MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ようやく本格化、スルメ釣りの醍醐味満喫!!【相模湾・城ヶ島沖】

ようやく本格化、スルメ釣りの醍醐味満喫!!【相模湾・城ヶ島沖】

温? 潮色? はたまた潮流の向きが悪いのか? なかなか好釣果の声が聞かれなかった相模湾東部のスルメイカ。ようやく遅ればせながら本格化の兆しが見えてきた!

ようやくトップで30杯前後釣れる日も出てきた相模湾東部のスルメイカ。釣れているサイズは25㎝級から大型の40㎝級まで

船上干しはこの釣りのトレードマークだ。

大きな群れにあたれば、一度に何人も乗る!

ようやく本格化の兆しが見えてきたスルメイカ。

こちらは4点掛け!

うまく誘って乗せよう!

「やまはち丸」オリジナル仕掛けはバリエーション豊富。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小網代「やまはち丸」。

浮き沈みはあるものの、トップで30杯前後釣れる日も出てきている相模湾東部のスルメイカ。釣れているサイズは25㎝級から大型の40㎝級までと大小まじっているのが今期の特徴。小型は刺身や沖漬け。大型は塩辛、沖干しにとアフターフィッシングの楽しみも幅が広く嬉しい。
大小まじりで釣れている状況から、ツノのサイズは14㎝が基準となる。これに18㎝を数本まぜて使ってみてもおもしろそうだ。また、大型がそろう日並ならば18㎝をメインにするといいだろう。
「ウチの常連は、あまり数にこだわらず、一日を楽しく過ごしたいという人が多いですよ」とは、周年イカを狙っている小網代港「やまはち丸」の出口訓船長。船上は和やかなムードが漂い、初めて訪れても楽しい一日を過ごせる船宿だ!

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。
千葉県長浦港「こなや」では、この時期シーバスジギングが活況。水温が上がり始めればグッと釣果も上向くのが例年のパターン。ここでは、基本的なタックルセレクトとベーシック釣法&釣行レポートを紹介する。
相模湾のサワラのルアーゲームは、イワシを追って跳ねればキャスティング、それ以外はジギング。タックルは2種類が必要となる。今回はタックルと釣り方の概要を紹介!極上サワラをぜひキャッチしていただきたい。
東京湾の冬の名物ジギングシーバスがシーズン佳境を迎える。川崎「つり幸」は古くからシーバス乗合を続けている船のひとつだ。タックル、釣り方の基本を押さえておこう!
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
最新記事
ICリール史上最軽量、水深を音で検知するデプスアラーム搭載の小型両軸リール「ティエラIC」
剣崎沖のカワハギが絶好調!1月末に久比里「山天丸釣船店」のカワハギ船を取材。海況がよくなかったにもかかわらず、トップ釣果28枚。取材日の4日前にはトップ釣果54枚を記録!サイズも良型!今がチャンスだ!
年明けにロケットスタートを切った波崎沖カンネコ根周辺のヤリイカ。今回は仕掛け~釣り方~サバ&サメ対策もバッチリ紹介!うまい波崎沖のジャンボヤリイカを釣りに行きましょう!!
神奈川県小坪港「太郎丸」では、手軽に楽しめる深場釣り!相模湾のキンメダイ五目が沸騰中!当日は終盤に4連、5連、6連を達成!今後も期待は充分だ!
ハヤブサでは、ハヤブサと一緒に釣りを盛り上げる女性サポートスタッフ(女性アングラー)「隼華(HAYAKA)」を1月20日(月)~3月22日(日)の期間、一般公募。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読