MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏のスルメイカ鉄板攻略術・仕掛け編【相模湾・城ヶ島沖】

真夏のスルメイカ鉄板攻略術・仕掛け編【相模湾・城ヶ島沖】

梅雨も明けていよいよ夏本番。と同時にスルメイカも本番を迎えた。多点掛けの奥深き魅力。すっきりとした淡麗なる口当たり。釣って楽しい、食べて美味しいスルメイカ。今回はズバリ「仕掛け」にフォーカスしてみた。

攻める時はガンガンッ! アタリを見る時は意識して、スルメイカを攻略せよ!

現在のスルメは中型から大型まで。

今回の取材でお世話になったのは、神奈川・長井漆山港「春盛丸」。

梅雨明け後からは海況が安定し、釣果も安定期に入る。
現在のスルメは中型から大型まで。この時期は水深が浅く入門にもいい時期。
ポイントは城ヶ島沖メインだが、時には主戦場を洲崎沖に移す。「ノリノリ」のとき以外は、直結でもヤリイカのように誘ってアタリを見る釣り方が主流だ。

仕掛けは状況に合わせ使い分ける

釣り方もさることながら仕掛け、タックルも微妙に使い分けができるといい。
●絶好調時のタックル篇
まさに絶好調、平均で50杯以上、トップで100杯などという釣果が出るとき。こんなときは間違いなく、中層で群れが濃く、何度も何度も多点掛けができるハズである。乗るならとツノを増やす、そうすると全体的にヘヴィな道具立てにする必要がある。
竿は直結専用の1.3〜1.5m。リールはシマノなら4000番、ダイワなら750番サイズがほしい。ツノ数を10〜15本にしたとき、10杯以上乗ることもある。こんなとき、ハイパワーリールでないと、途中で止まってしまう。こうなると、キーパーにかけて手で巻くことになるが、「ありえない重たさ」に気がつくことだろう。しかし、大型のリールを使えば、これらを巻いてくることができる。
プラヅノは18㎝が基本。そして10本以上ツノを使う場合、ハリスは太くする必要がある。最低12号、上部側は14号でもいいぐらいだ。
ブランコの場合でも、ツノ数を増やす場合は、太めのハリスを使い、ハイパワー電動リールを使った方がいい。使うプラヅノも澄潮を意識した、ピンク、ブルー、ケイムラがメインになる。
●通常時のタックル篇
通常時とは、ここではポツポツ乗ったり、たまに盛り上がってトップ30杯前後の時を指す。
タックルは電動直結用、短めのヤリイカ竿、ビシアジ竿などを用いる。
リールはパワーのある物が前提で、シマノなら3000番、ダイワなら300〜500番。絶好調時よりも小型で対応できる。それでも、突然乗りだし重量で巻けなくなることもある。自分のリールだと、この大きさのスルメイカが何杯まで巻けるか、ということを把握しておくといいだろう。
仕掛けは18㎝メインに、14㎝も用意しておく。今シーズンはまだ、中型から小型のスルメもいて、これらがメインの時は14㎝の方が乗りがいいこともある。

「今のスルメイカ」はこうして釣るのだっ!!

アタリ=触りがあったと同時に電動をオンしてアワセ&巻き上げ。この釣り方ができる人が数を伸ばしていく。

乗り渋る中、見事な竿さばきで3杯。

スルメイカというと、直結仕掛けを使い、電動で「ギュイーンギュイーン」とシャクって乗せるというイメージがあるが、最近はゲーム性が高くなり、ここ相模湾城ヶ島沖から洲崎沖エリアでも、従来の釣り方だけでは対応できなくなってきている。
「底の反応の時は、ヤリイカのようにシャクって、アタリを取らなきゃ釣れないよ。電動でガンガンやるのは、中層でバンバン乗るときだけだよ」と常連たちは口をそろえる。
現在はそんな釣り方ができる人たちが確実に釣果を得ているのだ。
シャクったあとは竿先を見てイカからの反応を見るという、より繊細な釣りになっているのだ。
反応が小さいときはこの釣り方で拾い、いい反応がきたら一気に数を伸ばす。「今のスルメイカ」を釣るには、こんな釣り方が必要不可欠なのだ。

↓「真夏のスルメイカ鉄板攻略術・釣り方編」も、ぜひお読みください↓

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読