MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

東京湾が誇る人気ルアーターゲット、タチウオ。釣趣の良さと食味を兼ね備え、老若男女、初心者から上級者にいたるまで、幅広い層の釣り人たちから支持されている。

サイズは大小バラバラだが、群れによっては大型ラッシュもあり!

当日は平日にも関わらず2隻出し。盛況ぶりが伺える

スタートは猿島沖から。水深は40m台が中心だった

ドスンッというヒット直後のトルクフルな抵抗がタチウオの魅力

このサイズなら釣り応えは満点だ

前半戦は指2本クラスが中心だった

大型でなければ周囲の安全に配慮してからの抜き上げキャッチが確実だ

女性アングラーも順調に数を重ねた

時合を逃さず、しっかりキャッチ成功!

幅広&肉厚が自慢の東京湾良型タチウオ。釣り応え、食べ応え、十分だ

ビッグドラゴン。軽く指5本オーバーだ

ひと言、デカイ!シャクリ続けることができるのは、このサイズがいるからだ!

プロショップMOGI店長の里見輝幸さんも楽しんでいた。お店にはタチウオ用ジグも豊富だ

渡辺釣船店の推しジグはブルーブルーのファルテン。写真のゼブラレインボーに加え、新たな渡辺釣船店オリジナルカラーをリリース予定という

ジグは120gがメインウエイト。80gから150gまでは用意しておきたい

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

GW少し前からと、先陣を切って出船を始めた横浜新山下「渡辺釣船店」は、メインの看板としてタチウオに力を入れている。
「サイズは大小バラバラなんですよね。群れによって、という感じです。昨日はトップ23本。猿島から観音崎沖にかけてを釣りました」
取材時、投入前にざっくりと今期の概要を教えてくれたのは田中茂生船長。
最初のポイントは猿島沖の水深46m。反応は40mから30mの間、というアナウンスが響いた。スタートからポツポツと小型のタチウオがそこかしこで舞ったが、あくまでも暖機運転といった雰囲気。
移動した観音崎沖、70m弱のポイントで大型ラッシュが始まった。時間にして30ほど、次々と取り込まれるメーターオーバーに船上はヒートアップ! その後はまた拾い釣りに戻り、ストップフィッシングとなった。
時合を逃さずしっかり釣り切った人、波に乗れなかった人と悲喜こもごもだったが、これが釣り。タチウオシーズンはまだ前半戦。あの楽しさをもう一度! 次回はリベンジ! と両者の思いを叶えるチャンスは続いている。

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読