沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

今期は7月以降もチャンス大! 外房のヒラマサ&ワラサ(山正丸)

今期は7月以降もチャンス大! 外房のヒラマサ&ワラサ(山正丸)

例年であれば、ゴールデンウイーク前から夏前頃までは外房は青物のベストシーズンを迎える。この頃をとくに“春マサシーズン”と呼び、ヒラマサはもちろんワラサの好釣果で大いに賑わう。


6月中旬に入りワラサやイナダが大きな群れで回遊中! 大好機だ!

ヒラマサカップ開催中とあって、多くのアングラーが乗船。熱いバトルが繰り広げられていた

ジグもアンダーハンドでキャストして、できるだけ広範囲を探る。外房では基本中の基本テクニックだ

ガツンとヒットしたらリールからラインを出して疾走する青物の引きは最高にエキサイティング!

ダイワのリール開発を手がける上野さんはワラサ! リールはもちろんソルティガ!

水面でのバラシも多いので、ネットに入るまでは油断禁物!

取材日唯一のヒラマサ。例年であればこの時期はこのサイズが船中何本もヒットするのだが…。貴重な一本は初ヒラマサだったとのこと。おめでとうございます!

常連の石原さんはワラサ。「ヒラマサを狙っているんだけど…」。ヒラマサを狙っていてもワラサやイナダが次々とヒットしてしまう。外房にはそれぐらいイナダ&ワラサが回遊中! チャンスだ!!

常連アングラーもイナダやワラサを次々キャッチ!

貴重な一本を釣り上げた!

良型ゲットだぜ

仲良くダブルでヒットだ!

こちらも二人ともゲット。釣れるとやっぱり嬉しいね

取材日はトリヤマが立っているポイントもあり、イナダやワラサが絶好調! 複数キャッチした人も多かった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

今年は釣果に日ムラが多く、10㎏オーバーの大型ヒラマサのヒットは目立ったものの、数的にはイマイチ安定しなかった。
それが6月中旬に入り、ワラサやイナダが大きな群れで回遊! ちょうどヒラマサカップの開催期間中とあって多くのアングラーが乗船する「山正丸」船上は、ワラサやイナダが次々と取り込まれ、ほとんどのアングラーがキャッチ! 2本、3本と複数キャッチする人も多かった。
「今年はまったく読めませんね…。毎日出たとこ勝負でやっています。例年ならこの時期は3㎏前後のヒラマサが大きな群れで回遊して来るのですが、今年はそれが見られません。ですが、もしかしたらこれから回って来るのかもしれません。いずれにしても、7月も引き続き青物を狙っていきます」と話す、大原港「山正丸」の山口徹船長。
ようやく今頃になって本気を出して来た感のある外房の海。ということは…。ヒラマサも本番はこれからか!? しばらくは外房から目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

南房で生きイワシの泳がせ釣りが始まった。イワシを泳がせて根周りの高級魚を狙い撃ちするのは千倉港の「千鯛丸」。水深20mから70mと幅広いポイントを探り、多彩な魚が顔を見せてくれる。


年末年始の釣行にもオススメ! 絶好調の外房イサキ(義丸)

年末年始の釣行にもオススメ! 絶好調の外房イサキ(義丸)

御宿岩和田「義丸」のホームページでは、11月1日のイサキ解禁以来「反応濃くチャンスですよー」の大きな文字。ジャンボイサキのダブル、トリプルの写真で連日賑わっている。規定数の50匹を達成する日や早揚がりの日も多い。お土産高確率のオススメ人気ターゲットだ。


最新の投稿


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

多点掛けと食味で釣り人を魅了する。冬場の人気ターゲット・ヤリイカが駿河湾でスタート。乗りも順調ってことで、お隣の相模湾の様子を探りに12月の中旬に出掛けてみた。


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読