MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

朝方にフラッシャーサビキでサバ、アジを釣り、十分なお土産になったところでイカ釣りにチェンジするのは、勝浦地区ではお馴染みのリレー釣りだ。そしてイカ釣りに満足したら、根魚も狙える。クーラーには多彩なお土産が入るのがこの釣りの魅力だろう。

スルメイカの多点掛けを楽しみながら、最後にオニカサゴ勝負だ!

早朝に狙うフラッシャーサビキでは、大型ゴマサバやアジ、ウルメイワシなども

勢いよく水しぶきが飛ぶ!

スルメイカは大型主体に数釣りできるぞ!

トップ50~60杯釣れる日も。それだけでクーラーズッシリ

ダブルでつれて嬉しいな

根魚仕掛けでオニカサゴなどを狙ってもよい。こちらは良型ゲット

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「勝丸」。

一年を通してこのリレー釣りに出船しているのは勝浦港の「勝丸」だ。夏の主役はゴマサバ、スルメイカ、冬はマサバ、ヤリイカ、そしていつでも狙えるマアジ、オニカサゴに、食べては美味のウルメイワシがまじる。
ポイントは行程40分ほどで、水深は130~180m。150号オモリが使える七三調子の竿と、中型電動リールがあればどの魚種にも対応できることと、根魚狙い以外はエサもコマセも不要という手軽さも魅力。
アジ・サバの鈴なり、スルメイカの多点掛けを楽しみながら、最後にオニカサゴ勝負という欲張りな釣りを楽しみたい人にお勧めだ。

以上の記事は「つり丸」2014年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
最新記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読