツだ!

超一級ポイントの銭洲でも常時カンパチが釣れるわけではない。時合いがある。
その時合いの見極めが難しいのだが、泳がせ釣り開始の第1投目は、時合いであることが多い。ヒット率が高いので、万全の対策をしてベストエサを泳がせよう。朝いちに1本キャッチできれば、気分も楽になりさらに追釣できるようになるハズだ。
銭洲や伊豆諸島でのカンパチの釣り方は、ほぼ同じ。近年は、底から最低でも10mの間をマメに探りながら、カンパチを掛けるというのが主流だ。
誘い方は、1mを1〜2秒の速さで巻き上げるというもの。1〜2mおきにストップを入れてもよいし、そのまま巻き続けてもよい。ルアーフィッシングと同じように、エサをカンパチにアピールさせながら、活性の高い個体にエサを食わすというもの。
誘い動作中、魚が暴れたらそれが魚信だ。そこで、静かに待ってカンパチがエサを食い込むのを待つ。その際、早アワセは禁物。完全にグイグイと引きこまれたら、聞きあげるように竿を立て、反発で食い込まれたらアワセを入れよう。
いきなり電撃アワセをしない! これがコツだ。

以上の記事は「つり丸」2014年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

冬将軍が訪れるとキンメダイが食べたくなる。そんな釣り人も多いだろう。煮付けが代表の料理だが、伊豆下田須崎沖のキンメダイは、「新島キンメ」とか「トロキンメ」とも呼ばれ、伊豆の特産でブランド魚。身の脂の乗りが半端なく、刺身はむろん、炙り刺身、しゃぶしゃぶなどで食べたら、誰もが舌鼓を打つこと間違いなし。


1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。


キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

常連さんたちの道具を見ると、リールこそ大型だが、竿は本当に青物用。ある常連さんの竿は「バンディッド・アオモノM‐200」(シマノ)だ。本当にワラサ釣りで使う竿である。リールは、「道糸が300m巻いてあれば十分です。道糸は6号から太くても10号まで。6号がベストですね」と水野船長。道糸6号が300mって…。


遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

浜名湖沖でアカムツ釣りを楽しめる遊漁船は意外と少ない。それがアカムツが多く居残っている理由のひとつとも考えられるが、この宝庫を目の前にしてどうしても深海のルビーを釣りたくなるのが釣り人の性。そこで、救世主的なのが浜名湖から出船している「ボートクラブ カナル」。チャーターではあるが、人数がまとまれば乗合も可能だ。


ドラグガチ締めてガンガン勝負! イカブリ仕掛け(秀正丸)

ドラグガチ締めてガンガン勝負! イカブリ仕掛け(秀正丸)

ヤリイカがいる場合、エサの確保はとても重要なので、しっかりとアタリを取れるヤリイカ専用タックルを持参するのが望ましい。1.7~1.9mほどの先調子ヤリイカ竿に、小型の電動リールを組み合わせる。オモリは80号なので、先調子気味のゲームロッドなどでもいいだろう。


最新の投稿


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

多点掛けと食味で釣り人を魅了する。冬場の人気ターゲット・ヤリイカが駿河湾でスタート。乗りも順調ってことで、お隣の相模湾の様子を探りに12月の中旬に出掛けてみた。


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読