MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 マダイ&ヒラマサを外房伝統“カモシ釣り”【外房・御宿岩和田沖】

マダイ&ヒラマサを外房伝統“カモシ釣り”【外房・御宿岩和田沖】

外房は興津から勝浦、さらに御宿にかけて行われている伝統のカモシ釣りで、連日、良型マダイ&ヒラマサがコンスタントに顔を出している。このハイシーズンを逃さずに、 ぜひとも大物をブン捕って欲しい。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

カモシ釣りは敷居が高いと思われているようだが、オキアミコマセと同じ感覚で楽しめるのだ

通常のコマセ釣りの要領で楽しめるカモシ釣り。ヒットしてからはラインが一直線になるので魚本来の走りが体感でき、骨太ファイトが楽しめるぞ!

コマセの振り出しは、竿先を頭上まで持ち上げた後、イッキに落とし込んでカモシ袋を反転させてコマセを出すこと。

サンマミンチを海水で溶かしてカモシ袋に入れて挑むカモシ釣り。

エサは、船で配られるサンマの輪切りの中骨をカット。皮がくっつくように二つ折りでハリに刺す。

至福。

この日のゴールデンタイムは朝イチで、投入開始から1時間はどこかでアタッている状態が続いた。

竿頭はマダイを5枚キャッチした。ちなみに仕掛けはハリス4号のテーパーで7ヒロとのことでした。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「広丸」。

「今期は絶好調だよね。春のヒラマサが回遊しだして好調をキープしたまま、マダイシーズンに突入してるからね。例年8月中旬までは、マダイがよく釣れるし、その後は秋に向けてヒラマサが本格化する。まだまだ楽しめると思うよ」とは、この釣りに詳しい御宿岩和田港「広丸」の青柳邦廣船長の言葉だ。
ちなみにカモシ釣りとは、遊動式のテンビンに、クッション効果もあるナイロンラインの道糸を使用した当地独特のサンマミンチのコマセ釣り釣法。細ハリスでも大型魚が獲れるのが最大の魅力&特徴と言える。
現在のポイントは、大物がひしめく真沖の『三本松』。水深50〜60mラインの高ダナ指示で船長は大物を狙っている。「魚を浮かせて、より獲りやすくしたいんでね」。
ご存知の通り、ヒラマサはスプリンター。最初の走りは強烈で根に回られたら最後。一方のマダイも三段引きで抵抗するので理に適っているのだ。
「カモシは敷居が高いと思われてるみたいだけど、オキアミコマセと同じ感覚で楽しめるからさ。レンタル道具もあるので、まずは一度、遊んでみて。デカいのが釣れて楽しいから」と船長。
入門するには最適な今。チャレンジして大物をゲットしちゃいましょう!!

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル