MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

「10㎏の大アラを釣りたい!」そんな幻級の高級魚を釣るなんて、夢の話だったが、現実にかなえてくれるのが、新潟県間瀬港「光海丸」だ。

釣り方いろいろ。ジギング・泳がせ・胴付き仕掛けetc…好みで!

弥彦山(右)と角田山(左)の間にある間瀬港

釣り座は乗船前にくじ引きで決める

スローピッチジャークジギングで五目釣りを楽しむ

スローピッチジャークジギングでヒットしたアラ。10kgクラスもすでにキャッチされている

30cmに成長するまでに30年近くかかるというマゾイ。貴重な魚だ

少し小ぶりだが貴重な一本だ

アジ狙いのサビキにきましたよ!

ジグにもっとも多くヒットしたのがこのオキメバル

刺身でも煮付けでも美味しいね

食べるにはちょうどいいサイズだ

夜アカイカ当たり年! ロングラン期待!

上層の反応はイワシ。これにイカやフィッシュイーターたちが集まってくる

灯りにより海面にはシラスがたくさん泳いでいた

大型アカイカのハイシーズンは8月半ば。例年なら8月いっぱいでシーズンは終了するが、9月まで続くかもしれない

良型サイズに思わず笑顔に…

イカメタルゲームで一荷も連続

ジギングをすれば、この通り。タチウオやサワラが回遊していた

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・間瀬港「光海丸」。

昨年春から本格的に間瀬沖の大アラを狙い始め、すでに10㎏クラスはツ抜けする勢い。5㎏オーバーの数はカウントできないほど釣り上げられている。
なぜそんなにアラが釣れるのか?
その理由は、小林聡船長の魚に対する探求心によるものが大きい。先入観にとらわれず、次々にポイントを攻め歩く。その攻撃的な操船が幻級の魚との出会いを現実なものにしているのだ。
その捜索範囲は間瀬沖といっても佐渡島周辺まで及ぶ、かなり広範囲だ。
釣り方はさまざま。小アジを泳がせたり、胴付き3本バリにイワシやホタルイカ、ムギイカを付けるエサ釣り。またジギングで攻めるのもオーケー。ルアーはスローピッチジャークに高実績がある。
ターゲットはアラだけではない。マダラ、マゾイ、ヒラメ、ワラサ、オキメバル、ムシガレイなどまさに五目釣りになる。サビキを駆使すれば、五目メインならば、なんでも釣れるという。
そのサビキも船上でこだわりの仕掛けを使わせてくれるので安心だ。
今期、当たり年だった夜アカイカは、9月以降の模様は分からないが、釣果があれば、メタルスッテゲームで狙うのがベターだ。

以上の記事は「つり丸」2016年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
最新記事
たく丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
激アツ!東京湾タチウオジギング!取材日は乗船者全員がメーターオーバーをキャッチ!「渡辺釣船店」が展開する浅場のゲームを紹介しよう。
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル