MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジグヘッド+ワームが◎! エサ釣りも好調! 沼津沖タチウオ(友信丸)

ジグヘッド+ワームが◎! エサ釣りも好調! 沼津沖タチウオ(友信丸)

沼津沖の夜タチウオが開幕した。今シーズンは8月前半にまとまった釣果が記録されたが、サバフグの異常発生により苦戦を強いられる日が続いた。8月後半になって、ようやくサバフグが落ち着き、好釣果が記録されるようになった。

perm_media 《画像ギャラリー》ジグヘッド+ワームが◎! エサ釣りも好調! 沼津沖タチウオ(友信丸)の画像をチェック! navigate_next

沼津沖の夜タチウオはこれからが本格シーズン! ロングランで続く見込みだ

ポイントの水深は40m前後。早い時間帯は底付近でアタった!

船中最初のアタリはエサ釣りにきた!

あたりが暗くなってくると、食いが立ってくる!

ノリーズの濱松秀夫さんと野呂昌明さんはダブルヒット!

ジグヘッドをキャストすれば広範囲を探れる! 濱松さんの使用ロッドはノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛710M」。ひとつテンヤ用タックルで楽しめる!

最初はジグヘッド70gで底付近を探り、タナが上がってきたところでジグヘッド30gに変更したノリーズの濱松秀夫さん

「アタるんですけどね…、掛けるのが難しいですね」とノリーズの野呂昌明さん

エサ釣りもルアー同様にタナを探ることが大事!

当日は全員がタチウオをキャッチした!

本命ゲットに一安心

沼津沖のタチウオは美味しい。刺身、塩焼き、テンプラ、干物がオススメ!

釣果はこの通りだ

ノリーズチームが使用したエコギアのジグヘッドとワーム

このように装着する

エサはサンマの切り身を使用

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦「友信丸」。

沼津沖の夜タチウオは、アンカーを打ってカカリ釣りスタイルで狙うのが特徴だ。多くの船がエサ釣りとともにルアーの釣り人も同船して狙える。
取材は沼津静浦「友信丸」で敢行。今回はノリーズプロスタッフの濱松秀夫さんと野呂昌明さんにジグヘッド+ワームで挑戦してもらった。時間とともに変化していくタナを探り、確実に食わせていく二人。またエサ釣り師とともに情報を交換し、エサ、ルアーともにコンスタントにアタっていた。
沼津沖の夜タチウオはこれからが本格シーズン。ロングランで続く見込みだ!

以上の記事は「つり丸」2015年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
銭洲解禁!伊豆諸島遠征シーズン開幕!今年もシマアジが絶好調!五目は激うまウメイロメインでお土産十分!カンパチはジギングでチャレンジ!
常磐沖のルアーゲームを多彩に楽しませてくれる「釣楽園 征海丸」。春先のおすすめはホウボウ&カンパチゲームだ。
鹿島沖の水深60m台にヤリイカが大回遊中!春の浅場パターンはオモリ150号、通常タックルで攻略!追い乗りさせて多点掛けを目指そう!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル