MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。

perm_media 《画像ギャラリー》浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)の画像をチェック! navigate_next

深場で群れに当たると大型連発も! 繊細な誘いがポイントだ!

この日はやや深めの観音崎沖の70mダチを狙った。これが当たって、メーターオーバーが連発した!

大型タチウオの引きは最高。リールがうなりを上げる

浅場主体の夏タチシーズンから、徐々に秋、冬シーズンの深場にポイントが移行中。それにともないサイズもアップしているぞ!

大型連発。でっぷり太っていて脂が乗っていそう。食べるのも楽しみだ!

刺身にムニエル、塩焼きでも美味しいね

まだまだシーズンは続く!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「鴨下丸」。

取材日は夏の浅場釣りの時期は終了に近づき、徐々に深場での釣りに移行する立秋の頃。タチウオの反応は浅場から深場まで広く散らばり、船長はポイント選びに頭を悩ます時期だった。その状況で高山将彦船長が選んだのは観音崎沖の70mダチ、これがぴったりと当たり、同時に何人かの竿が曲がる状態になった。しかも観音崎沖の群れは型が良い。電動リールがうなりを上げ、船上にはメーターオーバーのタチウオが乱舞した。
アタリを出すまでの繊細な誘いと、食い込ませるまでの操作、そしてハリ掛かりしたときの強烈な引き込み、さらにその食味、とタチウオ釣りの魅力は多い。秋が深まるにつれ型は良くなって、掛けた瞬間に竿が止められるような特大サイズも顔を出し始めるだろう。シーズンはまだこれからだ。
「鴨下丸」では、釣況に応じて使うオモリを変えてオマツリを防ぐようにしている。最新の情報は船長のブログで確認するか、予約時に船宿に電話で問い合わせて欲しい。

以上の記事は「つり丸」2015年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル