MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ようやく本格化、スルメ釣りの醍醐味満喫!!【相模湾・城ヶ島沖】

ようやく本格化、スルメ釣りの醍醐味満喫!!【相模湾・城ヶ島沖】

温? 潮色? はたまた潮流の向きが悪いのか? なかなか好釣果の声が聞かれなかった相模湾東部のスルメイカ。ようやく遅ればせながら本格化の兆しが見えてきた!

ようやくトップで30杯前後釣れる日も出てきた相模湾東部のスルメイカ。釣れているサイズは25㎝級から大型の40㎝級まで

船上干しはこの釣りのトレードマークだ。

大きな群れにあたれば、一度に何人も乗る!

ようやく本格化の兆しが見えてきたスルメイカ。

こちらは4点掛け!

うまく誘って乗せよう!

「やまはち丸」オリジナル仕掛けはバリエーション豊富。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小網代「やまはち丸」。

浮き沈みはあるものの、トップで30杯前後釣れる日も出てきている相模湾東部のスルメイカ。釣れているサイズは25㎝級から大型の40㎝級までと大小まじっているのが今期の特徴。小型は刺身や沖漬け。大型は塩辛、沖干しにとアフターフィッシングの楽しみも幅が広く嬉しい。
大小まじりで釣れている状況から、ツノのサイズは14㎝が基準となる。これに18㎝を数本まぜて使ってみてもおもしろそうだ。また、大型がそろう日並ならば18㎝をメインにするといいだろう。
「ウチの常連は、あまり数にこだわらず、一日を楽しく過ごしたいという人が多いですよ」とは、周年イカを狙っている小網代港「やまはち丸」の出口訓船長。船上は和やかなムードが漂い、初めて訪れても楽しい一日を過ごせる船宿だ!

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
関東が誇る人気ヒラマサフィールドの外房沖。ヒラマサに照準を絞り、こだわりを持って通い続けるアングラーも多いが、冬から春先のワラサメインの時期も魅力。今回はワラサにスポットを当て外房沖の攻略法を紹介!
房屈指の大ダイ場・勝浦沖で「専門店」の看板を掲げるのが、川津「とみ丸」。「専用タックル+探検丸CV&タイラバも無料レンタルで完全サポート!ぜひ当地のタイラバに挑戦してみよう。
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
多彩なルアーゲームを展開する船橋港の「フレンドシップ」はタイラバゲームを得意とする船のひとつ。魅了されるアングラーも数多いタイラバゲームを紹介する。
最新記事
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
高性能でありながらコストパフォーマンスが高いPEライン 「UVFソルティガデュラセンサー8+Si2」
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読