水深10〜20m浅場で時合いにマダイラッシュ警報発令中!(幸丸)

水深10〜20m浅場で時合いにマダイラッシュ警報発令中!(幸丸)

飯岡沖のテンヤマダイ釣りは、他のエリア同様、春の乗っ込みや秋がハイシーズンと思われがちだが、実はいまが注目されている。


食べごろサイズのマダイがあちこちでヒットし、入れ食い状態だ

これは「第51号幸丸」の船上。最新鋭大型船だ

1〜2㎏のマダイの数釣りが楽しめたポイントはなんと11m

PE0.6号使用のLTでやりとりするマダイのファイトは最高に楽しい

「遊動式テンヤは、この釣りのひとつのアイテムとして今後ますます、普及すると思います。テンヤやカブラに慣れている人は釣り方が異なるので、使い分けるとよいですよ!」と石毛さんがアドバイス

プロショップケイズ旭店の店長、石毛卓さんは、飯岡沖テンヤマダイの火着け役。さすがの腕前で2㎏マダイをキャッチ

「浅場では、テンヤを沖目にキャストして広範囲を探ることがいいみたいですね」とは、常連さんの弁

食べごろサイズのマダイが釣れてます!

ぼくにもつれたよ!

午後船の水深20mのポイントで夕マヅメにヒットした2.7㎏。このポイントでも1㎏オーバーばかり入れ食いになった

良型マダイゲットだ!

食べごろでちょうどいいサイズだ

午後船で釣りを楽しんだ向後恵一船長。このサイズを次々に釣り上げた。「遊動式テンヤがおもしろいですよ」という

時合いになると、食べごろサイズのマダイが入れ食いになる。この日石毛さんは午後船で12枚キャッチした

サイズがそろってますね!

「ケイズ」店長の石毛さんがプロデュースしているアムズデザインの遊動式テンヤ。タングステン製のシンカー部がプロテクターと脱着式。簡単に重さを替えることが可能だ。

遊動式テンヤは、ブラックバス用のタングステンシンカーを流用することも可能。フックはタイラバ用の段差フックを使用するのが肝。エサのハリ付けはテンヤやカブラと同じでよい

僚船の「梅花丸」でもマダイが好調に釣れていた

今回、取材にご協力いただいのは、千葉・飯岡「幸丸」。

「8月は浅場で大ダイがよく釣れるんですよ。昨年8月9月は連日大ダイがキャッチされてましたからね。今年は昨年ほどではないですが。その代わりに水深10〜20mも浅場で1〜2㎏サイズの数釣りを楽しんでます」と話す、飯岡港「幸丸」の渡辺一司船長。
実際、乗船すると、時合いに食べごろサイズのマダイがあちこちでヒットし、入れ食い状態。トップは大小含め短時間でツ抜けするほど。もちろん、3㎏を超す大ダイもまじる。
飯岡沖のテンヤマダイのパイオニア向後恵一船長によると、
「毎日出船してポイントを探しまわっていることが釣果に結びついているんです。マダイの魚影はとても濃いので、ぜひ遊びにきてください」とのこと。
今期の恵一船長オススメの仕掛けは、「遊動式テンヤ」。固定テンヤのような即アワセは必要なく、向こうアワセでもよいのでビギナーでもマダイのフッキング率が上がっているという。
「アタリも大きく出ますし、誘遊式を使うとかなりテクニカルに楽しめますよ」とのこと。
秋のシーズンは始まっばかり。テンヤマダイへ行くなら迷わず飯岡沖へ!

以上の記事は「つり丸」2015年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

関東でいち早く解禁し、開幕ラッシュを決めた飯岡沖のヒラメが、3ヵ月が経とうとしている現在も好調をキープ! ほぼ船中ボウズなしで帰港する日が続いている。


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


脂ノリノリの金ピカアジばっかり! 東京湾のアジの釣り方(こなや丸)

脂ノリノリの金ピカアジばっかり! 東京湾のアジの釣り方(こなや丸)

東京湾のLTアジはここ最近、不調という話を聞かない。水温が低下する2~3月でさえ浅場で食いが続き、いまや年中絶好調な釣りと言えるだろう。LTといえどもサイズが良く、脂の乗りはバッチリで、最も人気の高い釣りと言っても過言ではないだろう。


中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

秋のマダイ釣りは、中小型の数釣りが楽しめるシーズン。外房・大原沖のひとつテンヤマダイも8月に入ると水深10〜20mの浅場で中小型主体に数釣れる日が多くなっている。そして、それに大ダイ、中ダイがまじっているのだ。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読