沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

水深10〜20m浅場で時合いにマダイラッシュ警報発令中!(幸丸)

水深10〜20m浅場で時合いにマダイラッシュ警報発令中!(幸丸)

飯岡沖のテンヤマダイ釣りは、他のエリア同様、春の乗っ込みや秋がハイシーズンと思われがちだが、実はいまが注目されている。


食べごろサイズのマダイがあちこちでヒットし、入れ食い状態だ

これは「第51号幸丸」の船上。最新鋭大型船だ

1〜2㎏のマダイの数釣りが楽しめたポイントはなんと11m

PE0.6号使用のLTでやりとりするマダイのファイトは最高に楽しい

「遊動式テンヤは、この釣りのひとつのアイテムとして今後ますます、普及すると思います。テンヤやカブラに慣れている人は釣り方が異なるので、使い分けるとよいですよ!」と石毛さんがアドバイス

プロショップケイズ旭店の店長、石毛卓さんは、飯岡沖テンヤマダイの火着け役。さすがの腕前で2㎏マダイをキャッチ

「浅場では、テンヤを沖目にキャストして広範囲を探ることがいいみたいですね」とは、常連さんの弁

食べごろサイズのマダイが釣れてます!

ぼくにもつれたよ!

午後船の水深20mのポイントで夕マヅメにヒットした2.7㎏。このポイントでも1㎏オーバーばかり入れ食いになった

良型マダイゲットだ!

食べごろでちょうどいいサイズだ

午後船で釣りを楽しんだ向後恵一船長。このサイズを次々に釣り上げた。「遊動式テンヤがおもしろいですよ」という

時合いになると、食べごろサイズのマダイが入れ食いになる。この日石毛さんは午後船で12枚キャッチした

サイズがそろってますね!

「ケイズ」店長の石毛さんがプロデュースしているアムズデザインの遊動式テンヤ。タングステン製のシンカー部がプロテクターと脱着式。簡単に重さを替えることが可能だ。

遊動式テンヤは、ブラックバス用のタングステンシンカーを流用することも可能。フックはタイラバ用の段差フックを使用するのが肝。エサのハリ付けはテンヤやカブラと同じでよい

僚船の「梅花丸」でもマダイが好調に釣れていた

今回、取材にご協力いただいのは、千葉・飯岡「幸丸」。

「8月は浅場で大ダイがよく釣れるんですよ。昨年8月9月は連日大ダイがキャッチされてましたからね。今年は昨年ほどではないですが。その代わりに水深10〜20mも浅場で1〜2㎏サイズの数釣りを楽しんでます」と話す、飯岡港「幸丸」の渡辺一司船長。
実際、乗船すると、時合いに食べごろサイズのマダイがあちこちでヒットし、入れ食い状態。トップは大小含め短時間でツ抜けするほど。もちろん、3㎏を超す大ダイもまじる。
飯岡沖のテンヤマダイのパイオニア向後恵一船長によると、
「毎日出船してポイントを探しまわっていることが釣果に結びついているんです。マダイの魚影はとても濃いので、ぜひ遊びにきてください」とのこと。
今期の恵一船長オススメの仕掛けは、「遊動式テンヤ」。固定テンヤのような即アワセは必要なく、向こうアワセでもよいのでビギナーでもマダイのフッキング率が上がっているという。
「アタリも大きく出ますし、誘遊式を使うとかなりテクニカルに楽しめますよ」とのこと。
秋のシーズンは始まっばかり。テンヤマダイへ行くなら迷わず飯岡沖へ!

以上の記事は「つり丸」2015年9月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

南房で生きイワシの泳がせ釣りが始まった。イワシを泳がせて根周りの高級魚を狙い撃ちするのは千倉港の「千鯛丸」。水深20mから70mと幅広いポイントを探り、多彩な魚が顔を見せてくれる。


最新の投稿


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

多点掛けと食味で釣り人を魅了する。冬場の人気ターゲット・ヤリイカが駿河湾でスタート。乗りも順調ってことで、お隣の相模湾の様子を探りに12月の中旬に出掛けてみた。


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読