MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣り場が拡大していよいよ本格シーズン! 片貝沖のヒラメ(正一丸)

釣り場が拡大していよいよ本格シーズン! 片貝沖のヒラメ(正一丸)

片貝沖のヒラメポイントは8月1日、9月1日の二回の部分解禁を経て、10月1日に全面解禁する。「どのポイントもヒラメの魚影は濃いよ。今日は潮が悪いけれど、これがなおればアタリはもっと多くなると思うよ」と話すのは、8月30日に取材で訪れた片貝旧港「正一丸」の海老原三利船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

秋の沖釣りヒラメ。今年も魚影は濃い! 10月からは全面解禁!

9月に片貝沖南部が部分解禁された。10月には全面解禁する!

この時期のヒラメは元気いっぱい。サイズのわりには、よく引く!

良型ヒラメがタモに収まった!

2kg級の良型

3.7kgの大型ヒラメをゲットした

こちらも良型!

釣り人がヒラメをタモに誘導するのが、取り込みのコツ!

とりあえず1枚!

永井名人も本命の顔を見た

船中ファーストヒットの1枚!

嬉しい初ヒラメをゲット

刺身でも煮付けでも美味しいね

サイズのいいクロソイもまじった!

「正一丸」の仕掛けがコレ!

海老原船長のオススメのエサ付け

親バリは鼻掛け、孫バリは背掛けにする

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

片貝沖のヒラメは8月1日と9月1日の二回の部分解禁を経て、10月1日に全面解禁する。昨シーズンも好調だったが、今シーズンも好調が続いている。
「どのポイントもヒラメの魚影は濃いよ。今日は潮が悪いけれど、これがなおればアタリはもっと多くなると思うよ」と話すのは片貝旧港「正一丸」の海老原三利船長。
取材は「第21回九十九里漁協釣り大会」。この日は1日だけ特別に全面解禁となった。海老原船長は数よりも型狙いでポイントをセレクト。4㎏弱の海面バラシもあったが、3.7㎏をはじめ、3㎏級、2㎏級が数枚取り込まれた。また、他船ではトップ2桁釣果を記録する船もあった。海老原船長の話どおり、ヒラメの魚影は非常に濃いようだ。
10月1日以降は全面解禁となって釣り場が拡大する片貝沖。これまで好釣果が続いていることから、今後がますます楽しみだ!

片貝沖のヒラメ仕掛け。流行りの汎用性の高いLTタックルでもOK

今回取材した片貝旧港「正一丸」では、60号のオモリを使用する。そのため、タックルは60号のオモリに対応できるものを選ぶようにしよう。
竿はヒラメ専用竿、60号オモリに対応した6対4〜5対5の胴調子竿。長さは2.4〜3.3m。
また、最近流行りの汎用性の高いLT用などもOK。この場合、60号のオモリに対応でき、6対4〜7対3調子がおすすめ。長さは1.8〜2.4m。
リールは小型電動か、手巻きの中小型両軸。今回の取材では水深10m台と20m台をおもに狙った。総じて釣り場の水深は浅いので手巻きリールの使用でも苦ではないだろう。
リールには、PEラインの3〜4号を200mぐらい巻いておけばOKだ。
右の写真にあるのが「正一丸」の船宿仕掛け。枝スを出す部分は固定式。ハリス6号80㎝、捨て糸は50㎝のバランス。ハリは親バリが丸セイゴ17号、孫バリはトレブルフック8号。
潮が濁っていたり、雨や曇りで暗い日、または活性が低いときは、このバランスよりも捨て糸やハリスの長さを短くするといいだろう。できるだけ、エサのイワシを底付近に泳がせて、ヒラメがエサのイワシを食べやすくしてやるのだ。
エサ付けは孫バリにトレブルフックを使っている場合は、孫バリは背掛け、親バリは鼻掛けにするのが海老原船長のおすすめ。
しかし、親バリは上アゴ掛け、孫バリはイワシの肛門付近に掛けるのもOKだという。活性が低く食いが浅いとき、またタナを少し高めにする場合は、孫バリを肛門付近に掛けたほうがハリ掛かりがよくなる。ただし、起伏の激しい場所では、背掛けより根掛かりしやすくなるので注意しよう。

タナについて。小魚の群れがいるときはタナは少し高めに設定!

片貝沖のヒラメ釣りは、漁礁周りや根周りを狙うことが多い。この場合、潮流しで狙う。根掛かりが多くなるので、頻繁にタナを取り直すことが大事だ。
「正一丸」の海老原船長によると、イワシなどの小魚の反応が見られないときは、タナは底ギリギリ。オモリで底を叩くような位置をキープして、エサのイワシを底付近に泳がせる。
一方、イワシなどの小魚の反応があるときは、オモリを海底から1mぐらい浮かせてアタリを待つほうがいいという。イワシの群れが回遊してきたときは、それを狙ってヒラメの活性が高くなる。少し高めのタナのほうがアタるようだ。
アタリがあったら、即アワセや早アワセは禁物。食い込むのを待ち、ヒラメが完全にエサのイワシを食い込んだら、竿をしっかりと立ててアワせるのが基本。
なかなか食い込まないときは、ラインにテンションをかけて様子を見る。それで、とくに反応がなければ、ゆっくりと聞き上げてエサが逃げるのを演出してみよう。うまくすれば、ここでエサを逃さないようにとヒラメがエサを食べ直して食い込むことがある。
取り込み時、海面に浮いたヒラメは突然暴れることがある。そのため、仕掛けを手繰って取り込むのではなく、竿でヒラメをタモに誘導してすくってもらおう!

以上の記事は「つり丸」2015年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル