MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

状況を見極め、ルールとマナーを守って安全で楽しい釣りを楽しむ

大雨でもキハダは高活性!鳥の下にはベイトボール!

走るだけ走らせたら、ファイト開始。魚の動きに合わせてやり取りしよう

水面に浮いたキハダはもう動かなかった。勝負あり!

ヒットルアーはCB ONEの「オズマSHW」(シングルフック仕様)。沈下系実績ナンバーワンルアーだ

落ち着いたファイトでアッという間にキャッチしてしまった福島光伸さんのキハダは24.5㎏!

このときはなんと5人が同時ヒット!

船長の差し出すカギやネットにアングラーが魚を誘導する

神子能儀さんはグッドプロポーションの29kg! ルアーはやはり「オズマSHW」(シングルフック仕様)だった

上の29kgと同じナブラでキャッチしたキメジ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯港「邦丸」。

激アツ状況になると、多発するのが事故やトラブル。目の前でボコボコ跳ねるキハダを見てしまうと頭が真っ白になり、後方確認を行わずにキャストする人が増えてしまうのだ。
「キャストは落ち着いて行いましょう。慌てるとミスキャストが多くなります」とは「邦丸」味澤清二郎船長。フックは必ずバーブレス、偏光グラスとキャップの装着、そして後方確認。これらは出船前に味澤船長が必ずアナウンスしていることである。ルールとマナーを守り、楽しく安全にエキサイティングなゲームを楽しもう。

キハダルアータックルをご紹介。ロッドは8フィートが基準だ!

相模湾のキハダのキャスティングゲームでは、ロッドは短いもので7フィート、長いものでは9フィートまで使われる。そのなかでメインとなるのは8フィート前後だ。キャスト性能、取り回しなど、最もバランスに優れる長さだ。
7フィートクラスは胴の間からのアンダーキャスト用、9フィートはロングキャスト用だが、胴の間でオーバーヘッドキャストを行うと大変危険なので、ショートロッドがあるとより快適な攻略が可能だろう。ラインはPE4〜6号。リーダーはメインラインに20倍した数のポンド数が基準。つまりPE4号なら80ポンドである。
リールは、使用するPEラインがが300m以上巻ける、ドラグ性能の優れたハイギア、またはエクストラハイギアタイプがオススメ。ハイギアを選ぶのは、手返し重視のため。多くの乗合船ではローテーション制となっているので、チャンスは一日のうちでも数回しかないと思いたい。その貴重なチャンスに、できるだけ数多くルアーを撃ち込むのだ。
キハダのルアーキャスティング船には、必ず守らなければならないルールとマナーがある。ひとつは、「フックは必ずバーブレス」を使うこと。万が一他のアグラーに刺さってしまっても、バーブレスならすぐに抜くことができる。
次に、目と頭部を保護する偏光グラスと帽子を着用すること。3つ目は、キャスト時は必ず後方を確認し、「投げます」と周囲にひと声掛けてからキャストすることである。
というのも、今年も船上では事故やトラブルが相変わらず多発している。いっこうになくならないのだ。事故やトラブルが起きれば、せっかくの楽しい釣りも台無し。くれぐれもそういったことのないよう、十分に気をつけて楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2015年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル