コツは指示ダナを守ること! キハダの仕掛けをご紹介(湘南 海成丸)

コツは指示ダナを守ること! キハダの仕掛けをご紹介(湘南 海成丸)

今回、「湘南 海成丸」の取材は二日間敢行。その二日で女将は20㎏以上と思われるキハダを4回ヒットさせた。惜しくも海面でキハダをサメに食われたり、オマツリしてハリスが切れるなどして取り込むことはできなかったが、渋いなか連発させたのは驚異的だった。


コツはエサをしっかりと付けること! 無駄に糸を出さないこと!

出船前にビギナーにレクチャーする鈴木船長

とにかく食わせる奈穂子女将

タモに入るまでキハダとの勝負はわからない!

8㎏級を難なく取り込んだ女将の奈穂子さん

女性アングラーがキメジサイズをキャッチ

嬉しい1本!

貸し竿でゲット!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「湘南 海成丸」。

解禁当初はコマセ釣りで食いが良かった相模湾のキハダ&キメジ。解禁から数日経つと、シラスやイワシを追いかけはじめてコマセへの反応が悪くなった。
そんな状況にもかかわらず、茅ヶ崎港「湘南 海成丸」の女将である鈴木奈穂子さんは、コンスタントにデカキハダを食わせ、8月17日までに30㎏、27㎏、25㎏の3本のデカキハダをゲットしている。女将さんにキハダを釣るコツを聞くと、「付けエサをしっかり付けること。指示ダナを守ること。やり取りは無駄に糸を出さないこと」と話す。
今回の取材でも20㎏を超すキハダを3発食わせた女将さん。惜しくもサメの被害やオマツリなどで取り込むことができなかったが、女将の食わせる技は圧巻だった。

茅ヶ崎港「湘南 海成丸」の女将さん仕掛け。仕掛けはシンプルに

女将のタックルと仕掛けを紹介しよう。
竿はグラスムクのワンピースタイプのライト泳がせ用。リールはシマノ「ビーストマスター6000」。これに道糸はPEラインの8号を巻いている。
そして道糸とテンビンの間に、太さ3㎜、長さ1mの「ロングライフクッション」を介している。テンビンは固定式を使用。
ビシはステン缶とプラビシを使用。オマツリなどで道糸が切れて、ビシとテンビンのセットを何度もロストしているので、今年はショップで安く売っているステン缶を使っているという。
テンビンから下の仕掛けはシンプルかつ太めだ。ハリスはフロロカーボン28号、ハリはインターフック「ジャイアンとキハダ」の16号を使用。アクセサリー類はまったく付けない。ハリスの長さはその時の状況次第。ちなみに取材当日は3ヒロだった。
「ハリスは太くてもキハダもキメジも食います。やり取りに時間をかけたくないので、ある程度強引にやり取りするために太めのハリスを使っています」と話す、女将。
エサはオキアミのみ。付け方は、今シーズンはオキアミの抱き合わせがとくにアタっているという。そのため、取材当日もずっと抱き合せで狙っていた。

タナの取り方。最初は竿を手に持ち、ある程度主導権を握ろう!

「キハダを釣るコツは?」と女将さんに聞くと、「指示ダナを守ること。付けエサをしっかり付けること。やり取りで無駄に糸を出さないことです」という。
「湘南 海成丸」では、「40m」のように一点集中の指示ダナのほか、「30〜40m」のように幅のある指示ダナが出される。
女将さんのタナの取り方は基本そのもの。タナよりも2〜3m下までビシを下げ、その位置からコマセをまきながらタナまで巻き上げる。ただし、投入合図が出た直後にすでに反応が船下に入ったときは、タナの下までビシを下ろしている時間がないので、タナでビタ止めするという。
また幅のある指示ダナが出たときは、基本的には指示ダナの下限でアタリを待つ。しかし、タナに迷ったとき、すでに反応が船下まで入って間に合わないときは指示ダナの中間でアタリを待つ。
そして、竿を手に持ってアタリを待つ。これはハリを飲まれないように、アタったと同時に大きく即アワセをするためだ。キハダは歯が鋭い。ハリを飲まれて、ハリスが歯に当たると切れてしまう。
やり取りは最初は竿を手に持ち、あるていど主導権を握ったら竿をキーパーにかけて電動ポンピングで巻き上げる。ドラグは両手で強く引いて出るくらいの設定だ。

以上の記事は「つり丸」2015年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


テクニカルで激アツ! 東京湾の照りゴチが今絶好調だ!(だてまき丸)

テクニカルで激アツ! 東京湾の照りゴチが今絶好調だ!(だてまき丸)

東京湾のマゴチが元気いっぱい! 連日トップ10本前後、サイズも60㎝オーバーが飛び出すなど絶好調だ。


シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

相模湾のコマセ釣りにおけるキハダ&カツオ釣りは、8月からスタートしている。今シーズンの解禁初日は、カツオの好釣で開幕した。2〜4㎏のサイズが主体で、トップで5〜10本を記録する船が多かった。その後も好釣果に沸く日が多く、クーラー満タン釣れすぎ早揚がりとなる日もあった。


食い活発な照りマゴチシーズン! 仕掛け&タナの取り方(だてまき丸)

食い活発な照りマゴチシーズン! 仕掛け&タナの取り方(だてまき丸)

3月ごろに開幕し今シーズンも好調に釣れ続いている東京湾のマゴチ。新子安恵比須橋の「だてまき丸」は、このマゴチを宿の看板とし一年の多くの時間をかけて狙い続けている。 ただ、「照りゴチ釣り」という言葉もある通り、マゴチは本来夏の釣り物とされてきた。今回も夏の釣り物の代表として「だてまき丸」のマゴチを取材した。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読