沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

東京湾が誇る人気ルアーターゲット、タチウオ。釣趣の良さと食味を兼ね備え、老若男女、初心者から上級者にいたるまで、幅広い層の釣り人たちから支持されている。


サイズは大小バラバラだが、群れによっては大型ラッシュもあり!

当日は平日にも関わらず2隻出し。盛況ぶりが伺える

スタートは猿島沖から。水深は40m台が中心だった

ドスンッというヒット直後のトルクフルな抵抗がタチウオの魅力

このサイズなら釣り応えは満点だ

前半戦は指2本クラスが中心だった

大型でなければ周囲の安全に配慮してからの抜き上げキャッチが確実だ

女性アングラーも順調に数を重ねた

時合を逃さず、しっかりキャッチ成功!

幅広&肉厚が自慢の東京湾良型タチウオ。釣り応え、食べ応え、十分だ

ビッグドラゴン。軽く指5本オーバーだ

ひと言、デカイ!シャクリ続けることができるのは、このサイズがいるからだ!

プロショップMOGI店長の里見輝幸さんも楽しんでいた。お店にはタチウオ用ジグも豊富だ

渡辺釣船店の推しジグはブルーブルーのファルテン。写真のゼブラレインボーに加え、新たな渡辺釣船店オリジナルカラーをリリース予定という

ジグは120gがメインウエイト。80gから150gまでは用意しておきたい

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

GW少し前からと、先陣を切って出船を始めた横浜新山下「渡辺釣船店」は、メインの看板としてタチウオに力を入れている。
「サイズは大小バラバラなんですよね。群れによって、という感じです。昨日はトップ23本。猿島から観音崎沖にかけてを釣りました」
取材時、投入前にざっくりと今期の概要を教えてくれたのは田中茂生船長。
最初のポイントは猿島沖の水深46m。反応は40mから30mの間、というアナウンスが響いた。スタートからポツポツと小型のタチウオがそこかしこで舞ったが、あくまでも暖機運転といった雰囲気。
移動した観音崎沖、70m弱のポイントで大型ラッシュが始まった。時間にして30ほど、次々と取り込まれるメーターオーバーに船上はヒートアップ! その後はまた拾い釣りに戻り、ストップフィッシングとなった。
時合を逃さずしっかり釣り切った人、波に乗れなかった人と悲喜こもごもだったが、これが釣り。タチウオシーズンはまだ前半戦。あの楽しさをもう一度! 次回はリベンジ! と両者の思いを叶えるチャンスは続いている。

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読