MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。

perm_media 《画像ギャラリー》南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)の画像をチェック! navigate_next

周年狙えて、いつも美味しい! 刺身は激ウマだし煮付けも絶品だ

取材当日は乙浜沖水深100〜140mを狙った!

残り数十mのところで抵抗した! 本命の可能性大!

緋色の魚体が浮いた! 本命だ!

キロ級のオニカサゴ! 嬉しい1匹!

ジャンボ級のオニカサゴだ!

朝イチはフラッシャーサビキでサバ、アジなどを狙う

これはホウキハタに似たイヤゴハタ

小型ながらイシナギもヒット

お土産には最適だ!

キダイもまじった

朝イチの仕掛けはこの通り

釣れたサバはエサにする!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・乙浜港「真寿海丸」。

オニカサゴは一年中釣れる魚だ。食べても、刺身は激ウマだし、煮つけも絶品だ。そして、この時期オススメなのがズバリ「冷シャブ」! シャブシャブしたオニカサゴのお刺身を氷水か冷蔵庫で冷やしたあと、ポン酢をかけて食べるとこれがもうべらぼうに旨い! 清涼感たっぷりなので、ぜひお試しいただきたい!
そのオニカサゴを釣るとなれば、メッカは南房総だ。乙浜の「真寿海丸」は、周年オニカサゴ船を出船している。舵を握る前川忠夫船長は、乙浜沖の数多いオニカサゴのポイントをすべて熟知している。状況に応じて、次から次へとオニカサゴが釣れるポイントに移動してくれる。こんなにオニカサゴのポイントがあるのかと驚くほどだ。
取材日は、速すぎる潮流とサメに苦戦。それでも船長の熟練の操船で、ほぼ全員がオニカサゴを手にした。また、豊富なゲストも顔を見せた。
「潮さえ直れば、オニカサゴの釣果もきっと復活しますよ!」とは前川船長の談だ。南房で美味しいオニカサゴをぜひ狙ってみよう!

以上の記事は「つり丸」2015年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル