MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

朝方にフラッシャーサビキでサバ、アジを釣り、十分なお土産になったところでイカ釣りにチェンジするのは、勝浦地区ではお馴染みのリレー釣りだ。そしてイカ釣りに満足したら、根魚も狙える。クーラーには多彩なお土産が入るのがこの釣りの魅力だろう。

スルメイカの多点掛けを楽しみながら、最後にオニカサゴ勝負だ!

早朝に狙うフラッシャーサビキでは、大型ゴマサバやアジ、ウルメイワシなども

勢いよく水しぶきが飛ぶ!

スルメイカは大型主体に数釣りできるぞ!

トップ50~60杯釣れる日も。それだけでクーラーズッシリ

ダブルでつれて嬉しいな

根魚仕掛けでオニカサゴなどを狙ってもよい。こちらは良型ゲット

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「勝丸」。

一年を通してこのリレー釣りに出船しているのは勝浦港の「勝丸」だ。夏の主役はゴマサバ、スルメイカ、冬はマサバ、ヤリイカ、そしていつでも狙えるマアジ、オニカサゴに、食べては美味のウルメイワシがまじる。
ポイントは行程40分ほどで、水深は130~180m。150号オモリが使える七三調子の竿と、中型電動リールがあればどの魚種にも対応できることと、根魚狙い以外はエサもコマセも不要という手軽さも魅力。
アジ・サバの鈴なり、スルメイカの多点掛けを楽しみながら、最後にオニカサゴ勝負という欲張りな釣りを楽しみたい人にお勧めだ。

以上の記事は「つり丸」2014年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
福島県・小名浜沖”太平洋最北”開拓途中のアカムツフィールドが開幕!シーズン初期は水深140〜170m。50㎝級の超大型アカムツを積極的に狙おう!!
久里浜周辺の浅場で大型が揃う「夏のカワハギ」が最盛期に突入!久比里「山下丸」では30㎝級が高確率で上がっている。強烈な引きで尺級も夢じゃない!ぜひ挑戦してみよう。
最新記事
こなや(長浦)の釣果情報を掲載
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
落とし込みに必要な調子を徹底追及した専用ロッド「アルシエラ 落とし込み」
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
伝統の性能を継承しさらなる進化を遂げた餌木「アオリーQ」2.5号/3.0号

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読