MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジグヘッド+ワームが◎! エサ釣りも好調! 沼津沖タチウオ(友信丸)

ジグヘッド+ワームが◎! エサ釣りも好調! 沼津沖タチウオ(友信丸)

沼津沖の夜タチウオが開幕した。今シーズンは8月前半にまとまった釣果が記録されたが、サバフグの異常発生により苦戦を強いられる日が続いた。8月後半になって、ようやくサバフグが落ち着き、好釣果が記録されるようになった。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

沼津沖の夜タチウオはこれからが本格シーズン! ロングランで続く見込みだ

ポイントの水深は40m前後。早い時間帯は底付近でアタった!

船中最初のアタリはエサ釣りにきた!

あたりが暗くなってくると、食いが立ってくる!

ノリーズの濱松秀夫さんと野呂昌明さんはダブルヒット!

ジグヘッドをキャストすれば広範囲を探れる! 濱松さんの使用ロッドはノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛710M」。ひとつテンヤ用タックルで楽しめる!

最初はジグヘッド70gで底付近を探り、タナが上がってきたところでジグヘッド30gに変更したノリーズの濱松秀夫さん

「アタるんですけどね…、掛けるのが難しいですね」とノリーズの野呂昌明さん

エサ釣りもルアー同様にタナを探ることが大事!

当日は全員がタチウオをキャッチした!

本命ゲットに一安心

沼津沖のタチウオは美味しい。刺身、塩焼き、テンプラ、干物がオススメ!

釣果はこの通りだ

ノリーズチームが使用したエコギアのジグヘッドとワーム

このように装着する

エサはサンマの切り身を使用

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦「友信丸」。

沼津沖の夜タチウオは、アンカーを打ってカカリ釣りスタイルで狙うのが特徴だ。多くの船がエサ釣りとともにルアーの釣り人も同船して狙える。
取材は沼津静浦「友信丸」で敢行。今回はノリーズプロスタッフの濱松秀夫さんと野呂昌明さんにジグヘッド+ワームで挑戦してもらった。時間とともに変化していくタナを探り、確実に食わせていく二人。またエサ釣り師とともに情報を交換し、エサ、ルアーともにコンスタントにアタっていた。
沼津沖の夜タチウオはこれからが本格シーズン。ロングランで続く見込みだ!

以上の記事は「つり丸」2015年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
最新記事
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル