MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏のスルメイカ鉄板攻略術・仕掛け編【相模湾・城ヶ島沖】

真夏のスルメイカ鉄板攻略術・仕掛け編【相模湾・城ヶ島沖】

梅雨も明けていよいよ夏本番。と同時にスルメイカも本番を迎えた。多点掛けの奥深き魅力。すっきりとした淡麗なる口当たり。釣って楽しい、食べて美味しいスルメイカ。今回はズバリ「仕掛け」にフォーカスしてみた。

攻める時はガンガンッ! アタリを見る時は意識して、スルメイカを攻略せよ!

現在のスルメは中型から大型まで。

今回の取材でお世話になったのは、神奈川・長井漆山港「春盛丸」。

梅雨明け後からは海況が安定し、釣果も安定期に入る。
現在のスルメは中型から大型まで。この時期は水深が浅く入門にもいい時期。
ポイントは城ヶ島沖メインだが、時には主戦場を洲崎沖に移す。「ノリノリ」のとき以外は、直結でもヤリイカのように誘ってアタリを見る釣り方が主流だ。

仕掛けは状況に合わせ使い分ける

釣り方もさることながら仕掛け、タックルも微妙に使い分けができるといい。
●絶好調時のタックル篇
まさに絶好調、平均で50杯以上、トップで100杯などという釣果が出るとき。こんなときは間違いなく、中層で群れが濃く、何度も何度も多点掛けができるハズである。乗るならとツノを増やす、そうすると全体的にヘヴィな道具立てにする必要がある。
竿は直結専用の1.3〜1.5m。リールはシマノなら4000番、ダイワなら750番サイズがほしい。ツノ数を10〜15本にしたとき、10杯以上乗ることもある。こんなとき、ハイパワーリールでないと、途中で止まってしまう。こうなると、キーパーにかけて手で巻くことになるが、「ありえない重たさ」に気がつくことだろう。しかし、大型のリールを使えば、これらを巻いてくることができる。
プラヅノは18㎝が基本。そして10本以上ツノを使う場合、ハリスは太くする必要がある。最低12号、上部側は14号でもいいぐらいだ。
ブランコの場合でも、ツノ数を増やす場合は、太めのハリスを使い、ハイパワー電動リールを使った方がいい。使うプラヅノも澄潮を意識した、ピンク、ブルー、ケイムラがメインになる。
●通常時のタックル篇
通常時とは、ここではポツポツ乗ったり、たまに盛り上がってトップ30杯前後の時を指す。
タックルは電動直結用、短めのヤリイカ竿、ビシアジ竿などを用いる。
リールはパワーのある物が前提で、シマノなら3000番、ダイワなら300〜500番。絶好調時よりも小型で対応できる。それでも、突然乗りだし重量で巻けなくなることもある。自分のリールだと、この大きさのスルメイカが何杯まで巻けるか、ということを把握しておくといいだろう。
仕掛けは18㎝メインに、14㎝も用意しておく。今シーズンはまだ、中型から小型のスルメもいて、これらがメインの時は14㎝の方が乗りがいいこともある。

「今のスルメイカ」はこうして釣るのだっ!!

アタリ=触りがあったと同時に電動をオンしてアワセ&巻き上げ。この釣り方ができる人が数を伸ばしていく。

乗り渋る中、見事な竿さばきで3杯。

スルメイカというと、直結仕掛けを使い、電動で「ギュイーンギュイーン」とシャクって乗せるというイメージがあるが、最近はゲーム性が高くなり、ここ相模湾城ヶ島沖から洲崎沖エリアでも、従来の釣り方だけでは対応できなくなってきている。
「底の反応の時は、ヤリイカのようにシャクって、アタリを取らなきゃ釣れないよ。電動でガンガンやるのは、中層でバンバン乗るときだけだよ」と常連たちは口をそろえる。
現在はそんな釣り方ができる人たちが確実に釣果を得ているのだ。
シャクったあとは竿先を見てイカからの反応を見るという、より繊細な釣りになっているのだ。
反応が小さいときはこの釣り方で拾い、いい反応がきたら一気に数を伸ばす。「今のスルメイカ」を釣るには、こんな釣り方が必要不可欠なのだ。

↓「真夏のスルメイカ鉄板攻略術・釣り方編」も、ぜひお読みください↓

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。
更新: 2019-04-07 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読