沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

まだまだ続く! 東京湾のマゴチは年内いっぱい狙える!(だてまき丸)

まだまだ続く! 東京湾のマゴチは年内いっぱい狙える!(だてまき丸)

東京湾、江戸前ターゲットのなかでも、独特の釣趣があるマゴチ釣りが最盛期を迎えた。


この釣りの醍醐味はアタリから掛けるまでの駆け引きが面白い!

当日は本牧沖、扇島沖、つばさ橋橋脚周りなど広範囲に狙った!

アワセが決まった! このあとの強烈な引きがたまらない!

無事にネットイン

50㎝を超える大型!

これも大型!

嬉しい1本!

アタリがあったら、竿先を下げて食い込みを待つ!

マゴチは刺身に天ぷらでも美味しいね

これが東京湾のマゴチだよ

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

ロングランで楽しめるからいいね!

唐揚げ、煮付けなども美味しい!

このサイズがアベレージだ

アタリからアワセまでの瞬間がたまらないね

たくさん釣れるから楽しい!

出船前には宮地船長から釣り方のレクチャーがある!

オモリと仕掛けはこれだ

この時期、エサは生きたハゼを使用!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・東京湾・新子安恵比須橋「だてまき丸」。

「6月中旬頃から横浜沖を狙っています。良い日もあれば悪い日もありますがおおむね順調ですよ。船中80本くらい釣る日もありましたし、初挑戦の方が7〜8本釣った時もありました」と話してくれたのは、マゴチ釣りで定評のある新子安恵比須橋「だてまき丸」宮地至人船長。
この釣りの醍醐味はアタリから掛けるまでの駆け引き。グッ、グッと断続的に引き込むアタリから、ググーッと竿が大きく絞り込まれるアタリが来た時がアワセのタイミング。
「アタリが来たら、手首を柔らかく使って、張らず緩めずの常態で食い込むのを待ってください。大アワセは必要ないですが、しっかりと竿を立ててハリ掛かりさせてください」とアドバイスする宮地船長。
またマゴチは食べても美味。刺身で食べるのがオススメだが、蛋白でクセのない白身は、天ぷら、唐揚げ、煮付けにしても美味しい。残ったアラもダシが良く出るので、アラ汁にすることで余すところなく楽しめる。
「だてまき丸」では、12月末までマゴチ狙いで出船していく予定だ!

以上の記事は「つり丸」2014年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読