MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ようやく本格化、スルメ釣りの醍醐味満喫!!【相模湾・城ヶ島沖】

ようやく本格化、スルメ釣りの醍醐味満喫!!【相模湾・城ヶ島沖】

温? 潮色? はたまた潮流の向きが悪いのか? なかなか好釣果の声が聞かれなかった相模湾東部のスルメイカ。ようやく遅ればせながら本格化の兆しが見えてきた!

ようやくトップで30杯前後釣れる日も出てきた相模湾東部のスルメイカ。釣れているサイズは25㎝級から大型の40㎝級まで

船上干しはこの釣りのトレードマークだ。

大きな群れにあたれば、一度に何人も乗る!

ようやく本格化の兆しが見えてきたスルメイカ。

こちらは4点掛け!

うまく誘って乗せよう!

「やまはち丸」オリジナル仕掛けはバリエーション豊富。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小網代「やまはち丸」。

浮き沈みはあるものの、トップで30杯前後釣れる日も出てきている相模湾東部のスルメイカ。釣れているサイズは25㎝級から大型の40㎝級までと大小まじっているのが今期の特徴。小型は刺身や沖漬け。大型は塩辛、沖干しにとアフターフィッシングの楽しみも幅が広く嬉しい。
大小まじりで釣れている状況から、ツノのサイズは14㎝が基準となる。これに18㎝を数本まぜて使ってみてもおもしろそうだ。また、大型がそろう日並ならば18㎝をメインにするといいだろう。
「ウチの常連は、あまり数にこだわらず、一日を楽しく過ごしたいという人が多いですよ」とは、周年イカを狙っている小網代港「やまはち丸」の出口訓船長。船上は和やかなムードが漂い、初めて訪れても楽しい一日を過ごせる船宿だ!

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
現在、波崎沖の青物は小型のヒラマサがよくヒットしているが、今後はワラサがおもしろくなる。ワラサは例年では年明け以降も続く。ベイトとスピニングを使い分け、エキサイティングなジギングを楽しもう!
東京湾のタイラバゲームが活況だ。取材日は湾口一帯の水深40~50mの各ポイントが主戦場!トップは11枚。最大は3.3㎏。近年の基本タックル&ヒットタイラバを紹介!
ブリシーズン到来の合図となる「鰤起こし」到来!冬の新潟・柏崎沖でブリクラスを狙ったジギングゲームを堪能。スキッディング&ジギングで攻略「アシストクラブ金進丸」のブリゲームを紹介する。
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
最新記事
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読