MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。

季節限定のカマスを狙うには早めの釣行がオススメ! カマスの食いが落ちればアジ専門になる

朝イチ勝負のカマス。釣り開始とともに、サビキ仕掛けにゾロゾロと掛かってきた

やったー! 3点掛けです

カマスは朝のチャンスタイムを逃さず、手返しよく釣ろう

そして釣ったらすぐにクーラーボックスへ

リレーで狙うアジは金谷のブランド魚「金アジ」。脂が乗っておいしいよ~

刺身が最高!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・金谷港「さえむ丸」。

アジは7月には束釣りも出ていたが、取材時は高水温の潮が差してきてやや食い渋り気味。しかし魚がこの水温に慣れれば数釣りが復活するだろう。金谷沖の地付きのアジは頭が小さく、人間でいえばファッションモデルのような体型で、「金アジ」と呼ばれ人気が高い。脂の乗りも抜群で、夏から秋にかけてはもっとも美味な時期になる。
水深は10m~30mなので、手巻きリールが使いやすい。2魚種同じタックルが使えるのも楽なところ。釣り方も簡単で初心者でも楽しめる。
夏場なので、釣った魚はバケツに泳がさず、釣ったらすぐにクーラーに入れて持ち帰りたい。釣りたて鮮度抜群のカマスの炙り刺し、天ぷらは釣り人でなければ味わえない。そして金谷の幅広アジの刺身、フライは言うこと無しの美味しさだ。
「さえむ丸」では9月いっぱいはカマス、アジのリレーで出船予定、カマスの食いが落ちればアジ専門になる。季節限定のカマスを狙うには早めの釣行がおすすめ、このチャンスに金谷沖のグルメリレーを楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2016年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」(主催:大阪釣具協同組合)が2020年2月8日(土)、9日(日)の2日間、インテックス大阪6号館A・Bゾーン・3号館・4号館で開催される。
ツムブリとは、スズキ目ハタ科マハタ属で、全世界の温帯域から熱帯域の表層を回遊している。国内では青森県以南に生息している。ブリに似た形で、身に赤みがある。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
太田屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読