MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。

この釣りの魅力はビギナーからベテランまで誰でも気軽に楽しめる

取材当日は第二海堡沖〜観音崎沖を狙った

おっ! アタリがきたか⁉︎

悠太郎君は慣れた手つきで着実に数を伸ばした!

良型アジゲット!

この時期のアジは本当に美味しいよ!

食べるにはちょうどいいサイズだ

刺身はもちろん、なめろうやアジフライでも美味しいよ

脂が乗った美味しい「トロサバ」もまじる

この時期はアジとサバの両方が狙える

基本仕掛けはハリス2号だが、サバが多い時はハリス3号で!

付けエサはアカタンのほかアオイソメもあれば万全

コマセのイワシミンチは8分目ぐらいに入れる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大津港「小川丸」。

釣果は日によって多少ムラがあるものの、いい日はトップ50匹前後も珍しくない。
さらに、引きが豪快で初夏〜秋にかけて脂の乗りがよくなる通称「トロサバ」も同時に楽しめる。
この釣りの魅力は何と言ってもビギナーからベテランまで誰でも手軽に楽しめること。お店には電動リール付きの貸し竿も充実していて、「貸し竿さんも大歓迎」と小川淳平船長。
ブランドアジと称される幅広のアジは、上品な脂が乗ってとにかく旨いの一言。刺身はもちろん、タタキ、ナメロウ、アジフライなどいろいろ楽しめる。船長のオススメ開き(干物)は、味が凝縮されてビールのツマミにも最高。「トロサバ」は、〆サバ、塩焼き、味噌煮などが最高だ。
「これから秋にかけて数、型とも期待できるベストシーズンを迎えます」と話す、船長。
最高に旨い東京湾奥のブランドアジとトロサバを是非一度楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2015年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
今シーズンも好調継続中の東京湾タチウオ。新安浦港「義和丸」ではサイズも上々!メーター前後のグッドサイズが多く、110㎝クラスの大型もまじり、半日船でトップ20匹前後という日も!ドラゴンシーズン突入だ!
東京湾のビシアジが絶好調!近年、大アジの魚影は抜群。半日もあれば、レンタルタックルのビギナーでもお土産十分の釣果を期待できる。今後はマダイやクロダイがゲストにまじる。ベテランも大注目の走水沖だ。
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
東京湾LTアジが好調キープ。当日は八景沖〜野島沖を狙った。水深10m台〜20m台という浅場。コマセが効きだすと、どちらの釣り場でもコンスタントにアタりトップ28匹。慣れた人は、ほとんどが25匹前後だった。
手軽で簡単に釣れ、そして食べても美味しいイシモチが、今季も東京湾で絶好調!金沢八景の「小柴丸」では出船の度にトップ40~50匹と高値安定の釣果で、今季もいかんなく優等生振りを発揮している。
最新記事
今シーズンも好調継続中の東京湾タチウオ。新安浦港「義和丸」ではサイズも上々!メーター前後のグッドサイズが多く、110㎝クラスの大型もまじり、半日船でトップ20匹前後という日も!ドラゴンシーズン突入だ!
驚異的な粘りと高弾性を併せ持つスローゲーム専用ベイトロッド「オフショアスティックHSJ CS(スロー)シリーズ」
東京湾のビシアジが絶好調!近年、大アジの魚影は抜群。半日もあれば、レンタルタックルのビギナーでもお土産十分の釣果を期待できる。今後はマダイやクロダイがゲストにまじる。ベテランも大注目の走水沖だ。
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」2020年1月17日~19日に開催
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読