MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

東京湾が誇る人気ルアーターゲット、タチウオ。釣趣の良さと食味を兼ね備え、老若男女、初心者から上級者にいたるまで、幅広い層の釣り人たちから支持されている。

サイズは大小バラバラだが、群れによっては大型ラッシュもあり!

当日は平日にも関わらず2隻出し。盛況ぶりが伺える

スタートは猿島沖から。水深は40m台が中心だった

ドスンッというヒット直後のトルクフルな抵抗がタチウオの魅力

このサイズなら釣り応えは満点だ

前半戦は指2本クラスが中心だった

大型でなければ周囲の安全に配慮してからの抜き上げキャッチが確実だ

女性アングラーも順調に数を重ねた

時合を逃さず、しっかりキャッチ成功!

幅広&肉厚が自慢の東京湾良型タチウオ。釣り応え、食べ応え、十分だ

ビッグドラゴン。軽く指5本オーバーだ

ひと言、デカイ!シャクリ続けることができるのは、このサイズがいるからだ!

プロショップMOGI店長の里見輝幸さんも楽しんでいた。お店にはタチウオ用ジグも豊富だ

渡辺釣船店の推しジグはブルーブルーのファルテン。写真のゼブラレインボーに加え、新たな渡辺釣船店オリジナルカラーをリリース予定という

ジグは120gがメインウエイト。80gから150gまでは用意しておきたい

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

GW少し前からと、先陣を切って出船を始めた横浜新山下「渡辺釣船店」は、メインの看板としてタチウオに力を入れている。
「サイズは大小バラバラなんですよね。群れによって、という感じです。昨日はトップ23本。猿島から観音崎沖にかけてを釣りました」
取材時、投入前にざっくりと今期の概要を教えてくれたのは田中茂生船長。
最初のポイントは猿島沖の水深46m。反応は40mから30mの間、というアナウンスが響いた。スタートからポツポツと小型のタチウオがそこかしこで舞ったが、あくまでも暖機運転といった雰囲気。
移動した観音崎沖、70m弱のポイントで大型ラッシュが始まった。時間にして30ほど、次々と取り込まれるメーターオーバーに船上はヒートアップ! その後はまた拾い釣りに戻り、ストップフィッシングとなった。
時合を逃さずしっかり釣り切った人、波に乗れなかった人と悲喜こもごもだったが、これが釣り。タチウオシーズンはまだ前半戦。あの楽しさをもう一度! 次回はリベンジ! と両者の思いを叶えるチャンスは続いている。

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読