MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今期は7月以降もチャンス大! 外房のヒラマサ&ワラサ(山正丸)

今期は7月以降もチャンス大! 外房のヒラマサ&ワラサ(山正丸)

例年であれば、ゴールデンウイーク前から夏前頃までは外房は青物のベストシーズンを迎える。この頃をとくに“春マサシーズン”と呼び、ヒラマサはもちろんワラサの好釣果で大いに賑わう。

6月中旬に入りワラサやイナダが大きな群れで回遊中! 大好機だ!

ヒラマサカップ開催中とあって、多くのアングラーが乗船。熱いバトルが繰り広げられていた

ジグもアンダーハンドでキャストして、できるだけ広範囲を探る。外房では基本中の基本テクニックだ

ガツンとヒットしたらリールからラインを出して疾走する青物の引きは最高にエキサイティング!

ダイワのリール開発を手がける上野さんはワラサ! リールはもちろんソルティガ!

水面でのバラシも多いので、ネットに入るまでは油断禁物!

取材日唯一のヒラマサ。例年であればこの時期はこのサイズが船中何本もヒットするのだが…。貴重な一本は初ヒラマサだったとのこと。おめでとうございます!

常連の石原さんはワラサ。「ヒラマサを狙っているんだけど…」。ヒラマサを狙っていてもワラサやイナダが次々とヒットしてしまう。外房にはそれぐらいイナダ&ワラサが回遊中! チャンスだ!!

常連アングラーもイナダやワラサを次々キャッチ!

貴重な一本を釣り上げた!

良型ゲットだぜ

仲良くダブルでヒットだ!

こちらも二人ともゲット。釣れるとやっぱり嬉しいね

取材日はトリヤマが立っているポイントもあり、イナダやワラサが絶好調! 複数キャッチした人も多かった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

今年は釣果に日ムラが多く、10㎏オーバーの大型ヒラマサのヒットは目立ったものの、数的にはイマイチ安定しなかった。
それが6月中旬に入り、ワラサやイナダが大きな群れで回遊! ちょうどヒラマサカップの開催期間中とあって多くのアングラーが乗船する「山正丸」船上は、ワラサやイナダが次々と取り込まれ、ほとんどのアングラーがキャッチ! 2本、3本と複数キャッチする人も多かった。
「今年はまったく読めませんね…。毎日出たとこ勝負でやっています。例年ならこの時期は3㎏前後のヒラマサが大きな群れで回遊して来るのですが、今年はそれが見られません。ですが、もしかしたらこれから回って来るのかもしれません。いずれにしても、7月も引き続き青物を狙っていきます」と話す、大原港「山正丸」の山口徹船長。
ようやく今頃になって本気を出して来た感のある外房の海。ということは…。ヒラマサも本番はこれからか!? しばらくは外房から目が離せない!

以上の記事は「つり丸」2018年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
人気の中深海スロー系ジギング。焼津市アングラーズショップ「アクア」のキンメ仕立て船に同船。キンメはナンヨウキンメもまじえ,、全員がキャッチに成功!2㎏クラスも登場!大盛り上がりの釣行となった。
こんなときだからこそ、アシストフックの作り方を覚えておきたい!ストックを増やしておきたい!そんな前向きなアングラーに向け、アシストフック作り方講座を開催!
外房 青物ルアーゲームがベストシーズンに突入!現在はジギングでワラサが絶好調!当日は女性陣も満喫。ひとりで何本もキャッチしていた。ヒラマサの大型も回遊!タックルを万全にして出かけよう!
東京湾に横浜新山下「アイランドクルーズFC」が展開する、クロダイ&キビレ新釣法が登場!ワームを使ってキャスティング、ボトムを攻める!ボトムチニング!!その魅力と基本釣法を紹介!
最新記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読