MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
面白いぞ! 注目!ベイエリアシーバスゲーム(アイランドクルーズ FC)

面白いぞ! 注目!ベイエリアシーバスゲーム(アイランドクルーズ FC)

「夏から秋口のシーバスは、実はなかなか面白い時期のひとつなんですよ」とは横浜新山下をベースにシーバスゲームを展開している「アイランドクルーズFC」の遠藤正明キャプテン。

perm_media 《画像ギャラリー》面白いぞ! 注目!ベイエリアシーバスゲーム(アイランドクルーズ FC)の画像をチェック! navigate_next

攻略パターンもトップからジギングまでと幅広く楽しみ方も多彩だ

日の出を待って出船、というのが夏シーバスの定番パターン

昨年は10月半ばまで、夏と同様のパターンで楽しめた。イナダやサバなどが混じる確率が高いのも、夏から秋にかけての特徴だ

この日、シーバス初挑戦だった野口賢司さんが最大魚をキャッチ。68cm。ナイスコンディションの夏シーバスだった

状況チェックにロッドを出した遠藤船長はサクッと良型をキャッチ。ここからパターンと使用ルアーのヒントが生まれた

ダントツのヒット数だった、田中忍さん。それでも12ヒットの6キャッチと半分はサヨウナラ。なかにはビッグサイズもいたのは残念

全員ヒットは得たがバラシが多発

取り込みはタモでしっかりと!

激闘の末、勝負あり!

使用したタックルはこれだ

バイブレーションを中心に多彩なルアーを用意しておくとよい

このルアーで90cmオーバーを狙う

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズ FC」。

シーバースなどのストラクチャー撃ちやオープンウォーターでのフルキャストゲームなど舞台はさまざま。攻略パターンもトップからジギングまでと幅が広く、楽しみ方も多種多彩。コンディションよく元気いっぱいのシーバスが多いのもこの時期の魅力だ。
8月中旬の早朝、某社の釣りクラブのチャーター便に同乗させていただいた。まずはシーバース周りを転戦。しかし、期待に反しバイトを得ることができない。
水深10m前後のオープンエリアに移動するも、なかなかファーストフィッシュにめぐりあえない。ジリジリとした時間が流れるうちに、やっと待望の1本目登場! と思いきやジャンプ一発でサヨウナラ。ファイトの巧拙が出やすいのがこの時期の特徴でもある。
だが、1本目を皮切りに次第にヒットが増え始めた。バイブレーションの遠投がメインパターン。同時ヒットが多発したが、バラシも多発。大型をネットに納めることは叶わなかった。悔しさも大きかったが、これも釣り。気分的には十分に釣った印象を得られたのではないだろうか? 元気いっぱいの夏シーバスは9月に入っても健在! だ。

以上の記事は「つり丸」2015年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル