沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

まだまだ続く! 東京湾のマゴチは年内いっぱい狙える!(だてまき丸)

まだまだ続く! 東京湾のマゴチは年内いっぱい狙える!(だてまき丸)

東京湾、江戸前ターゲットのなかでも、独特の釣趣があるマゴチ釣りが最盛期を迎えた。


この釣りの醍醐味はアタリから掛けるまでの駆け引きが面白い!

当日は本牧沖、扇島沖、つばさ橋橋脚周りなど広範囲に狙った!

アワセが決まった! このあとの強烈な引きがたまらない!

無事にネットイン

50㎝を超える大型!

これも大型!

嬉しい1本!

アタリがあったら、竿先を下げて食い込みを待つ!

マゴチは刺身に天ぷらでも美味しいね

これが東京湾のマゴチだよ

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

ロングランで楽しめるからいいね!

唐揚げ、煮付けなども美味しい!

このサイズがアベレージだ

アタリからアワセまでの瞬間がたまらないね

たくさん釣れるから楽しい!

出船前には宮地船長から釣り方のレクチャーがある!

オモリと仕掛けはこれだ

この時期、エサは生きたハゼを使用!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・東京湾・新子安恵比須橋「だてまき丸」。

「6月中旬頃から横浜沖を狙っています。良い日もあれば悪い日もありますがおおむね順調ですよ。船中80本くらい釣る日もありましたし、初挑戦の方が7〜8本釣った時もありました」と話してくれたのは、マゴチ釣りで定評のある新子安恵比須橋「だてまき丸」宮地至人船長。
この釣りの醍醐味はアタリから掛けるまでの駆け引き。グッ、グッと断続的に引き込むアタリから、ググーッと竿が大きく絞り込まれるアタリが来た時がアワセのタイミング。
「アタリが来たら、手首を柔らかく使って、張らず緩めずの常態で食い込むのを待ってください。大アワセは必要ないですが、しっかりと竿を立ててハリ掛かりさせてください」とアドバイスする宮地船長。
またマゴチは食べても美味。刺身で食べるのがオススメだが、蛋白でクセのない白身は、天ぷら、唐揚げ、煮付けにしても美味しい。残ったアラもダシが良く出るので、アラ汁にすることで余すところなく楽しめる。
「だてまき丸」では、12月末までマゴチ狙いで出船していく予定だ!

以上の記事は「つり丸」2014年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテや11㎝プラヅノに赤白の糸を巻いたものをまぜておこう。潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などが乗ることもあるので、基本のブルー、ピンク、ケイムラのほかにも用意しておこう。


変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。


肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

「今年はアベレージサイズがいいですね。これからは群れも固まってきて、より数も出やすくなると思います。まだ潮が暗いので、これが晴れてくればさらに期待できますよ!」と話すのは、湘南のシンボル・江の島の付け根に港を構える片瀬港「島きち丸」の前田信義船長。


ビッグベイトで狙う!東京湾シーバス(アイランドクルーズFC)

ビッグベイトで狙う!東京湾シーバス(アイランドクルーズFC)

「10月初旬には釣れ始めています。大型ばかりというわけではないですが、例年より少しスタートが早いですね」言葉の主は「アイランドクルーズFC」の遠藤正明キャプテン。


東京湾テンヤスミイカが今年も絶好調! トップ30杯も…(一之瀬丸)

東京湾テンヤスミイカが今年も絶好調! トップ30杯も…(一之瀬丸)

東京湾のスミイカが開幕。金沢八景の「一之瀬丸」では10月8日に今季の乗合を開始し、トップ30杯台を連発している。


最新の投稿


誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテや11㎝プラヅノに赤白の糸を巻いたものをまぜておこう。潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などが乗ることもあるので、基本のブルー、ピンク、ケイムラのほかにも用意しておこう。


変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

タックルのサビと塩ガミ防止に効果抜群のスプレー。噴き付けがラクなトリガーノズルです!


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読