MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
きっかけひとつで泳がせ釣りのカンパチ爆釣スイッチオン!(ラッパ荘)

きっかけひとつで泳がせ釣りのカンパチ爆釣スイッチオン!(ラッパ荘)

伊豆諸島のカンパチの超一級ポイントとして知られる三宅島の沖に鎮座する三本岳。銭洲と同じくカンパチが大好物のムロアジが、この三本岳の周辺に集結。8月と9月に小型のムロアジをエサにした泳がせ釣りで良型カンパチの数釣りを楽しむことができる。

泳がせ釣りのカギをにぎるムロアジ! ムロアジ釣り名人を目指せ!

ポイントは三宅島・三本岳周りだ。まずはエサになるムロアジを釣る

のべ竿で表層に浮いたチビムロを次々にあげる村上さん。こののべ竿の釣りもなかなかコツが必要だ

船の大きなイケスにムロアジがたっぷりとたまった

ハリ付けは、鼻掛けが基本

魚探の中層の反応はすべてムロアジ、ボトム付近にはウメイロが映っている

カンパチの回遊を察知し、見事フッキングに持ち込んだ村上裕二さん

タモにおさまった丸々太ったホンカンパチ。たっぷりムロアジを捕食していた

泳がせ釣りで本命ゲットだ!

チビムロカンパチ泳がせはこのサイズが数釣れる!

村上さんは二本目も良型を釣り上げた

お土産はウイリー仕掛けでウメイロを!

インチクやジギングでアカハタがヒット。酒蒸しが最高においしい

市販のムロアジ専用サビキは必携。釣れるムロアジの大きさによりハリのサイズを替えよう

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・三宅島「ラッパ荘」。

伊豆諸島のひとつ、三宅島。この島の最大のカンパチポイントといえば、島の西沖に鎮座する三本岳周りだ。
太平洋上に突出した岩礁帯で銭洲と並ぶ磯釣りの超一級ポイントでもあり、8月から9月にかけてムロアジの幼魚、いわゆるチビムロアジがこの島の浅場に大挙して集まってくる。
カンパチはチビムロが大好物。だから、それを捕食しにカンパチの群れも回遊するのだ。
ここへ釣行したのは、8月半ば。残念ながら、カンパチの入れ食いは体験できなかったが、例年であれば、生きエサの数に比例して、カンパチが釣れる時期だ。
どうやら、今期はムロアジの湧きがかなりいい。三本岳周りはもちろん、三宅島周りのいたるところでムロアジが入れ食いになった。
カンパチは確実にいる。黒潮の流路が変化したり、台風などのシケやで海がかき回されれば、海のなかの状況は一変する。そうなれば、一気にカンパチの活性が上がるだろう。
まさに、今年の秋はカンパチ祭りになる要素がいっぱいにある三宅島周り。ぜひ、東海汽船を利用して三宅島へ渡り、チビムロ泳がせ釣りにチャレンジしてみてほしい。

ムロアジ釣りタックル。生きのよいエサをゲットできるかが重要だ

この釣りで一番大事なことは、“いかに生きのよいエサを多く確保できるか”ということ。カンパチの数は、釣ったエサの数に比例するといっても過言ではない。ムロアジの幼魚“チビムロ”や中型のムロアジをエサにするこれからの時期は、とくにそうといえる。
だから、まずはエサ釣りを真剣に行うことからスタートすることとなる。
カンパチの食いつきがいい小型のムロアジほど、表層に群れる傾向があるので、できるだけムロアジは表層付近で釣るのが基本だ。
これは、乗船者全員で協力して釣らなくてはいけない。誰か一人がタナを深くしてしまうと、浮いた魚が一気に沈んでしまうからだ。
釣った魚を直接手で触らないことも大切だ。ハリ外しは必携アイテム。すばやく外してイケスで泳がせよう。

逃げ回るムロアジをどうカンパチに食いやすくするかを考える!

さて、十分な生きエサを確保できたら、次は本命カンパチ釣りだ。釣ったムロアジを泳がせる。
三宅島周辺は浅場が多いのでエサのハリ付けは、基本的に鼻掛けでよい。そして、1投入1匹がベター。
カンパチがそのポイントにいれば、必ず投入したエサが暴れる。それが魚信だ。
魚の活性が高いときは、オモリの着底と同時にひったくるようにアタリが出てヒットする。
そうでないときは、竿先の目感度でとらえた暴れをこの後どうするかでカンパチが食うか食わないかが決まる。
逃げ回るムロアジをどうカンパチに食いやすくさせるかを考え、ロッド操作しなくてはならない。具体的には暴れを感じたところから、スローな動作でロッドを聞き上げる、もしくは、ゆっくり送り込むがそれ。どちらがよいかはやってみないとわからない。
そうこうしてカンパチが食わないようなら、イカ釣りの巻き落としのように、いったんそのタナからエサのムロアジを外してから、再び底ダチをとるようにしよう。
エサが全く暴れなくなったり、弱っていると明らかに分かるときは、仕掛けを回収して元気に泳ぎまわる新しいエサに付けなおそう。
泳がせ釣りのアワセというと、思いきり強くアワセる、いわゆる電撃アワセのイメージがあるが、とくにチビムロカンパチ釣りではそれは、あまりよくない。
アタリが出てグイグイと竿先が海中に強く引きこまれたら、重い荷物をゆっくりを持ち上げるように、ロッドを聞き上げる動作がアワセになる。
このように、早アワセは厳禁。強めにアワセを入れるのは追いアワセ時のみとしよう。

以上の記事は「つり丸」2015年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読