沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

15kg級の超大型も出る! 岩手・綾里沖の高級魚マダラ(第八荒神丸)

15kg級の超大型も出る! 岩手・綾里沖の高級魚マダラ(第八荒神丸)

「サンマを使わないんですか?」怪訝な顔の同行者に笑顔でうなづき、すべてのハリに「スーパーイカタンMEGA」を配し、綾里沖のマダラに挑む。


「疑似餌だけでマダラを釣る」をテーマに挑む! 結果はいかに⁉︎

本命のマダラが顔をだした

気仙沼の及川さんは2ケタ一番乗り!

「アルファタックルテスター」の玉川美紀さんは数々の見せ場を作った

村上さんは4㎏級

ダブルでかかった

終盤追い上げた仙台の大泉さんは10本!

使用したタックルはこれだ

今回は疑似餌で挑んだ

疑似餌オンリーで挑んで食わせた1本。今後に大きな期待を持たせてくれた

今回、取材にご協力いただいたのは、岩手・越喜来崎浜港「第八荒神丸」。

「地元の人は白子の入る10月頃から狙う。乗合もその頃からで、今の時期にタラを狙う人は珍しいよ」と話す、江刺茂也船長。「第八荒神丸」夏場のメインターゲットはヒラメとユメカサゴだと笑う。
生殖巣に栄養を持って行かれない夏場こそが「最高の身肉」に他ならないが、現状「マダラの本場」ほどこの認識は薄い傾向は否めない。
「時期尚早」の8月9日は、6名での仕立船。絶対的信頼の「うま味サンマ」を敢えて封印し、「擬似餌だけでマダラを釣る」をテーマに据えた筆者。
今イチの潮況とサメ禍に苦戦しつつも、同乗者が4〜6㎏級8〜10本と及第点の中、私は近年稀に見る「惨敗」を喫することとなるが。唯一取り込んだ「たかが」のサイズ。「されど」筆者にはネクストステージの鍵を握る値千金、ビッグな一本となった。

以上の記事は「つり丸」2014年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

ガタガタ! ギュンギュン! 深場釣りの中でも、派手なアタリと強烈な引きが楽しめるマダラ。加えてこれからの時期は白子の食味もたまらない! そのマダラが北茨城、平潟沖で好調に釣れている。


NEWスタイルゲーム「スキッデイング」で釣る(アシストクラブ金進丸)

NEWスタイルゲーム「スキッデイング」で釣る(アシストクラブ金進丸)

新潟のオフショアシーンを切り開いてきた柏崎「アシストクラブ金進丸」。近年、本船発のNEWスタイルゲームとして注目を集めているのが「スキッディング」だ。「簡単に言えばNEISの『ザ・スイッチバック』を使って、小魚を捕食するイカの動きを演出する釣りです」と話す、秋山進一船長。


平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

水深250mの海底に仕掛けが届いた途端、「食った!」「こっちも来たぞ!」糸フケを取る間もなく深海竿を叩く派手なアタリにあちこちから声が上がる。


上質白子入り大型マダラ釣り開幕中!【福島県・小名浜沖】

上質白子入り大型マダラ釣り開幕中!【福島県・小名浜沖】

今シーズン最終章だが、まだ釣れる。この世で一番美味いものの一つである白子がたっぷりの大型マダラ! 泳がせ&キハダタックルの流用で、意外と入門のハードルは低いぞ。さぁ、極上のミルキーを求めて、海へ出よう。


開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読