MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

今季もロングランに期待したい釣り物。今年はコンスタントに釣れている

群れが見つかると大船団ができる。タチウオ釣りの人気がうかがえる独特の風景だ

アタリが出せなかったり、出ても掛けられなかったり…。ムズカシイ

本命ゲットに思わずにっこり…

開幕から好調な東京湾のタチウオ。今年はペラペラの小型は少なく、中型主体に大型まじりでコンスタントに釣れている

7時15分出船~13時までのショート船の「小川丸」、トップ30本前後の日も多い

刺身にムニエル、塩焼きでも美味しい

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大津港「小川丸」。

8月6日から午前船を1時間延長のショート船とし乗合を出船させている大津港の「小川丸」でも、連日30本近い好釣果に沸いている。
「今年も順調ですね。タチウオの数自体多いみたいですからこれからも期待できそうですよ」とタチウオ船担当の小川淳平船長も笑顔で太鼓判だ。
8月上旬現在の釣り場は第二海堡周りでタナ15~30mがメインだが、富津沖で「水深12m。底から海面まで」なんてこともあるし、金谷沖で100m以深を攻めることもあるので、タックルの準備、特にリールの糸巻量には注意を払いたい。
アタリが出せない、出ても掛けられない。イライラさせられる釣りだが、その分掛けてからのファイトは余計に痛快。今季もロングランに期待したい釣り物だ。

以上の記事は「つり丸」2016年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル