MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋に向けて視界良好の大アジ! 追い食いさせて数を伸ばそう(広川港)

秋に向けて視界良好の大アジ! 追い食いさせて数を伸ばそう(広川港)

ブランド魚として名高い走水のアジが、秋口のポイントとなる真沖の40〜50mダチで大型主体に釣れ出した!

perm_media 《画像ギャラリー》秋に向けて視界良好の大アジ! 追い食いさせて数を伸ばそう(広川港)の画像をチェック! navigate_next

最初のタナ取りでコマセをまいたら置き竿にして、アタリを待つのがセオリーだ

仲乗りもこなす女将の恵美子さんは、一荷を連発した

お爺ちゃんが釣りの先生と言う中学生はコマセワークをマスターし、見事、大アジをゲット!

ヒットしたら小物は抜き上げで

幅広の絶品アジが釣れました

ダブルヒットだよ〜! 嬉しいなぁ

刺身になめろう、アジフライでも美味しいね

「まれにタナが上ずることがあるので注意して」と常連さんがアドバイスをくれた

安定感抜群の釣果だ

子供でも簡単に釣れる!

大アジに思わず笑みがこぼれました…

タックルは150号が背負える7:3〜8:2調子のロッドと中型電動リールの組合せ。オマツリ防止のために道糸は5〜6号で統一とのこと

仕掛けはご覧の通り

仕掛けのハリスは3号で長さ1.8mの2〜3本バリ。クッションゴムは1.5㎜×30㎝が定番だ

付けエサは宿から万能の赤タンと濁り潮に強いアオイソメが配られる

中〜大型の片テンビンに、ビシは150号。コマセは8分目に詰めること

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「広川港」。

「潮次第だけど、本格的な秋を迎えるまでは好調が続くんじゃないかな。お盆過ぎくらいからこのポイントを攻めているけど、今期は35㎝前後の大アジが多く、中アジと合わせて数釣りが楽しめる日が多いからね」とは、一年を通して大アジを専門に狙う走水港「広川丸」の広川忠義船長の言葉だ。
一般的なアジの攻略法は、コマセをマメにまいて寄せるが、アンカーを打つ「広川丸」では、最初のタナ取りでまいたら置き竿にして、しばらくアタリを待つのがセオリーとなる。
「船が風などに煽られて位置を変えるからさ。コマセが船の揺れでポロポロと出る方が帯状に伸びて、仕掛けまでの道を作って誘導してくれるからね」。
タナは通常、海底から2〜3m上で、アタリダナを見つけた後、数を伸ばすには、「2本、または3本バリの、どのハリに食ったかを判断して下さい。下バリなら道糸を送り込み、上バリなら1m程度ゆっくり巻き上げて仕掛けをステイさせ、追い食いを誘います」と船長が教えてくれた。
ちなみに、アタリの出方やファイトが強く感じる場合は、上バリに食っていることが多いと覚えておこう。季節は食欲の秋が到来。良質な脂を全身にまとった走水の絶品アジを存分に食べるなら、今がチャンスですよ!

以上の記事は「つり丸」2014年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル