沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

小さなアタリも大きくでるので釣果アップ! LTアカムツ(東洋丸)

小さなアタリも大きくでるので釣果アップ! LTアカムツ(東洋丸)

今期もまずまずのすべりだしの波崎沖カンネコ根のアカムツ。開幕当初は、小さい個体が多く、これからどうなってしまうのだろう!?と心配されたが、8月になって30㎝オーバーはもちろん、40㎝前後の良型が頻繁に顔をみせるようになり、9月10月の最盛期間近の様相だ。


ライトで釣る場合は必ず船長に了解を得てから行うようにしよう!

ダイワの松永直己プロは、ダイワの最新タックルを駆使してLTアカムツを検証。

カレイロッドと小型両軸リール、PE0.8号のLTで臨んだ

アカムツ釣り名人の山中さんは、すでにPE3号をリールに収納し、オモリ100号の組み合わせでアカムツ釣りを行っている

サバタンに食いついたアカムツ

仲良くダブルでゲットだ!

いよいよ! アカムツ本格化の気配!

鈴木正彦さんは、今期最大級の39㎝をゲット。さすがルアーアングラーである。手持ち竿の誘い効果だ

おいしいですよ! 脂たっぷりのってます

釣りたてのアカムツが魚体は美しい

ゲストにはメバルやドンコ、ムシガレイがまじる

カレイ竿で水深100mのアカムツが狙えた。感度も操作性も抜群だった

LTでは、リールも専用のものがベター。シマノ社製は「フォースマスター400」がPE2号でベストマッチ。ロッドはLT用が活用できる

最新のPEラインを活用すれば、さらにライトの世界が広がる

ライトアカムツでは80〜100号のオモリを使用する。右の150号と左の80号と比べると約半分の大きさだ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「東洋丸」。

基本タックルは、オモリ150号使用の胴付き2本バリ仕掛け。誘いが肝になるこの釣りでは、より快適な誘い動作を可能にするライトタックル仕様がいま流行りつつある。
潮の流れがゆるいときは、胴の間で釣りをしても、PE3号以下であれば、オモリ100号を使ったとしてもほとんどオマツリなく快適に釣りができる。
さらには、PE2号以下であれば、オモリ80号が使える。150号に比べれば、約半分の重さになり、かなり楽に誘い動作を行うことができるようになる。
小さなアタリも大きく出るし、魚の引きがよりダイレクトになるのでバラシも軽減するのだ。
「うちは、周りの人に迷惑にならなければ、ライトタックルをOKしてます」と話す、波崎「東洋丸」の石橋敏夫船長。
とはいうものの、この釣り方にはまだまだトラブルがつきもの。ライトで釣る場合は、必ず船長に了解を得てから行うようにしよう。

波崎沖ライトアカムツタックルご紹介。PEラインは1.5〜2号を使用

舞台は波崎沖・カンネコ根。当地のアカムツ釣りは、他の釣り場に比べ、狙う水深が浅いのが特徴だ。実釣当日(8月中旬)の水深は110〜120m前後がメイン。潮の流れも穏やかで、カッ飛ぶような速潮になることは少ないという。そのような条件から、当地の通常タックルのオモリは150号と軽め。さらにそれを“ライトアカムツ”では、80〜100号で狙うという試みだ。
その条件となるのが、使用するPEラインを1.5〜2号にすること。それが大前提となる。その理由は、細いPEラインを使用することによって、ライン自体にあたる潮流の抵抗を軽減させることにある。したがって、もし同じ重さのオモリなら、太いラインに比べて細いラインの方がまっすぐ立つようになる。この原理を利用するわけだ。

実釣テストの中で、ライトタックルとノーマルタックルでの仕掛けの沈下時間を計測した。リールの種類や状態、海況などの要素は複雑なので、あくまでも目安として頂きたい。左表がデータの結果。
個人的な意見を述べると、ライトの方のPEが「1.5号」⇨「1号」⇨「0.8号」とさらに細くなった場合は、ノーマル同等、もしくは、それに近い沈下速度になったのではないかと思う。ただ、PEが細ければ細いほど、オマツリなどによる高切れのリスクが高まる。
イカ釣りでもないので、アカムツ釣りにそこまでの沈下速度を求める必要があるかは疑問だ。よって、それなりの強度がある1.5〜2号がライトアカムツには妥当であるとボクは考える。
ちなみに、当日の同船者は全員ノーマルタックル(PE4号×オモリ150号)。そんな中での実釣テストであったが、オマツリはサバが掛った時の数回のみ。終日、PE2号×オモリ80号で快適にライトの釣りを楽しめたことを付け加えておく。

ライトアカムツの最大なる魅力は、なんといってもタックルからオモリまで、すべてが軽いので終始手持ちで釣りができる。細かい誘いも入れられるせいか、アタリも多く、驚くほど明確に出る。そして、そして…、魚の引き味を存分に味わえてやり取りがとても楽しい!! それが“ライトアカムツ”なのだ。

ライトアカムツのタックルは7対3タイプのゲームロッドがベスト。水深100m以上、使用オモリ80〜100号。その環境でゲームロッドは厳しいのでは…!? と思うかもしれないが、まったく心配ない。
近年のゲームロッドはオモリ80〜100号でも調子を崩さずに仕掛けを動かすことができるし、繊細なアタリを捉え、明確に伝えてくれる穂先の感度も兼ね備えている。オモリ負荷表示30〜80号、または30〜100号の「MHクラス」がベストマッチ。ボクの推薦ロッドは“リーディング73MH‒200”または“リーディング スリルゲーム73MH‒195”。両タイプともに全長2m前後で、仕掛けのコントロールがしやすい7対3調子。これにスモールモンスター“シーボーグ150J”をセットすれば完璧だ。
今はまだマニアックと言われるかもしれない『ライトアカムツ』だが、ここ数年でめざましい進化を遂げたタックルやPEラインによって、きっとこの流れは広まっていくことだろう。


以上の記事は「つり丸」2014年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


関東ブレイク間近⁉︎ ケンサキイカメタルスッテゲーム(幸栄丸)

関東ブレイク間近⁉︎ ケンサキイカメタルスッテゲーム(幸栄丸)

メタルスッテの条件はタナの水深が100m以浅であること。できれば、タナは浅いほどよい。軽いメタルスッテ、極細PE使用のライトタックルだからだ。さらにいうと西日本のデータからは、ケンサキイカにはかなり有効な釣法であることが分かっている。


目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

秋の日立沖は大型マダイのチャンスいっぱいだ。「夏の終わりごろ、シラスやイワシなどの小魚を追って10mぐらいの浅場に入ってきた大型マダイが、秋になって少しずつ深場に落ちていき、30~40m前後で落ち着きます。そこで、タイが荒食いすると大ダイが連発することが多いんです」と、そう話すのは日立久慈港「大貫丸」の大貫翔平船長。


チャンスタイムを逃すな! 大型アカムツの仕掛けをご紹介(明進丸)

チャンスタイムを逃すな! 大型アカムツの仕掛けをご紹介(明進丸)

タックルはノーマル、ライトどちらでもOKだ。ノーマルの場合はオモリは120号、ライトはオモリ80~100号だ。ノーマルの場合は、2m前後のアカムツ竿、ビシアジ竿、中深場竿等を使用する。リールは小型電動でPEは3号が標準。


アカムツ名人から学ぶ! 絶品アカムツの仕掛け(波崎・信栄丸)

アカムツ名人から学ぶ! 絶品アカムツの仕掛け(波崎・信栄丸)

不動のエース三沢氏のアカムツ仕掛けはいたってシンプル。ハリスのアピールアイテムはマシュマロボールLサイズを1ヶ付けるのみ。ハリは太字ムツ18号を使用。 中オモリは10号を必ず付けるのが、彼の仕掛けの特徴のひとつだ。


条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

由比漁港から航程10分ほどの港目前が、200m以深に落ち込むドン深の海でのアカムツ釣り。最初は6月に挑んだものの、時期尚早だったようで全員玉砕となった。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読