MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
早くもシーズン開幕! 東京湾口の絶品アマダイ(山天丸釣船店)

早くもシーズン開幕! 東京湾口の絶品アマダイ(山天丸釣船店)

久比里出船のアマダイ釣りが早くも開幕した! 久比里「山天丸釣船店」のアマダイ船は、8月23日の開幕初日にトップが7匹。16名中15名が本命を釣る好釣果を叩き出した。またそのサイズも中型が主体で、48㎝、43㎝というビッグサイズも飛び出した。これが、悪天候による長い中断があっての釣果だというからビックリだ!

超高級魚のアマダイ。釣ってよし! 食べてよし! いざ釣行へ!

当日は東京湾口の水深60〜75mを狙った!

アマダイは引きもいい!

ひょいっと釣り上げる

美味な高級魚でもあるアマダイ。早くもシーズンが始まった!

嬉しい良型をゲット!

今シーズンは開幕直後から良型&大型が取り込まれている!

本命の顔を見て一安心!

本命アマダイゲットに思わず笑顔が…

刺身に煮付けでも美味しいね

船長が丁寧に釣り方を教えてくれるのでビギナーでも安心!

取材日のトップは5匹!

仕掛けは2本バリ。コマセは使わない!

付けエサはオキアミ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山天丸釣船店」。

開幕日翌日に取材をしたが、あいにくの海況が船長を嘆かせた。それでもトップが5匹で、乗船客のほとんどが複数のアマダイを手にした。サイズ的にも、小さくても25㎝、最大は39㎝が2匹と文句なしの釣果だった。
今の時期のポイントは、水深も60〜75mと比較的浅場なので釣りやすい。秋口になるとエサ取りが落ち着くので、さらに釣りやすくなるとのことだ。
また、「山天丸」のアマダイ船の舵を握る臼井雄二船長は、状況に応じたアマダイの釣り方を熟知し、それを惜しみなくていねいに教えてくれる。だから、ビギナーや女性にもうってつけ。
それはさておき、アマダイは「超」が付く高級魚であり、美味であることはすでに知られている。この本命だけでも充分なのに、オニカサゴやイトヨリといった、これまた美味な高級ゲストがまじるのだからたまらない。
釣ってよし、食べてよしのアマダイ。さっそく釣行してみよう!

以上の記事は「つり丸」2014年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
東京湾LTアジが好調キープ。当日は八景沖〜野島沖を狙った。水深10m台〜20m台という浅場。コマセが効きだすと、どちらの釣り場でもコンスタントにアタりトップ28匹。慣れた人は、ほとんどが25匹前後だった。
手軽で簡単に釣れ、そして食べても美味しいイシモチが、今季も東京湾で絶好調!金沢八景の「小柴丸」では出船の度にトップ40~50匹と高値安定の釣果で、今季もいかんなく優等生振りを発揮している。
東京湾で好調なスタート!大人気ターゲットのカワハギはエサをかすめ取るエサ取り名人。そんなカワハギのタックル、仕掛け、エサ付け、釣り方を紹介!釣り方をマスターして、良型を釣りに行きましょう!!
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」2020年1月17日~19日に開催
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
第5回 ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2019~全国魚市場・魚河岸まつり~ 11月14日~17日
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読