MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 マダイ&ヒラマサを外房伝統“カモシ釣り”【外房・御宿岩和田沖】

マダイ&ヒラマサを外房伝統“カモシ釣り”【外房・御宿岩和田沖】

外房は興津から勝浦、さらに御宿にかけて行われている伝統のカモシ釣りで、連日、良型マダイ&ヒラマサがコンスタントに顔を出している。このハイシーズンを逃さずに、 ぜひとも大物をブン捕って欲しい。

perm_media 《画像ギャラリー》 マダイ&ヒラマサを外房伝統“カモシ釣り”【外房・御宿岩和田沖】の画像をチェック! navigate_next

カモシ釣りは敷居が高いと思われているようだが、オキアミコマセと同じ感覚で楽しめるのだ

通常のコマセ釣りの要領で楽しめるカモシ釣り。ヒットしてからはラインが一直線になるので魚本来の走りが体感でき、骨太ファイトが楽しめるぞ!

コマセの振り出しは、竿先を頭上まで持ち上げた後、イッキに落とし込んでカモシ袋を反転させてコマセを出すこと。

サンマミンチを海水で溶かしてカモシ袋に入れて挑むカモシ釣り。

エサは、船で配られるサンマの輪切りの中骨をカット。皮がくっつくように二つ折りでハリに刺す。

至福。

この日のゴールデンタイムは朝イチで、投入開始から1時間はどこかでアタッている状態が続いた。

竿頭はマダイを5枚キャッチした。ちなみに仕掛けはハリス4号のテーパーで7ヒロとのことでした。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「広丸」。

「今期は絶好調だよね。春のヒラマサが回遊しだして好調をキープしたまま、マダイシーズンに突入してるからね。例年8月中旬までは、マダイがよく釣れるし、その後は秋に向けてヒラマサが本格化する。まだまだ楽しめると思うよ」とは、この釣りに詳しい御宿岩和田港「広丸」の青柳邦廣船長の言葉だ。
ちなみにカモシ釣りとは、遊動式のテンビンに、クッション効果もあるナイロンラインの道糸を使用した当地独特のサンマミンチのコマセ釣り釣法。細ハリスでも大型魚が獲れるのが最大の魅力&特徴と言える。
現在のポイントは、大物がひしめく真沖の『三本松』。水深50〜60mラインの高ダナ指示で船長は大物を狙っている。「魚を浮かせて、より獲りやすくしたいんでね」。
ご存知の通り、ヒラマサはスプリンター。最初の走りは強烈で根に回られたら最後。一方のマダイも三段引きで抵抗するので理に適っているのだ。
「カモシは敷居が高いと思われてるみたいだけど、オキアミコマセと同じ感覚で楽しめるからさ。レンタル道具もあるので、まずは一度、遊んでみて。デカいのが釣れて楽しいから」と船長。
入門するには最適な今。チャレンジして大物をゲットしちゃいましょう!!

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル