MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

東京湾が誇る人気ルアーターゲット、タチウオ。釣趣の良さと食味を兼ね備え、老若男女、初心者から上級者にいたるまで、幅広い層の釣り人たちから支持されている。

perm_media 《画像ギャラリー》超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)の画像をチェック! navigate_next

サイズは大小バラバラだが、群れによっては大型ラッシュもあり!

当日は平日にも関わらず2隻出し。盛況ぶりが伺える

スタートは猿島沖から。水深は40m台が中心だった

ドスンッというヒット直後のトルクフルな抵抗がタチウオの魅力

このサイズなら釣り応えは満点だ

前半戦は指2本クラスが中心だった

大型でなければ周囲の安全に配慮してからの抜き上げキャッチが確実だ

女性アングラーも順調に数を重ねた

時合を逃さず、しっかりキャッチ成功!

幅広&肉厚が自慢の東京湾良型タチウオ。釣り応え、食べ応え、十分だ

ビッグドラゴン。軽く指5本オーバーだ

ひと言、デカイ!シャクリ続けることができるのは、このサイズがいるからだ!

プロショップMOGI店長の里見輝幸さんも楽しんでいた。お店にはタチウオ用ジグも豊富だ

渡辺釣船店の推しジグはブルーブルーのファルテン。写真のゼブラレインボーに加え、新たな渡辺釣船店オリジナルカラーをリリース予定という

ジグは120gがメインウエイト。80gから150gまでは用意しておきたい

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

GW少し前からと、先陣を切って出船を始めた横浜新山下「渡辺釣船店」は、メインの看板としてタチウオに力を入れている。
「サイズは大小バラバラなんですよね。群れによって、という感じです。昨日はトップ23本。猿島から観音崎沖にかけてを釣りました」
取材時、投入前にざっくりと今期の概要を教えてくれたのは田中茂生船長。
最初のポイントは猿島沖の水深46m。反応は40mから30mの間、というアナウンスが響いた。スタートからポツポツと小型のタチウオがそこかしこで舞ったが、あくまでも暖機運転といった雰囲気。
移動した観音崎沖、70m弱のポイントで大型ラッシュが始まった。時間にして30ほど、次々と取り込まれるメーターオーバーに船上はヒートアップ! その後はまた拾い釣りに戻り、ストップフィッシングとなった。
時合を逃さずしっかり釣り切った人、波に乗れなかった人と悲喜こもごもだったが、これが釣り。タチウオシーズンはまだ前半戦。あの楽しさをもう一度! 次回はリベンジ! と両者の思いを叶えるチャンスは続いている。

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル