きっかけひとつで泳がせ釣りのカンパチ爆釣スイッチオン!(ラッパ荘)

きっかけひとつで泳がせ釣りのカンパチ爆釣スイッチオン!(ラッパ荘)

伊豆諸島のカンパチの超一級ポイントとして知られる三宅島の沖に鎮座する三本岳。銭洲と同じくカンパチが大好物のムロアジが、この三本岳の周辺に集結。8月と9月に小型のムロアジをエサにした泳がせ釣りで良型カンパチの数釣りを楽しむことができる。


泳がせ釣りのカギをにぎるムロアジ! ムロアジ釣り名人を目指せ!

ポイントは三宅島・三本岳周りだ。まずはエサになるムロアジを釣る

のべ竿で表層に浮いたチビムロを次々にあげる村上さん。こののべ竿の釣りもなかなかコツが必要だ

船の大きなイケスにムロアジがたっぷりとたまった

ハリ付けは、鼻掛けが基本

魚探の中層の反応はすべてムロアジ、ボトム付近にはウメイロが映っている

カンパチの回遊を察知し、見事フッキングに持ち込んだ村上裕二さん

タモにおさまった丸々太ったホンカンパチ。たっぷりムロアジを捕食していた

泳がせ釣りで本命ゲットだ!

チビムロカンパチ泳がせはこのサイズが数釣れる!

村上さんは二本目も良型を釣り上げた

お土産はウイリー仕掛けでウメイロを!

インチクやジギングでアカハタがヒット。酒蒸しが最高においしい

市販のムロアジ専用サビキは必携。釣れるムロアジの大きさによりハリのサイズを替えよう

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・三宅島「ラッパ荘」。

伊豆諸島のひとつ、三宅島。この島の最大のカンパチポイントといえば、島の西沖に鎮座する三本岳周りだ。
太平洋上に突出した岩礁帯で銭洲と並ぶ磯釣りの超一級ポイントでもあり、8月から9月にかけてムロアジの幼魚、いわゆるチビムロアジがこの島の浅場に大挙して集まってくる。
カンパチはチビムロが大好物。だから、それを捕食しにカンパチの群れも回遊するのだ。
ここへ釣行したのは、8月半ば。残念ながら、カンパチの入れ食いは体験できなかったが、例年であれば、生きエサの数に比例して、カンパチが釣れる時期だ。
どうやら、今期はムロアジの湧きがかなりいい。三本岳周りはもちろん、三宅島周りのいたるところでムロアジが入れ食いになった。
カンパチは確実にいる。黒潮の流路が変化したり、台風などのシケやで海がかき回されれば、海のなかの状況は一変する。そうなれば、一気にカンパチの活性が上がるだろう。
まさに、今年の秋はカンパチ祭りになる要素がいっぱいにある三宅島周り。ぜひ、東海汽船を利用して三宅島へ渡り、チビムロ泳がせ釣りにチャレンジしてみてほしい。

ムロアジ釣りタックル。生きのよいエサをゲットできるかが重要だ

この釣りで一番大事なことは、“いかに生きのよいエサを多く確保できるか”ということ。カンパチの数は、釣ったエサの数に比例するといっても過言ではない。ムロアジの幼魚“チビムロ”や中型のムロアジをエサにするこれからの時期は、とくにそうといえる。
だから、まずはエサ釣りを真剣に行うことからスタートすることとなる。
カンパチの食いつきがいい小型のムロアジほど、表層に群れる傾向があるので、できるだけムロアジは表層付近で釣るのが基本だ。
これは、乗船者全員で協力して釣らなくてはいけない。誰か一人がタナを深くしてしまうと、浮いた魚が一気に沈んでしまうからだ。
釣った魚を直接手で触らないことも大切だ。ハリ外しは必携アイテム。すばやく外してイケスで泳がせよう。

逃げ回るムロアジをどうカンパチに食いやすくするかを考える!

さて、十分な生きエサを確保できたら、次は本命カンパチ釣りだ。釣ったムロアジを泳がせる。
三宅島周辺は浅場が多いのでエサのハリ付けは、基本的に鼻掛けでよい。そして、1投入1匹がベター。
カンパチがそのポイントにいれば、必ず投入したエサが暴れる。それが魚信だ。
魚の活性が高いときは、オモリの着底と同時にひったくるようにアタリが出てヒットする。
そうでないときは、竿先の目感度でとらえた暴れをこの後どうするかでカンパチが食うか食わないかが決まる。
逃げ回るムロアジをどうカンパチに食いやすくさせるかを考え、ロッド操作しなくてはならない。具体的には暴れを感じたところから、スローな動作でロッドを聞き上げる、もしくは、ゆっくり送り込むがそれ。どちらがよいかはやってみないとわからない。
そうこうしてカンパチが食わないようなら、イカ釣りの巻き落としのように、いったんそのタナからエサのムロアジを外してから、再び底ダチをとるようにしよう。
エサが全く暴れなくなったり、弱っていると明らかに分かるときは、仕掛けを回収して元気に泳ぎまわる新しいエサに付けなおそう。
泳がせ釣りのアワセというと、思いきり強くアワセる、いわゆる電撃アワセのイメージがあるが、とくにチビムロカンパチ釣りではそれは、あまりよくない。
アタリが出てグイグイと竿先が海中に強く引きこまれたら、重い荷物をゆっくりを持ち上げるように、ロッドを聞き上げる動作がアワセになる。
このように、早アワセは厳禁。強めにアワセを入れるのは追いアワセ時のみとしよう。

以上の記事は「つり丸」2015年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カンパチの楽園・三宅島!ムロアジの泳がせで釣るカンパチ(ラッパ荘)

カンパチの楽園・三宅島!ムロアジの泳がせで釣るカンパチ(ラッパ荘)

今年も伊豆諸島周辺のカンパチポイントに小型と中型のムロアジたちが集結中だ。この魚はフィッシュイーターのカンパチにとって大好物。当然のごとく、カンパチもこの魚を追って集結する。つまり、両魚とも釣りやすくなるので本格的なカンパチシーズンの開幕といえるのだ。


超当たり年だ! 銭州カンパチの仕掛け&釣り方までご紹介(龍正丸)

超当たり年だ! 銭州カンパチの仕掛け&釣り方までご紹介(龍正丸)

大物の聖地としていまもその名を全国に轟かせている銭洲。3年前にはIGFAのワールドレコードとなる74㎏の巨大カンパチもキャッチされており、まだまだそのポテンシャルの高さには定評があるフィールドだ。


最盛期が近づき上向き傾向! 東京湾のシロギス釣り(かめだや)

最盛期が近づき上向き傾向! 東京湾のシロギス釣り(かめだや)

釣って楽しく、食べて美味しいシロギス。最盛期が近づき釣果が上向いてきている。浅場を狙うこの時期は、アタリがわかりやすく、ヒットすればキュンキュンと力強く竿を曲げてくれるので、初めてでも釣りのおもしろさが味わえる。


ムロアジ&サバで釣る大物! 泳がせ釣りカンパチ絶好機!(龍正丸)

ムロアジ&サバで釣る大物! 泳がせ釣りカンパチ絶好機!(龍正丸)

大物釣りの聖地、銭洲が秋のカンパチシーズンを迎えている。太平洋上に突出する銭洲岩礁周辺の浅場にはチビムロと呼ばれる小型のムロアジが大集結中だ。今期は小型ではなく25㎝前後の中型のムロアジが多く回遊しており、それがメインのベイトになっているようだ。


絶海の孤島”イナンバ”で釣る! 遠征五目釣りのススメ(舵丸)

絶海の孤島”イナンバ”で釣る! 遠征五目釣りのススメ(舵丸)

夏の遠征釣りがヒートアップ中の伊豆諸島海域。静岡県内からJGという限定近海許可を持っている遊漁船が行ける、もっとも遠い伊豆諸島のポイントのひとつがイナンバだ。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読