MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

「10㎏の大アラを釣りたい!」そんな幻級の高級魚を釣るなんて、夢の話だったが、現実にかなえてくれるのが、新潟県間瀬港「光海丸」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)の画像をチェック! navigate_next

釣り方いろいろ。ジギング・泳がせ・胴付き仕掛けetc…好みで!

弥彦山(右)と角田山(左)の間にある間瀬港

釣り座は乗船前にくじ引きで決める

スローピッチジャークジギングで五目釣りを楽しむ

スローピッチジャークジギングでヒットしたアラ。10kgクラスもすでにキャッチされている

30cmに成長するまでに30年近くかかるというマゾイ。貴重な魚だ

少し小ぶりだが貴重な一本だ

アジ狙いのサビキにきましたよ!

ジグにもっとも多くヒットしたのがこのオキメバル

刺身でも煮付けでも美味しいね

食べるにはちょうどいいサイズだ

夜アカイカ当たり年! ロングラン期待!

上層の反応はイワシ。これにイカやフィッシュイーターたちが集まってくる

灯りにより海面にはシラスがたくさん泳いでいた

大型アカイカのハイシーズンは8月半ば。例年なら8月いっぱいでシーズンは終了するが、9月まで続くかもしれない

良型サイズに思わず笑顔に…

イカメタルゲームで一荷も連続

ジギングをすれば、この通り。タチウオやサワラが回遊していた

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・間瀬港「光海丸」。

昨年春から本格的に間瀬沖の大アラを狙い始め、すでに10㎏クラスはツ抜けする勢い。5㎏オーバーの数はカウントできないほど釣り上げられている。
なぜそんなにアラが釣れるのか?
その理由は、小林聡船長の魚に対する探求心によるものが大きい。先入観にとらわれず、次々にポイントを攻め歩く。その攻撃的な操船が幻級の魚との出会いを現実なものにしているのだ。
その捜索範囲は間瀬沖といっても佐渡島周辺まで及ぶ、かなり広範囲だ。
釣り方はさまざま。小アジを泳がせたり、胴付き3本バリにイワシやホタルイカ、ムギイカを付けるエサ釣り。またジギングで攻めるのもオーケー。ルアーはスローピッチジャークに高実績がある。
ターゲットはアラだけではない。マダラ、マゾイ、ヒラメ、ワラサ、オキメバル、ムシガレイなどまさに五目釣りになる。サビキを駆使すれば、五目メインならば、なんでも釣れるという。
そのサビキも船上でこだわりの仕掛けを使わせてくれるので安心だ。
今期、当たり年だった夜アカイカは、9月以降の模様は分からないが、釣果があれば、メタルスッテゲームで狙うのがベターだ。

以上の記事は「つり丸」2016年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル