MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ようやく本格化、スルメ釣りの醍醐味満喫!!【相模湾・城ヶ島沖】

ようやく本格化、スルメ釣りの醍醐味満喫!!【相模湾・城ヶ島沖】

温? 潮色? はたまた潮流の向きが悪いのか? なかなか好釣果の声が聞かれなかった相模湾東部のスルメイカ。ようやく遅ればせながら本格化の兆しが見えてきた!

ようやくトップで30杯前後釣れる日も出てきた相模湾東部のスルメイカ。釣れているサイズは25㎝級から大型の40㎝級まで

船上干しはこの釣りのトレードマークだ。

大きな群れにあたれば、一度に何人も乗る!

ようやく本格化の兆しが見えてきたスルメイカ。

こちらは4点掛け!

うまく誘って乗せよう!

「やまはち丸」オリジナル仕掛けはバリエーション豊富。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小網代「やまはち丸」。

浮き沈みはあるものの、トップで30杯前後釣れる日も出てきている相模湾東部のスルメイカ。釣れているサイズは25㎝級から大型の40㎝級までと大小まじっているのが今期の特徴。小型は刺身や沖漬け。大型は塩辛、沖干しにとアフターフィッシングの楽しみも幅が広く嬉しい。
大小まじりで釣れている状況から、ツノのサイズは14㎝が基準となる。これに18㎝を数本まぜて使ってみてもおもしろそうだ。また、大型がそろう日並ならば18㎝をメインにするといいだろう。
「ウチの常連は、あまり数にこだわらず、一日を楽しく過ごしたいという人が多いですよ」とは、周年イカを狙っている小網代港「やまはち丸」の出口訓船長。船上は和やかなムードが漂い、初めて訪れても楽しい一日を過ごせる船宿だ!

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾のシイラが例年にないほどのロケットスタートを切っている。特大クラスはまだキャッチでできてないが、メーターオーバーはけっこう出ている。梅雨があければ期待は特大!早めの釣行がおすすめ!
更新: 2019-06-23 07:00:00
今全国各地で盛り上がっている釣り“スーパーライトジギング”とは文字通りPE0.8号前後のライトライン&タックルで楽しむジギング。イサキが代表的ターゲットだが狙いは全国各地に生息するすべての魚たちが対象!
更新: 2019-06-16 07:00:00
鹿島沖の青物がようやく本格化して来た。まだ日ムラはあるものの、ヒラマサにワラサ・イナダがジギングで好調に釣れているのだ。
更新: 2019-06-14 07:00:00
南伊豆出船で狙う、御蔵島のジギング&キャスティングゲームが好調。大型のヒラマサ、キハダが御蔵島に回遊中だ。釣法はジギング、キャスティングともに有効だ。状況によって、両タックルを準備しておくと安心だ!
更新: 2019-06-09 07:00:00
外房の青物ルアーゲームが絶好調!メインターゲットはヒラマサとワラサ。この時期のヒラマサは“春マサ”と呼ばれ、秋と並んで2大シーズンのひとつだ。夢の外房ヒラマサ10㎏オーバーをキャッチするチャンス!!
更新: 2019-06-04 12:00:00
最新記事
エサ釣りとルアー釣りが胴船で釣果を競ってみるとどうなるのか…!? 東京湾のアジ釣りで検証してみました! LTのコマセ釣りとバチコン、果たしてどちらが勝つか…!?
更新: 2019-06-24 13:40:26
昨年、大山沖のイサキ釣りを初経験。「幅広、身厚で良型でこんな美味しいとは」と。関東周辺で釣りをしていると、なかなかイサキ釣行までたどり着かない。その時決意した。「来年こそは、真っ先釣るぞ!」と。
更新: 2019-06-24 13:39:36
釣り人憧れの聖地『銭洲』でアカイカカンパチが始まった。カンパチの大好物アカイカを生きたままエサにするこの釣りは、時として爆発的な釣果を叩き出す。泳がせだけでなくコマセ五目釣りもOK!今年も好調だ!
更新: 2019-06-24 12:00:00
6月1日、関東エリアで先陣を切って開幕した外房飯岡沖の生きイワシエサのヒラメ釣り。夏ビラメは産卵を終え、活発にエサを追うため、数釣りも簡単。大型まじりで、ヒラメ釣り入門にももってこいだ!
更新: 2019-06-23 12:00:00
相模湾のシイラが例年にないほどのロケットスタートを切っている。特大クラスはまだキャッチでできてないが、メーターオーバーはけっこう出ている。梅雨があければ期待は特大!早めの釣行がおすすめ!
更新: 2019-06-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読